あなたの正体 !

「あなたが一体何者であるのか?あなたがどこからやって来て、どこへ行くのか?」についても論じていきます。

S(2)未来からの情報

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

あなたが学んでいなかった「あなたの正体」! 第20 (12)
 
そして、あなた方の集団の世界を、あなた方が持っています。建設全体が、あなたが俳優同様プロデューサーである教育的なドラマのようです。そこには、遊びの中のドラマの中に、ドラマがあります。そこには、ものの「中」への終わりがありません。空想家が夢を見ます、そして、夢の中の空想家が、夢を見ます。しかし、
 
夢が無意味ではありません、
そして、それらの中での行動が、
重要です。
全体自己が観察者であり、
役割で同じく参加者です。」
 
Samiの講義が、1週間に2回、まだ継続しています、Samiの話題と会話の範囲が広くなって、そして、絶えず成長しています。これまでのところ、もし私たちが持っているものが「概要」であるのなら、そのとき、それは、顕著なものです。
 
2番目のSAMIとして、言います。
 
「それが、より小さな現実の中に、
あなたの存在が、
存在しているのではありません。
 
あなたが存在する現実の程度を、
それが認識することを、
あなたが学んでいませんでした。」
 
この書庫SとSamiからの情報が、彼自身の多次元の存在についてのいずれかの一瞥を、読者たちに与えることを、私が期待します。
 
以上で、「未来人の正体」の第20章を終わります。
あなたが地球にいる最後の時!! 第20 (11)
 
いっそう進歩したシステムで
自動的に、そして、すぐに動きの中に、
そこに存在する事柄についての
何でもの近似の中に、
思考と感情が変換されます。
 
創造に対する責任が、明らかに理解されなくてはなりません。ある程度に、防音と孤立している部屋に、あなたがいます。その「部屋」の中で、
 
憎悪が破壊を引き起こします、
そして、レッスンが学ばれるまで、
破壊が、破壊の後に続きます。
 
他のシステムの基準で、
その種類の破壊が存在しません、
 
しかし、それがそうするとあなたが信じます、そして、死の苦しみが、ひどく感じられています。生き生きした悪夢が、同じくひどく感じられています、しかし、速く。それが破壊しないことを、あなたが教えられていなければならないと言うのではありません、なぜなら、
 
破壊が、
実際に存在しないからです。
 
責任を創造することを、
あなたが教えられて、
それが訓練されなくては
ならないということです。
 
あなたのものが、
出現している意識のための
トレーニングのシステムです。
 
いろいろ相互に関係づけられたシステムの存在のために、あなた方にトレーニングが仕えるでしょう。もしあなた方のシステムの中の、悲しみの種と苦しみが真であると感じられないのなら、レッスンが、学ばれないでしょう。
 
あなた方のシステムの中の教師が、
彼らの最後の霊魂再来にいる
それらの人たちです、
そして、システムを去った他の個人です、
 
しかし、それの中で、
それらの人たちにまだ手を貸すことを
割り当てられた人達です。
 
動きと形式の中への感情のエネルギーの変換を、あなたが扱っています。そのとき、あなた方が創ったシステムの中で、あなたたち自身を、あなた方が操ります。そして、
 
あなた方が成功した
そして失敗した所を、
その結果によって、学びます。
 
最後の化身(霊魂再来)での
それらの人たちと同じく、
「最初」の時入っている
若干の粒子の個人たちを、
システムが含みます。
 
人類が、
同時に同じ夢を見ます、
あなたが、もう人類ではなくなるとき! 第20 (10)
 
人間の可能性について、私たちにSamiがすべてを話しました、道徳的に精神的に人の種がいっそう発達していない理由に、私たちが時に驚嘆したことを、私が認めなくてはなりません。
 
私たちの通常の水曜日の講義のある晩の前に、一般の世界の状態に画家Jと私が、かなり気が動転しました。私たちが座って話して、私たちがそうしたとき、私たちが声を出して振る舞った理由を、画家Jが不思議に思います。
 
