ここから本文です
ヘタレサラリーマン釣り師が一流釣り師になるまでのブログ
支笏湖に通っています。気軽にコメントください!

某河川にて

さくっと書きます。

用事で遠征した時に、ちょっと川へ。

いつも入っている川へ行こうかと思いましたが、

釣果が良くないことはわかっていましたので、新規開拓。

有名河川本流。

イメージ 1



ポイントを知らないので適当に入ります。

ニジマスで有名な河川ですが、全く反応なし。

ここは、いるでしょ。ってポイントで粘っていると、

コツコツという小さなアタリから、

ドンッ!と出ました。

イメージ 2

40ちょいのキレイなアメマスでした。

この記事に

またまた久しぶりの投稿。

奥さんから釣りの許可が出た日曜日を控えた平日。

本当はモヤシさんと支笏湖に行きたかったんですが、日曜日に仕事が入るか入らないか、微妙な状況・・・。私の仕事はこんな状況がよくあります。


ほんと最近は、仕事辞めたい病です(笑)


結局日曜日の仕事は無くなりそうとわかったのは、週末が近くなってから。モヤシさんとの釣りはまた次回にとなりました。ほんとすいませんでした。



ひとりでどこか釣りに行こうか、それとも家族サービスかと考えていると、後輩が釣りに行きたいとのこと。しかも、どんな魚でもいいから釣りたいと。←これが一番難しい(笑)

そこで、頭に浮かんだのが錦多峰の鮭。規制前最後の週末。あの魚の量なら一匹は釣れるだろうと・・・。

この考えが甘かったんだが・・・。


今回一緒に行くことになった後輩は、初の鮭釣りです。というか釣り自体も数回程度。

錦多峰の人の多さを知ってる方は、初の鮭釣りであの「戦場」へ連れて行くのか・・・!?と思われるかもしれないが、時間をズラせばすんなり入れるのでは?と思っていました。そしてなにより今回一緒の後輩は、非常に人なつっこい性格の子で、周りの雰囲気に溶け込む能力が高い人間です(笑)

とは言っても、あの混んだ場所に入る前に練習が必要と思い、朝一は別のポイントに入りました。こちらは、モヤシさんに教えてもらったポイントで、魚が溜まりやすいようです。

着いて準備をしていると、何か魚が跳ねている!!

でも鮭とは違うようでした。

ならば、ルアー単体で狙っても面白そう!と考えが浮かびましたが・・・、後輩はイクラのことで頭がいっぱいのようでしたので(笑)とりあえず、ウキルアーをセットし、練習開始です。

まっすぐキャストするように教えます。

跳ねてる魚の所を流しますが、やはりダメでした。

朝マズメが終わる頃、この時間であれば錦多峰入れるのでは?と思い移動!

着いてみると、予想通り釣れていないのかマッタリとした空気感。(前情報で今年は魚が極端に少ないらしいというのは知っていました。)

朝マズメを過ぎて一気に人が減ったのか、隅っこにすんなりと入れました。

たまに沖で跳ねている程度。手前に古い群れもいないようでした。

例年こんなことないのに、どうしたものか。

これじゃあ厳しいなぁ・・・。

と考えながら、

キャストを続けていると、隣の人がヒット!!遠投しないとダメらしいです。

後輩は、初めて鮭が釣れた瞬間を目の当たりにして、目がまん丸になってました(笑)

だんだんと人がいなくなったことでちょっとずつ移動し、気がつけば、一級ポイントに入ってました。

後輩も気がつけば周りの人と仲良くなっている・・・。ホント尊敬しますね!

お昼近くなって、どこからともなく少ない群れが現れたんですが、こちらも古いらしく全く口を使ってくれません。たまーにスレで釣れる程度。

そのうち連続キャストに疲れたので、少し休憩してから再開。

もう少しやって、釣れなかったら帰ろう!と話して。

どこに入ろうかな〜。人増えてる〜って考えていると、

遠くから後輩が、サムりんさーん!
こっち入っていいそうですよ!!

って、もう入れてもらってました。
す、すげぇなアイツ!!

って思いながら、照れくさそうに入れてもらう自分!

いつか、やん別に連れて行こう!
そう決めました(笑)

そして、ドラマはここから。

数投した後、

後輩「なんか、おかしいんですけど??」

自分「他の人と絡んだんじゃない?」
って言いながら後輩の方を見ると、

竿、激曲がり!!

釣れてるじゃん!!(笑)

それから、ゆっくり巻けよ〜!ってアドバイス!

周りからも、頑張れー!バラせー!って声援もらって、みんな爆笑でランディング成功!!

イメージ 1

いやぁー笑った笑った。
とりあえず釣れて良かった!
おめでとう!
俺も釣りたかったなぁ(笑)

この記事に

渓流2017年7月末

しばらく更新サボってました。

今回は、前回のリベンジ。お客様との釣行。

3年前ぐらいから一緒に行きましょうって約束してたんですが、なかなかタイミングが合わず。

やっと念願かないました。場所はお客様のいつも行ってるポイント。有名河川です。

私もこの川の別のポイントに入ったことがありましたが、釣果に恵まれず、非常にシビアな印象しかありませんでした。

入渓ポイントから、お客さんは、ポンポン釣る。

イメージ 1



こんなに魚いるんだって感じです。


私は、たまーにあたりがある程度。
尺ヤマメは出ませんでしたが、イワナが遊んでくれました。

イメージ 2



休日でしたが、ヒトも少なく良かったです。
お客さんにも、魚がいるところや狙い方を教えてもらいました。

上級者の方と釣りをすると得ることが多いです。

次は錦多峰の鮭釣りです。

この記事に

前回洞爺湖の解禁に行ってから、ちょこちょこ釣りには行ってます。

なので、まとめて書きます!

