全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

台湾の台北市、士林という駅で降りてすぐにある「士林夜市」で夕食を食べました。
イメージ 1
↑士林夜市の入口
入口は東西南北に沢山あります。
イメージ 2
↑夜市の雰囲気
歩行者専用通路にお店が沢山出ています。
イメージ 3
↑屋台で購入して食べます
台湾版のお好み焼きというところでしょうか?
イメージ 4
↑メニューは読めません
ベースが30台湾ドルでオプションのトッピングは1つ10台湾ドルのようです。
イメージ 5
↑他の方のオーダー品
チーズとお肉のトッピングです。
イメージ 6
↑右側は違うトッピングです
ネギ?のトッピングもあるのでしょうか?
イメージ 7
↑出来ている他の方のオーダー品を指差してオーダーしました
こんな風に受け取ります。
イメージ 8
↑少し食べたところ
しっかり下味がついていて美味しいです。
歩きながら食べました。
イメージ 9
↑座って食べたかったので地下の食堂街に行きました
お店によって賑わい方が違います。
イメージ 10
↑賑わっているお店に入りました
満席です。
イメージ 11
↑席の横で調理されています。
実物から選んでオーダー可能です。
イメージ 12
↑メニュー
日本語表記もあります。
イメージ 13
↑ワタリガニのフライ
そのままバリバリ食べます。
塩と香辛料が効いています。
イメージ 14
↑炒め野菜
あっさり目の塩味です。
イメージ 16
↑ワンタン麺
イメージ 15
↑取り分けました
薄味で左側の辛味を足しました。
イメージ 17
↑かき氷のメニュー
イメージ 18
↑台湾名物のマンゴーかき氷
氷もマンゴージュースを凍らせてものを使っていて、すごく美味しいです。
やはり薄い味と濃い味がありましたが、どれも香辛料を加えれば美味しく頂けました。
店名は分かりません、街とお店と料理の雰囲気を楽しんでもらえればと思います。

↓士林夜市の公式ホームページ(日本語ページあり)

イメージ 5 
芦屋市・西宮市の不動産のご相談はエースホームへ
↓パソコン向けホームページ
↓スマホ向けホームページ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

台湾の台北、「国立故宮博物院」の敷地内にある「故宮晶華」で昼食(ランチ)を食べました。
イメージ 1
↑国立故宮博物院の入口の門
台北の中心から北に行った町外れにあります。
イメージ 2↑本館
大きな建物です。
イメージ 3↑故宮晶華
上記写真を撮った左手にレストラン棟があります。
イメージ 4
↑建物を入ったところ
1階席は満席で待たないといけなかったので地下1階席へ。
イメージ 5
↑地下1階の店内
この時知ったのですが、1階席よりカジュアルなメニューとなります。
イメージ 6
↑メニュー1
日本語メニューもあります。
イメージ 7
↑メニュー2
イメージ 8
↑メニュー3
光が反射するので斜めから撮影。
イメージ 9
↑メニュー4
イメージ 10
↑メニュー5
イメージ 11
↑イカのすり身団子揚げ
アツアツでイカがタップリでした。
イメージ 12
↑ビーフン(スープあり)
ビーフン自体に味はほぼ無いです。
イメージ 13
↑牛肉麺(さっぱり味)
かなりさっぱり味です。(香辛料をかけるのが前提のお味でしょうか?)
イメージ 14
↑豚肉そぼろの醤油煮込みかけごはん
味が濃いです。
イメージ 15
↑豚らーどかけごはん
まあまあ濃い醤油味です。
イメージ 16
↑自家製豆腐プリンタピオカ入り
あっさりした豆腐です。
イメージ 17
↑台湾風白玉入りおしるこ
白玉は沈んでいました。

↓ここからオマケです。
イメージ 18
↑博物館の展示物 その1
イメージ 19
↑博物館の展示物 その2

美味しかったです、ご馳走様でした!
薄い味のお料理と濃い味のお料理が極端なように思いました。

国立故宮博物院 故宮晶華
↓ホームページがありました、日本語を選べます。

イメージ 5 
芦屋市・西宮市の不動産のご相談はエースホームへ
↓パソコン向けホームページ
↓スマホ向けホームページ




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、ホテルヒューイット甲子園(旧ノボテル甲子園)で開催された兵庫県宅地建物取引業協会芦屋・西宮地区の新宴会に行って宴会料理を頂きました。
イメージ 2
↑ホテルヒューイット甲子園の1階ホール
去年半ばに「ノボテル甲子園」から「ホテルヒューイット甲子園」にホテル名が変わりましたが、ホテル内のレストラン名なども含めて内外共に変わっていないように思います。
ウェイトレスさんに聞くと一部の社員さんだけ入れ替わりがあったくらいとの事。
イメージ 3
↑芦屋市長/山中建氏のスピーチ
毎年の事ですが西宮市からは、副市長が来られてスピーチされました。
西宮市長は来られた事が有りません。
イメージ 4
↑メニュー
イメージ 5
↑オードブルヴァリエ
ドライフルーツとナッツのテリーヌ 鴨とオレンジのパテ 南瓜のムース
ドライフルーツとナッツのテリーヌはナッツの食感が良かったです。
イメージ 6
↑蟹のビスク 茶碗蒸し仕立て
蟹が濃厚です。
少し冷めていたのが残念。
イメージ 7
↑握り寿司3貫(海老・かんぱち・鮪)
このタイミングでご飯物?
お刺身の替わりでしょうか?
イメージ 8
↑ムール貝と白身魚の酒蒸し タイムと柚子の香り
洋風のソースが美味しいです。
イメージ 9
↑牛ハラミのグリル・ステーキ ケイジャンスパイス風味 5種の茸ソース
8人テーブルの大皿です。
イメージ 10
↑1人前です
輸入牛の赤身です。
イメージ 11
↑かき揚げ蕎麦
太目のそばです。
イメージ 12
↑ケーキと珈琲
チョコケーキでした。
美味しかったです、ご馳走様でした!
全体的な印象は少しボリュームが少なかったように思いました。