「そのすべての背後に、どんな本当の感覚あるいは目的がありますか?」
と、彼が言いました。
 
「もしそうでなければ、戦争を通して、それから汚染を通して、惑星を破壊するや否や苦痛によって曲げられたものを、俺たちに見られる俺たちがまだしていることを、俺たちの若干の部分が認めたことを知っています。」
 
「私は分かりません」と、私が言いました。彼が言ったのと比べて同じぐらい私が悪く感じました。
 
それは、私たちの心にとって、最も重要であった質問を扱っている一連の講義を私たちが持った晩に始めた19xx116日でした。その特定の晩、私たちの第446番目の講義で、他の人格、2番目のSAMI(超自己)が、その(遠い)距離の、明確な声で届けました。
 
他のことの間に、2番目のSAMI(超自己)が言いました。
 
「人類が、意識の様々な形式の
旅をしている段階です。
 
更に大規模なそして開いている現実のシステムの中に入るのを、あなた方が許されることができる前に、
 
思考と感情についての
具体的な結果のために、
物質的な具現化を通して、
エネルギーを処理することが
分かることを、最初にあなた方が
学ばなくてはなりません。
 
ごみから泥パイを子供が形成するように、それで、
 
あなた方の文明社会を、
思考と感情から、
あなた方が形成します、
 
そして、次に、あなた方が作ったものを見ます。
 
身体の霊魂再来
(化身或いは同時の自己たち)
の後に、物質のシステムを
あなたが去るとき、あなたが
レッスンを学んだところです、
そして、あなたが本当に

もう人類のメンバーではありません、

なぜなら、それを去ることを、あなたが選ぶからです。いずれにしても、
 
ただ意識的な自己だけが、
それの中に居住します、
 
そして、他のトレーニングシステムの中に、あなたのアイデンティティーの他の部分が、同時に居住します。

それは、素敵です!

それは、素敵です! 第20 (8)
 
「あなた方のシステムへのエントリーについての僕の方法と、結果として生じる心理上の橋の性格の種類を、このような本が同じく含むでしょう。再び、講義であなたが持っているものが、僕の完全なアイデンティティーではありません。
 
そこには、僕のコミュニケーションの間に使用するために、僕が存在している若干の心理上の構造の種類があるに違いありません。しかしながら、ときどき、僕のアイデンティティーが明らかに十分に届きます、それで、比較的に話をすると、詩人Aの援助なしで、僕自身として僕が独立して存在することができます。
 
それ自身のレートにおいて進歩するだろう詩人A自身の著作物で、このような本がすべき何も持っていないでしょう。本が僕の名前を持つでしょう、しかし、あなた方の両方共に、それを僕が捧げるでしょう。」
 
と、彼が広い微笑で言いました。
「それは、すてきです。」
と、画家Jが皮肉で言いました。
 
情報がゆがめられていない知識をきれいに表わすことを、当然私が主張しません。わい曲のこの質問が、第463番目の講義で、多分50回生じました。この本、書庫Sのための契約に私が署名した後、私たちの友人(「いつかあなたに私がインタビューするであろう」)ペッグに、わい曲についてSamiが話し始めました。
 
「さて、メディアが大西洋と同じぐらい深いトランス状態にいるか否かにかかわらず、メディアが純粋なチャネルではないでしょう。自我が単純に回避されるでしょう、しかし、自己の他の層と特に神経の構造が、いつもの通り稼動し続けるでしょう。それらを通過する理解力によって、それらが変えられるでしょう。」
 
声高に主張するコミュニケーションがルールではないと言うことを、彼が続けました。また、私たち自身よりも発達していない人によって、いっそう進歩した存在によって、それが使われません。私たちの3次元の自己たちに意味をなすために、情報が完全に「強く押されなければ」なりません。そして、それだけで、若干のわい曲を、これが起こします。
 
「情報をあなた方に伝達するという僕が話す言葉が、しかし、ただそれについての口述の運搬人だけであり、言葉が情報ではありません。
 
思うままに点滅されているメディアを
蛇口として澄みきった水のように、
情報がめったに、流れることができません。
 
メディアの性格の層を通して、それが
ふるいにかけられなくてはなりません。
 
それをそれが翻訳するときでさえ、神経系がデータに反応します。それらの基準で、ニュートラルが、何もありません。神経系が処理をしてそして翻訳することができるメカニズムの中に、それがあるに違いないように情報が受け取られて、そして、翻訳されています。どんな認識のような情報でも、そのとき、神経系の構造の一部分になります。それは、さもなければそうであるはずがありません。」

彼女が務めた役? 

