ここから本文です
ブログ始めました!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

私なりの健康法

「万歩計」なるものが出ると、すぐ買った。だが、すぐ手放した。当時、通勤日でも一万歩以上必ず歩いたし、休日には、二万、三万に及ぶのが常で、毎日一万歩以上歩いたか、一々確かめる必要もなかったからである。糖尿病対策として、五十歳を過ぎてからプール通いも始め、だから飲酒量はかなりのものだったが、なんとか血糖値は妥当な範囲内に収まっていた。退職後は、外で酒を飲む機会は減り、他方、プールで泳ぐ回数は増えたから、血糖値はますます安定したのをいいことに、晩酌は、ビール、日本酒、ウイスキーと手当たり次第だった。

様相が一変したのが七十五歳前後からである。プールでは、泳ぐ速度が激減し、他の泳者に気兼ねするようになってスッパリやめた。毎年夏には、すぐ下の海で泳ぐのもやめた。波を乗り越える自信がなくなったし、他方、1960年代頃には、海の家が何軒も建ち並び、我が社も一軒持っていたし、神戸辺から貸し切りバスで来る人々もあったのだが、最近はその海の家も一軒だけになり、泳ぐ人も激減した。「鮫が出た」という情報もあったし、土台、今の子供達にとって、泳ぐのはプールとなっていて、「海で泳ぐのは怖い」となり、それをモンスターマザー連が強調するからだろう。

昨年は、とうとう一軒だけ頑張っていた海の家も閉じて、私のように自宅で水泳着に着替えてサンダル履きで飛び出し、濡れたまま帰宅してシャワーを浴びることの出来る者しか海水浴は出来なくなって終ったのだ。学校にプールなんぞなかった終戦後、坪井川なる泥だらけの川で泳ぎ、たまにはドジョウなど捕まえる余録もあった私達の水泳とは髄分違って来たものだ。糖尿病に気兼ねして、晩酌は芋焼酎一升を五日で空け、一日二合とした。この辺が適量なのだろう。ΓGPT70前後だ。

水泳は兎も角、歩くことにかけては、そのスピードにも距離にも自信あった私だが、これも2年前から怪しくなった。血中の塩分が不足する、という奇病にかかり、脚元がふらついて、附近の道路で転んで起きることが出来ず、通りかかったおじさんに抱き起こされ、軽四のおばさん二人に家まで送られる始末。そこで医師の指導に従い、毎日梅干しを三個ずつ食って1年、NACLの数値はなんとか正常に服したのだが、脚元のふらつきは治らない。だが、私には糖尿病対策、という難業があり、水泳を辞めた今、もう歩くことしかないのだが、それが、スピードにおいては赤ん坊を乗せた乳母車押しの主婦にも抜かれ、距離も全然出ない。そこで、一念発起、また万歩計を買って、一日に六千歩、出来れば一万歩歩くことにした。だが、しんどい足を引きずって、漫然と歩くのは全く面白くない。何か目的がほしい。かくて、今月十七日(金)、この日は、内科、脳神経外科、とダブルヘッダーをこなすことになっていた。いずれも西明石駅付近で、我が家から約四キロである。そこで、七時過ぎに出発、内科に一番乗り、9時半には薬を貰って脳神経外科へ。ここは十時半の予約だったが、丁度その頃着き、若干待たされ、十一時過ぎに薬取得。また歩くのはちょっとしんどいな、タクシーにするか、など考えながら駅前へ行くと、うまいこと、一時間に一本のバスが停まっている。これは、普通百円のところ後期高齢者は、パスを示せば五十円、タクシーの七百円強よりは安く、降りてから家まで二キロほど歩ける利点もある。なんやかんやで、この日はなんとか一万歩をクリヤーした。土曜、日曜は、午後、海岸を三千歩ほど歩いた。以前は、朝早く歩いたのだが、「高血圧の者が寒い中を歩くのは一番危険だ」と内科医に言われ、渋々従って、午後三時過ぎから、としている。月曜日、この日は三ヶ月に一回の眼科医である。西明石からJRで朝霧へ。ここから、病院のシャトルバスに乗るかタクシーである。ところが、この朝、腰が痛い。真向法の体操で押さえ込んでいるのだが、たまに痛む。以前、それを押して歩いたら、途中で痛さ耐え難くなり、強情に携帯電話を拒否している身は、タクシーを呼ぶことも出来ず、人家の塀を頼りに、這うようにしてやっと辿り着いたことがある。同じ愚を繰り返すこともないので、息子の車で病院まで送り届けて貰った。帰りは、病院のシャトルバスで朝霧駅まで。JRで西明石へ。腰の調子はどうやら治ったようでもあるので、歩くか、とも思ったが、矢張り大事を取って、五十円バスから自宅まで二キロほど歩いただけ。病院通いは、私の歩数稼ぎの中心なのだが、どうやら、金曜日は合格、月曜日落第、はということだろう。中学時代はマラソンの第一人者、大学時代には、九州の標高千メーター以上の山を全部征服する目標を立て、船賃のかかる屋久島以外はほぼ果たした身、としては、なんとも情け無い晩年だ。頭の方はまだ大丈夫と自負しているのだが果たしてどうだろう?

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事