はやしそろばん総合学園 珠算大会参戦記・観戦記

ようこそはやしそろばん総合学園秘密のブログへ〜

全日本珠算技能競技大会

[ リスト ]

7月29日朝6時

 県予選を突破し、全国大会へのキップを手にした選手達、引率の先生方をのせたはやしのバスが石巻を出発しました。ここから8時間かけて目的地である愛知県犬山市に向かいます。大会会場兼宿泊場所の名鉄犬山ホテルに到着し、練習まで各自部屋で休憩をとることに。その後、練習会場に向かうと、他の都道府県の選手の皆さんが黙々と練習に励まれていて、私達も足早に席に着き練習を開始しました。この日の練習は長時間での移動で疲れているだろうということで予定より軽めの練習でした。
 夕食は全国の代表が集まって、広い会場でバイキング形式で食べるので、毎年10分前には長い列ができています。私達も時間どうりに夕食会場にむかうと・・・・!!(O□o`pq*)
いつもなら人であふれているはずの会場前にはやしの人だけが並んでいて、その他には誰一人きていませんでした。どうやら夕食の時間が30分早まったということを皆さん知らなかったようで初めの30分間ははやしで貸切状態に!!小学生の子達も年上の人たちに負けないぐらいたくさんごちそうをほお張っていました。私的にはデザートのチーズケーキがおいしかったです。 全員おなかいっぱい食べたところで部屋にもどり、この日は次の日の大会にむけて早めに就寝しましたo(v_v*o)zzz…

大会当日

 背中に「MIYAGI」と書かれたユニフォームを着て、いざ会場へ。自分の席に着いて、指ならしをしたところで開会式が始まりました。式が終わると、早速個人総合から競技開始。乗暗算、除暗算、見取暗算、乗算、除算、見取り算の順に実施され、自分としては普通どうりできたという感じでした・・が、私は満点競技がとことん苦手で、その壁をなかなか克服することができていないため、多少の自信はあったものの確信はありませんでした。採点は競技委員の先生方が行ってくださるので、結果発表はひとまずお預けに(・∀・`;) 
 続いては読上暗算。この大会の読上げ種目は桁数の多い問題からだんだん桁が下がってくるの形式で、1題目の桁数は12桁。ちょっと自信ありな感じで答えを記入して、隣の方に採点をしてもらうことに。私を含めて答えを書いたのは二人でそのもう一人は土屋君。日頃一緒に練習をさせていただいて、いつもはもっと桁の多い問題をやられているのでこの問題は正解する可能性大!!!答え合わせが終り、答案が返ってきてどうかあたっていてほしいと思いながら、恐る恐る解答欄の方に目を向けると、そこには残念ながらバツ印が・・・。予想どうり土屋君は正解で優勝が決定。絶対準優勝にはならなきゃと自分に言い聞かせて、次の11桁でどうにか正解することができ、くやしながらもほっとした気持ちで準優勝の席に。
 10桁では2部(中学生以上の部)で正解者がなく、次の問題に移るのかと思いきや、なんと!!1部(小学生の部)でマナ(遠山 学)が見事正解して優勝が決定。その瞬間、会場内に盛大な拍手が鳴り響きました。とても満足な顔つきのマナを見て、私も思わず笑みがこぼれました。
 
 読上暗算が終り、そのまま読上算が開始。読上算は聞き取り勝負!読み手の先生の声に集中して、1題目は正解できたのですが、途中でミスしてしまい2位に。2部では、岩手県の小原小百合選手と坂井君と舞子の3人で優勝争いが行われました。舞子が惜しくも先にミスしてしまい、二人で競技が続けられ私は前から競技を拝見していたのですが、お二人とも無駄のないきれいな弾きをされていて、弾きが下手な私としては大変勉強させていただきました。 なん題にも及ぶ熱戦の結果、小原選手が優勝され、坂井君が準優勝と言う結果になり、1部ではまたもやマナが優勝しました。

