星と畑のシニアライフ

マルさんは天体写真6年生、野菜作りは8年生

天体写真

すべて表示

栃木遠征はIC1396とSh2-129(ちょっとだけダイオウイカ)

台風一過の8月9日、ぴんたんさんとまーちゃるさんが遠征しそうな雰囲気。
行先は栃木・・・・私も、お盆の帰省前のラストチャンスとばかりに混ぜてもらうことにしました。

Apo-sonnar/QSI583のお手軽ナロー撮影セットを積み込み、栃木についたのが20時過ぎ。
現地には既にぴんたんさん、そしてmdhn1999さん、ひろたろうさんが設営を終えて雲が明けるのを待っています。

設営にかかると、程なくして東葛の誇る新鉄人(候補?)まーちゃるさんも到着し、5人での星撮りとなりました。
元祖鉄人(ぴんたんさん)、新鉄人(mdhn1999さん)、新鉄人候補(まーちゃるさん)、善人(ひろたろうさん)、凡人(マルさん)の5人ですね。

設営が終わっても、北極星に貼りついた雲がしぶとく居残っていて、撮影を始めたのは22時45分ごろでした。
この日の対象はケフェウス座の大型散光星雲IC1396とフライングバット星雲Sh2-129です。
あわよくば、Sh2-129に位置するダイオウイカ(OU-3)も捉えたいところですが、どうでしょうか。

台風一過の澄んだ空で天頂部はシーイングもまずまず。
快調に撮影することができたのですが、午前2時を過ぎた頃から断続的に雲が流れてきて3時20分ごろには撮影を終了しました。

枚数的には計画をショートしましたが、一応、仕上げてみました。
その結果・・・・ダイオウイカ(Ou4)は、何となく存在が確認できる程度にとどまりました。
ダイオウイカは、最初の処理では痕跡程度でしたが、OIIIのコントラストをアップしたらAOOではちょっとだけ姿を見せてくれました。
でも、まだまだOIIIが足りないようです。
増し撮りですね。

<タイトル>IC1396 & SH2-129, without Ou4
<機材>
Apo-sonnar(135mm,F2.8で使用)/QSI583WS
EM-11 Temma2M/Takahashi GT-40/PHD2
<露光データ>
Hα 8分×11枚(bin1×1)
SII 5分×8枚(bin2×2)
OIII 8分×14枚(bin1×1)
<画像処理> Pixinsight/FlatAidePro/PSCC

AOOバージョンです。

イメージ 2


AOOのOIIIコントラストアップバージョンです。
ダイオウイカが少しだけ(;^_^A

イメージ 3

SAOバージョンです。

イメージ 1


撮影の成果としてはやや残念なものがありますが、ご一緒出来た皆さんと楽しい天文談義が出来ていつになく楽しい遠征になりました。ぴんたんさん、まーちゃるさん、mdhn1999さん、ひろたろうさん、ありがとうございました。

いつものことですが、撮影の都度に現地でフラットを撮るため、引き上げは殿になってしまいます。まーちゃるさんも現地でフラットを撮るのですが、フラット1枚に30秒以上かかるQSI583に比べてまーちゃるさんのASI183は1枚あたり数秒。撮りだしたのは私の方が早かったのですが、今回も「お先に」されてしまいました。

それはそうと・・・お盆ですね。
お盆は田舎でいろいろとやることがあって、戻ってくるのは1週間後。
次の遠征は、いつになるかなぁ。

.


みんなの更新記事