まずは、湖。
道東遠征にいった話。
急遽道東に行く用事が出来たので、屈斜路湖に行きました。阿寒湖と迷いましたが、阿寒湖は次回ということで。

今回もモヤシさんに色々情報をいただきました!
いつも本当にありがとうございます。

朝一は、インレット一級ポイント。
霧が強くて遠くは見えません。

イメージ 1



現場に着くなり、ライズが連発しており、生命観が・・・。

スプーンを何投かしたとき、
「コンッ!」
って強い当たり。

結果は・・・ウグイさん。

ライズやモジリのほとんどがウグイさんだったんですね。

それでも、時々ワカサギを追い回しているマスの姿が見える。

キャストを続けていると、フライマンが良型をキャッチ!アメマスだった。

ルアーマンは数人いたが、反応無しだった。

こんな日は、どうすればマスが振り向いてくれるのか。
色んなことを試したがダメだった。

場所を移動し、新しく買ったジグを試すため遠投していたとき、一度大きなあたりがあった。

着水してすぐ、

ドンッ!

っと当たったと同時にドラグがジーーーっと鳴った。

マスだろうと思い、慎重に寄せる。





しかし、その後は思いのほか、大人しく・・・

いやな予感。

イメージ 2


良型のウグイさん・・・。

結局、ウグイ6で終了!
テクニックの無さを痛感しました。

次の日は、モヤシさんに無理を言って朝一で海サクラ狙い。モヤシさんすいません。

アングラーの多さにびっくり!

しかし、魚は来てくれませんでした・・・(笑)

久々に海で釣りしました。鮭釣り以来だろうか・・・。
波の感じなど、久しぶりすぎてうまくキャスト出来ませんでした。



川遊びにも行きました!

会社の後輩が釣りを始めたい!とのことで、道具を貸して近郊河川へ。前から気になっていた場所ですが、足跡だらけ。

キレイな川でした。 
後輩は、2バラしで終了!

でも、魚の引きを少し味わえて釣りの楽しさを感じてもらえたみたいです。

次は、リベンジに行くことになりました。

実はそのリベンジも行ってきましたが、また次回書きます。

では。

この記事に

洞爺湖解禁2017年6月

やってきました!
洞爺湖夏解禁。今回は、なんとモヤシさんも参戦してくれる。

ダメもとでお誘いしたところ、
行きます!と快くOKしてくれた!

モヤシさんに何としても釣ってもらいたい(>_<)

場所はどうするか?

いつものポイントにする?それともインレット?有名ポイント?

考えるだけでワクワクが止まらない(笑)
冷静になって過去の解禁日のことを思い出してみる。

どの釣りもそうだが、インレットなどの人気ポイントは、それなりの釣果があるが、竿の数も多い。

そう考えると、人も少なくて、朝マズメ誰かが何かを釣っているシーンを見るポイントがあった。

確率的には同じなのかもしれないが、釣りがし易いという点を優先し、ここに決めた。

現地到着は、二時頃。今までにないぐらいの車の数。やはり雑誌の影響だろうか?

お目当てのポイントに一番近い駐車場も先行者がいたため、少し離れた所に止めた。

モヤシさんは高速で向かってくる。三時半まで少し仮眠をしようと思ったが、興奮してあまり眠れなかった。

モヤシさんと合流しご挨拶。こちらの無理に付き合ってくださったにも関わらず、ルアーのプレゼントまでいただいてしまった。

サクラマスよ、釣れてくれ〜!

と願いつつ、さっそく三時半頃ポイントへ向かう。四時には結構明るくなっていた。

天気はくもり。濃霧。
夏解禁日といえば、ライズ多数、生命感バリバリのイメージだったが・・・

べた凪、無風・・・

むしろ降るなら降ってくれ!と思うような天気だった。

先行者にご挨拶し、釣り開始。

しばらくして集金の方がやってきた。
なんでも今年の洞爺湖、ワカサギが20年ぶりの豊漁らしく期待できますよとのこと。

となればマッチザベイトを意識し、ジグミノーのワカサギカラー。

一回だけ、

コンッ!?

ってアタリがあった。その後はなにもなし。

ベイトもあまり見えない。ポイント選びの失敗か?

六時頃だったと思うが、近くのアングラーが何かをバラした。

魚はいるらしい・・・。

ベイトが多いから、ルアーに反応しづらいのか?なんて都合のいいように考えだす。



ここで粘るか、移動するか。

いつもなら粘るが、


移動!!

インレットへ。

先行者にお話を伺うが、残念ながらパッとしないらしい。

ただ、最初のポイントと比べベイトの数が多かった。

釣り再開。

開始早々、モジリが見えた。
マスだろうか。

取りあえず、モジリの方向へスプーンをキャストしてみる。

弱っているベイトを意識し、スローに巻く。

3、4巻きしたところで、

クンクンッ!!

ってアタリ。


来た!!

っとすかさず合わせる!
トラウティーノが結構曲がっている。

まあまあのサイズの予感だが、小さかったり、ウグイだと恥ずかしいと思い、

何だろうなぁ?と冷静な振りをする(笑)

内心とても焦っていた。

ジーっとドラグがなる!

もう一度竿先を見るとやっぱり結構曲がっている。

さらに焦る!


慎重にやりとりをする。




そして、久しぶりのサクラマス!50チョイ。

イメージ 1




写真を撮りすぐにリリース。

その後はランガン、移動するもウグイのみ。

雨が強くなったため二時半で終了。


遠くから遠征してくれたモヤシさんに感謝です。

また行きましょう!次は釣ってくださいね!

秋には屈斜路湖行きましょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事