あなたの正体 !

「あなたが一体何者であるのか?あなたがどこからやって来て、どこへ行くのか?」についても論じていきます。

全体表示

[ リスト ]

宇宙旅行が、むしろ、精神の旅です! 第15章:(5)
 
それまで、肖像画と人間の絵姿に、画家Jが取り組んでいました、それで、このデータが、彼に意味をなしました。けれども、体の内部のどんな強い内面的なイメージも、彼が思い出しませんでした、それでも、
 
「どんなものか俺が知らなかった体の内部について、彼が今まで考えていた」
 
と、彼が言いました。もっといっぱいの連絡がまだ可能であったと言うことを、Samiが続けました。
 
「ピエトラ博士の焦点が確かではないけれども、彼の現れの強烈さが変化をします。」
 
彼の実験でピエトラ博士が使用する薬に関して、言うことをSamiが同じくもう少し持っていました。
 
「見たところでは、あまりに速く物質の脳に意識が戻らないだろうことを、それらが保証します。相対的な振る舞いと旅の意識の状態によって、他の終わりにモニターされる方法が、そこには同じくありました」
 
と、彼が言いました。
 
「どんなひどい危険な場合でも、意識が後方に引っ張られます、しかし、これが大いに危険です。」
 
誰でも不確かであるケースで、現実についてのこの確率的偶然のシステムが、Samiによれば、私たちのものと比べて同じぐらい
 
「本当です。」
 
その住民に対して、物質の事柄で、それが構成されていて、そして、事柄と反物質粒子の間で、それがシステムあるいは宇宙についてただ無限の数の1つです。他の確率的偶然の宇宙の存在を、ピエトラ博士のシステムでの人々が仮定して、そして、殆ど彼の素晴らしい医学の背景のために、ピエトラ博士が最初の探検家の1人です。
 
抜粋で説明されたように、確率的偶然のシステムの間のSamiの旅が、体の外の意識の投影を通して行われます、
しかし、機械の溶接と、物理学と、他の訓練を、これが巻き込むように思われます。
 
「私たち自身のシステムの中で、
どんな遠くに分布している
宇宙旅行でも、物質よりも、
むしろ精神の旅を
同じく巻き込むでしょう。」
 
と、Samiが私たちに話しました。
 
Samiが維持するように、もし確率的偶然の自己たちを私たちが持っていて、そして、もしこのすべての他にこの飛行機の上で様々な生活を私たちが生きるのなら、1つの精神についての概念に、何が起こりますか?
 
ここで、物質の出来事と確率的偶然の出来事の間と、私たちと現実の確率的偶然のシステムの間の関係の相違をSamiが説明している3回の講義からの抜粋を含むことを、私が望んでいます。(思い出してください、画家Jとピエトラ博士が、それぞれが個人です。遠い従兄弟のように2人が関連していると言うことによって、この関係をSamiが説明します。)全体自己あるいは全部のアイデンティティーについての素晴らしい記述であると私が思うことから、彼が始めます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事