彼女が務めた役? 第20 (7)
 
明らかに、Samiを精神と呼んで、そして、そのままほおっておくのを、私が避けました1つには、そして、もう1人他の人のための句を、私が好きではありません、これがあまりにも容易な答えであると私が思います。1つの解決を受け入れることにおいて、舌に嘘をつく他の人たちに、私たちの心を私たちが閉ざしているかもしれません。
 
意外な事実の知識の中に調律することを私に許す、また、独自の生活を彼が持っていることを否定しないSamiが、ただ心理上の構造であると私が言っていません。彼の人格と私の間の講義で混ざり合う何らかの種類が、起こらなくてはなりません、そして、この「心理上の橋」それ自身が、そのようなコミュニケーションが起こらなくてはならない合法的な構造であると、私が思います。
 
Samiが、彼の終わりにいます、私の終わりに、私がいます。ここで、Samiと私の意見が一致しています。それが、ちょうど意識を失ってそして電話接続のように振る舞うことは、メディアの比較的単純な問題であると、私が思いません。Samiがもう1人他の存在の一部分であり、そして、彼が、いわば、死から「生き残った」友人、非常に異なった何かであると、私が思うでしょう。
 
これらの考えが矛盾していると、私が分かりません。Samiがまだ古代の存在の一部分であることができて、そして、私たちの基準を2番目のSAMI(超自己)の他の部分がさらにもっと発展させました。もし身体の生命が進化するのなら、意識ではなく何故それ自身ですか?このような存在の独立した破片あるいは意識の固まりであるかもしれない可能性を、私たちが受け入れることが難しいことを、私が見いだしません。
 
そして、これを与えて、私たちの間の数種類のコミュニケーションが可能であるでしょう。その物が何であるとしても、すべて同じ「精神の物」から私たちが構成されているでしょう。しかしながら、このような体験が、私たちに、通常以上に思われるでしょう。
 
私の人格のある特定の部分が、これらの他の現実と意識の中への透明な窓の役を務めたと、2番目のSAMII(超自己)が言いました。もしそうであるのなら、多くのこのような「窓」が、存在しなくてはなりません。
 
私自身多くの質問を私が持っています。例えば、私を通して彼が話をしていないとき、Samiが、どれぐらい意識的ですか?もし彼が他の現実の中への私の窓であるのなら、物質生活の中へ、私が彼の窓ですか?私の考えは、Samiが完全に意識的であるということです、しかし、存在についての他の次元についてと、中で。しかし、これは、非物質生活がどのようですか?という質問にただ導くだけです。
 
講義の間の口述で、これらの質問の若干に答えるだろう彼自身の本を書くことを、Samiが約束しました。(注:書庫A):
 
「僕の本(書庫A)で、いわば、何から何まで僕が性格を示すでしょう。ある程度、僕自身の体験をそれが話すでしょう、しかし、3次元のシステムの中で、刑務所に入れられていない誰かによって見られるように、現実の本質の写真を、それが与えるだろうことを僕が期待します。
 
媒介の観点からではない、しかし、彼女が話をする人格の観点から、霊媒についての研究を、本が巻き込むでしょう。それは、僕が現われるにつれて、現実のあなた方のシステムの試験を、それが巻き込むでしょう。
 
僕が今持っている僕の存在の本質と状態を、僕が明らかにするでしょう、そして、何故なら、しばしば矛盾した陳述が死後の生活に関してされていたために、その理由の若干を説明するでしょう、死後の生活の現実についての非常に異なった写真が受け取られていた陳述が、様々な霊媒によって受けられていたからです。」

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事