店名:ホテルヒューイット甲子園(2階宴会場) (旧ノボテル甲子園)
電話番号:0798-48-1111
↓公式ホームページ
↓地図
イメージ 1

イメージ 5 
芦屋市・西宮市の不動産のご相談はエースホームへ
↓パソコン向けホームページ
↓スマホ向けホームページ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

年末・年始の休み中に台湾へ行ってきました。
台北101の地下1階にある「ディンタイファン」で、本場の小籠包などを頂きました。
イメージ 1
↑台北101
台湾で一番高い建物です。
イメージ 2
↑地下1階にある「ディンタイファン」へ
オープンスペースに面しているので半地下という感じです。
イメージ 3
↑店舗入口前
凄い混雑ぶりです。
人数を告げると番号が書かれたレシートがもらえます。
約30分待ちでした。
イメージ 4
↑店内
店内は広いです。
イメージ 5
↑見えるところで小籠包などが作られていました
10人以上方が作られています。
イメージ 6
↑手元も見えます
分業で手際よく作られています。
イメージ 9
↑自席に着席
生姜の器が日本との違いです。
イメージ 7
↑メニュー
日本語も書かれています。
イメージ 8
↑台湾ビールで乾杯!
生ビールはありません。
イメージ 10
↑生姜の器に醤油と酢を入れます。
「醤油3:酢1の割合で入れてください。」と日本語で説明を受けました。
生姜は日本で寿司を食べる時の「ガリ」のように食べるようです。
イメージ 11
↑小籠包
本場で食べてみたかった小籠包です。
イメージ 12
↑中身
汁だくです。
ダシの旨みが凄いです。
イメージ 13
↑蟹みそ入り小籠包
こちらもツユだくです。
イメージ 16
↑海老と豚肉入り餃子
棒餃子っぽく見えますが・・・
イメージ 14
↑ひっくり返すと・・・
エビが透けて見ます。
イメージ 15
↑えびと豚肉入りシュウマイ
エビが見えます。
イメージ 17
酸辣湯麺
「酸っぱいスープ」まあまあ酸っぱいです。
イメージ 18
↑牛肉の煮込み麺
醤油ベースのスープに「牛」の旨みが溢れています。
イメージ 19
↑海老炒飯
「パラパラ」に炒められていますが、油っぽくなく見事です。
エビも大きく美味しいです。
高級店のお味を中級店の金額で頂いたようなオトク感です。
美味しかったです、ご馳走様でした!

↓タベログにも掲載されていました(驚)

イメージ 5 
芦屋市・西宮市の不動産のご相談はエースホームへ
↓パソコン向けホームページ
↓スマホ向けホームページ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「潮芦屋温泉 SPA水春 芦屋のリゾートスパ」で、温泉に入浴してお昼にランチを食べました。
イメージ 1
↑建物外観
芦屋市の南芦屋浜、真ん中辺りより東側寄りにあります。
まずは入浴しました。
開業後に掘削して温泉を掘り当てて、現在は温泉となっています。
イメージ 2
↑食事処の「芦屋 水春亭」へ
お風呂は3階、食事処は2階です。(1階は駐車場)
イメージ 5
↑メニューのイメージ
イメージ 6
↑オススメのメニュー
イメージ 7
↑日替わり御膳
イメージ 3
↑食事処からの眺めのイメージ(1階で撮影)
「芦屋マリーナ」と来年オープンする「芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」が見えます。
イメージ 4
↑生ビールで乾杯
アサヒのスーパードライ。

イメージ 8
↑お連れ様はノンアルコールビール
アサヒのドライゼロ。
イメージ 9
↑日替わり御膳
おかずの種類が盛り沢山です。
イメージ 10
↑おかずのアップ
それぞれ、上品に美味しくお料理されています。
イメージ 11
↑味噌汁と漬物
写真に写っていませんが、味噌汁は具沢山でした。
イメージ 12
↑ご飯
佃煮がのっています。
イメージ 13
↑お連れ様はスンドゥブチゲ
辛い豆腐鍋のセットです。
イメージ 14
↑アップで・・・
アツアツです、辛さはマイルドでした。
イメージ 15
↑1品と漬物
イメージ 16
↑野菜サラダ
イメージ 17
↑ご飯
美味しかったです、ご馳走様でした!
2品とも1000円台前半となりますが、お店の雰囲気を含めてお値段相応の内容と思いました。
平日はレストランのみの利用も可能のようです。(要確認)

店名:潮芦屋温泉 SPA水春 芦屋のリゾートスパ 「芦屋 水春亭」
営業時間:9:00〜25:00(最終受付24:00)
定休日:無休
電話番号:0797−32−1212
↓お店の公式ホームページ
↓レストランの公式ホームページ
↓地図
イメージ 18
イメージ 5 
芦屋市・西宮市の不動産のご相談はエースホームへ
↓パソコン向けホームページ
↓スマホ向けホームページ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事