あなたの正体 !

「あなたが一体何者であるのか?あなたがどこからやって来て、どこへ行くのか?」についても論じていきます。

全体表示

[ リスト ]

私が悪魔の夢を見ました! 第14:(1)
 
ある晩、非常に本当に思われた恐ろしい夢を、私が見ました。私たちの寝室で、私の体から抜け出た私自身を、私が見ました、そして、突然、誰かあるいは何かが私の上に直接いたことを、私が悟りました。
 
次の分、夫の中から離れてベッドの足まで下りて、私が押されました、そして、次に、寝室の床の暗い角まで下がりました。ぼやけた人間の形、しかし、より大きく非常に固いふくれさせたような大きな黒いものとして、ただ私が描写することができるだけのものが私の上にいました。
 
ばかばかしくそれが聞こえますが、しかし、これが「私を手に入れようとした」ことを、私が知っていました。私の体から私が抜け出ていたことを、私が知っていました、そして、非常におびえているのと比べて同じぐらい驚いて、私が途方に暮れました。
 
悪魔あるいは同種のものに、それらが「投影されて」いた間に、攻撃されている人々について、私が読むだろうけれども、ただ悪魔を、私が信じていませんでした。それで、それが何であったのか?不思議に思う時間を、私が持っていませんでした、なぜなら、それが、私に手で数回掛けたからです。驚異的にうっとうしいその努力を続けることは、私の体から寝室のクロゼットの中へ、私をより遠くにそれが引きずりました。
.
ろうばいで、画家Jのいびきを、私が聞きました。いずれにしても、私の物質的な体の中に私がいませんでした、そして、おそらくいずれにしても何も間違っていたことを彼が知らないでしょう。そして、Samiが、どこにいましたか?それらすべての「案内」がどこにいて、このような苦境を、あなたが得た時、あなたの支援に誰が走ってやって来ることになっていましたか?
 
これと戦って撃退することを、私が試みたとき、これらすべての思考が、私の心を通って素早く動いて行きました。もし完全に私に苦痛を与えるのでなければ、可能な限り私を極めて打ちのめすはずであったその意志に、本当に驚いた生物の重さについて、非常に気付いていました。
 
冷静ないずれかの外観を維持しようと絶望的に私が試みながら「パニックにはしないで!」と、私自身に言いました。しかし、ものが下方に迫って、再び私を噛もうとしていました。「パニックにならないとは、まったくひどいことだ」と、今回私が思って、そして、私の頭を離れて、私が叫び始めました。それが私の身体の頭でなかったことを私が知っていました、しかし、私の叫び声が、生物を脅して追い払うだろうことを、あるいは何らかの種類の助けを引き付けるであろうことを、私が期待しました。
 
ものが、極めて巨大に驚く動物のように、瞬間の間、引き戻されました、そして、それの下から私が滑って、それで、私の後に私の体がロケットとして速く撃たれました。換言すれば、速い卑怯な後退に、私が打ち勝ちました。私の身体の頭がくるくる回って私の体をそれほど速く私が打ちました、しかし、問題ありませんでした。私の体が、それほど歓迎されている感じが、決してしませんでした。
 
1分間、私の身体の目を開くことを、私が恐れていました。「坊や、もしそれがまだここにいるのなら、それを私が持っていた」と、私が思いました。しかし、それが、いなくなっていました。少なくとも、もう1つ他の存在のレベルに、それがいました。画家Jが目を覚ましてから、彼に告げようと私が思って、しかし、彼の睡眠を中断させないことに決めました。
 
私が安全であった今、このように臆病者であることに対して、私自身、私が少し恥ずかしいどころではありませんでした、しかし、それほど私が自己満足的ではありませんでしたし、睡眠に私が戻りたい気がしました。同じく「それで、私が起きて、1杯のミルクを飲んで、そして、私が雄大に言うべきであったことと、私の後ろに魔王或いは何かそのようなものを得ることについて考えました。私がすることができた最少のことは、後ろを噛みつくことだったと、思いました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事