はやしそろばん総合学園 珠算大会参戦記・観戦記

ようこそはやしそろばん総合学園秘密のブログへ〜

全体表示

[ リスト ]

長くなりそうなので、2ページにします。

÷算種目。これに期待はカッツ(勝又)だ。練習でも土屋を負かすことが何度となくある。それに付け加え、先に行われた個人総合で惜しくも満点に届かずの1185点。私からみれば、立派な点数だが本人は納得していないようで、非常に悔しそうな表情を浮かべていた。この種目別にかける思いはひと一倍だろう。
用意ハジメ・・・ハイ!やはりカッツが一番にボタンを押した。なんとタイムは・・・26秒1!今までの土屋がもつ記録を9秒近く縮めたことになる。満点をとってれば、すごい記録として名を残すことになるだろう。隣では順一郎先生が、「頼むから当たっててくれよぉ」と呟いていた。
結果は・・・8点(涙)。その他の有力選手も軒並み不正解をだしている。どうやら、問題がすごくいやらし・・・いや、凝っていたようだ(何度もすいません。。)。結局優勝に、松田沙也香選手。やはり安定してますねぇ。2位に湧川純也選手、3位に我が学園から五ノ井健太。一番最後に終わって3位にすべりこんでくるあたり、実力もあるが強運の持ち主である。その強運を普段も発揮できればいいのだが(笑)。

このペースでいくと、とんでもなく長い観戦記になるのでここからスピードアップしていきます(汗)

見取算種目。圧倒的スピードで優勝は土屋(新記録・38秒4)。2位は新名哲也選手(新記録)。やはり新名選手は凄いです。社会人になっても記録を更新してくるのは脅威的。ほんとに見本となる存在ですねぇ。3位にカッツがはいりました。

伝票種目。優勝は土屋(新記録・49秒9)・・・すげぇなぁ。2位に阿久根誠司選手。阿久根選手はまさにオールラウンダー。珠算種目、読上種目、英語読上までも常に上位グループにいる。どういう練習してるのでしょうか、知りたいですねぇ。3位に紗知がはいった。

読上算種目。優勝土屋、2位阿久根選手、3位カッツ。
読上暗算種目。優勝阿久根選手、2位カッツ、3位土屋、金子優希選手。ちょっと前は読上系が弱点といわれていた土屋だが、ここにきてきっちり上位に食い込めるようになってきた。

×暗算種目。優勝土屋(新記録・13秒6)、2位紗知、3位新名選手。また新記録・・・どうなってんでしょうか・・。
÷暗算種目。優勝大関一誠選手。2位山入端未有選手。3位カッツ。まだ中学生の山入端選手が2位にはいったのは凄いですねぇ。また惜しくも満点を逃した新名選手でしたが、ボタンを押したタイムは、9秒4でした!ありえないでしょう・・・。
見取暗算種目。優勝土屋、2位紗知、3位青木龍輔選手。これには我が学園の中学生から唯一決勝に残ったモーリー(森拓磨)がでていた。力はまだまだ及ばないが、モーリー自身珠算経験年数がまだ少なくいまからグングン伸びてくると期待している。この経験を糧にがんばれよ!
伝票暗算種目。優勝新名選手。2位土屋、3位紗知。

結局、英語を抜いた全10種目すべてに“はやし”の選手が入賞!さらに全入賞者31人中、18人を“はやし”の選手が占めるというとても満足のいく結果となった。さらに土屋にいたっては、6種目で優勝。そのうち新記録が4種目という快挙を成し遂げた。

人間の限界とはないのだろうか。土屋をみているとつくづくそう思う。私からみれば数年前の土屋のスピードで、もうこれ以上速くなるのは人間無理なんじゃないかと感じていた。しかし、結果はこれである。年々タイムを縮め、成長していく土屋。そしてそれに追いつき追い抜こうと成長していく生徒たちをみていると、自分の考えの浅さと認識の甘さを痛感してしまう。人間の能力は無限大!それを口先だけではなく、目の前で証明されているのだ。こういう状況にいる自分はとても幸せだ。ありがとう、みんな!

と、ここで終わると思ったら大間違い。まだ書きますよぉ〜!

表彰式が終わると、時刻は6時過ぎ。今から宮城県まで車で帰るのだ。選手たちの戦いは終わったが、私の戦いはこれからが本番というところだ。
ここで東京組の花名(坂井花名)が一人新幹線で帰る。今年から社会人となり東京で学校の先生になった。今の“はやし”の選手たちを引っ張ってきた一人だ。宮城を離れてもこういう大会で再会できるというのは非常に嬉しい。選手たちにも凄い励みになっているだろう。大変だろうけど、これからも頑張ってね。

せっかく大阪まできてすぐ帰るのは・・ということで、道頓堀へ。少々迷ったが、6時40頃到着。8時まで自由行動で、各自夕ご飯を食べるようにと1000円ずつ渡す。
さぁなにを食べようかと歩き、とりあえず行列のできてるたこ焼き屋へいった。熱々のたこ焼きを食べつつ、橋の上へたつ。あ〜ビール飲みたい!!
よしっ、ご飯食べようとまた行列のできてるラーメン屋へ。だめだ時間がなくなるっと隣のラーメン屋へ。席に座ってビックリ!周りを見渡せば”はやし”の生徒が全員揃っていた(笑)。やっぱりチームワークいいねぇ。その後また各自バラバラになり、思い思いにお土産などを買いつつ集合場所へいった。

集合場所からバスまで歩いたところで、貴広(阿部貴広)と別れる。貴広も今年から東京の大学生で宮城を離れた。今大会が一発目だったがさすがに点数落ちちゃったね。仕方ないと思いつつも、気合を入れる。がんばれよ!!

時間は8時30分。いよいよ帰路につく、といっても到着予定は朝6時だが。
帰りも順一郎先生と2時間ごとの交代運転だ。はじめのほうは話し声も聞こえたが、11時を過ぎると皆寝に入る。声一つ聞こえない中、音楽もかけられず黙々と運転。サービスエリアにはいっても誰も降りてこない。。。ま、い〜んだけどね。
時刻はながれて、朝5時前には宮城県にはいった。順調順調!

余談だが、私達の運転中助手席の大治郎先生は一睡もしない。息子としては年齢を考え、休んでほしいと思うのだが自分の中で変な?意地みたいなものがあるのかどういっても寝ない。運転は大丈夫ですから、できれば寝てください。

午前5時40分無事に到着。これでやっと一安心だ。生徒が全員帰るのをまって自分の家に帰宅。はやく寝ないと!だって、今日も授業あるんだから・・・。

はじめて観戦記というものを書いたが、ずいぶん長々となってしまいました。大会の選手の動きや心情いったものを書きたかったのですが・・・ま、最初ですから(汗)
ぜひ続けていきたいと思うのですが、私一人では大変なので選手の方々にも書いてもらおうと思ってます。ぜひご期待あれ!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事