 読上算が終り、予定ではお昼休みのはずでしたが、ここで急遽同点決勝が行われるとの知らせ。内容は1部の準決勝決定と2部の優勝決定。どちやも二人ずつ候補がいるということで、司会の方が選手の名前を読上げることに。1部ではマナと同じく宮城県の野田将孝君。2部では土屋君と私が決勝をすることになり、そろばんと筆記用具を持って壇上に! ルールは制限時間が定められているものの、終わった方は挙手をしてその10秒後にもう一人も計算を終了しなければならないというものです。相手が土屋君なだけに、全速かつ全問正解が最低条件だと思いながらやり結果は表彰式で発表されることに。
 
 お昼は毎回恒例のカレーライスを食べて、午後はフラッシュ暗算とアトラクションがありました。フラッシュ暗算では順一郎先生と龍司先生の兄弟コンビで競技が進行され、坂井君が3桁15口2.6秒で優勝されました。全部の競技が終了し、個人総合と団体競技の表彰式が始まり、1部ではわっか(齋藤 若菜)が優勝、マナが準優勝で、2部では土屋君が優勝、私が準優勝などはやしのほとんどの人が3位までに入賞しました。団体でも両部門とも宮城県が優勝し、また連覇の記録を伸ばすことができました。

 その後台湾の方々との交流試合などもあり、いただいた賞状やトロフィを積み込みバスは今日の宿泊地である静岡県を目指して出発ーーー。車内では大会の反省会があり、一人一人点数を発表され、順一郎先生からお話を頂きました。順一郎先生の話にはちうも心に響くものがあり、私はそれのおかげで今の自分があるのだと思います。うまく説明はできませんが順一郎先生のまっすぐな姿勢が自然と私達に伝わり、自ずと心を素直にしてくれるのです。。。
そしてその後、大会を終えた選手達はいつものにぎやかムードで無事到着。ホテルに着くなり、みんな疲れていたようで各自部屋に移動し、夢のなかへ〜☆★☆★

最終日は富士急ハイランドに行きました〜♪♪
 まずは今年の新アトラクション「ええじゃないか」に行くことに。まだ8時だというのに1時間待ちの看板がありましたが、せっかくきたのだからということでみんなで1時間並びました。それからはいろいろなアトラクションにいき、事件は「ザブーン」で起こりました!このザブーンというのは普通のジェットコースターと変わりありませんが、下がった最後に思いっきり水の中に突っ込んでいくというもので、濡れないようにポンチョを買って着用します。皆、ポンチョを着て席に着き準備完了!!どんどん上にののぼっていき、頂上が近くなったその時Σ(;`・ω・) 後ろから何か変な音が!!見ると私が着ていたポンチョが誰かに壊されて水を防げない状態に・・・。順一郎先生も壊されたようでそのままマシンは水の中に突入し、言うまでもなく私達はビショビショに濡れました。(o´ロ`o)=33 いくら夏といえども冷たかったです・・・。 
 絶叫マシンで思わず泣いてしまった子や、二日酔いから何度もトイレに駆け込む人もいたりなどハプニングも多々ありましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろ帰ることに。私が遊び疲れて眠い中、小学生はまだまだ体力が余っているようで大騒ぎ。たかが5歳程度しか変わりないのですが、確実に若さを感じましたね・・・汗” 石巻に到着し、長いようであっという間の三日間はこうして幕をとじました。

 今回もまた、みんなで優勝や上位に入賞することができ、一人一人の努力の結果ではありますが、大治郎先生をはじめとするはやしの諸先生がたには感謝申し上げるばかりです。最後になりましたが、今後は自分自身の技術向上はもとより、後輩達の見本や、先生方のお役に立てるよう、人間として成長できるよう日々精進していこうと思います。

これからもはやし勢の活躍にどうぞご期待を!!!(´・∀・`)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事