ここから本文です
♥LOVE&PEACE♥
ようこそ〜博多より‥

書庫全体表示

原爆投下の日に・・・

きょう8月9日は長崎に原爆が投下された日です。
昨日夜10時、NHKで放送の番組を見てやはり書かねばと・
原爆の日には、今村昌平監督の「黒い雨」を紹介してきましたが・
私も見返してみようと思い (スーちゃんのこともありで)
レンタルで探したけど・・何処もないんですよねぇ・・・
店員さんに訊いても置いていないとのこと・何という事でしょう。
 
ユーチューブでみつけたので↓映画「黒い雨」(広島投下)
            
 
朝鮮にも原子爆弾を投下することを検討していた事がラジオで流れていた。
韓流がどうのこうのと騒ぎ立てている今の若者たちにも見て欲しい・
そして考えて欲しいのです・・しっかりとした目を持って・
韓国とて、日本と同じく大国の傘下でありますから・・・・
 
この作品は、ごくごく一部の人間に焦点を当てた作品ですが・
幾重にも広がる地獄が繰り広げられていたのだと思うと・・・
大げさな表現でもなく、現実は映画では到底描き切れるものではない。

投下された地点に近い所では、地面が6000度になったというから・
人間の形がそのまま、その壁に焼き付いていたり・・
骨が粉々になるくらいの現実があったのかも知れません。
生き残った被爆者の一人が番組内で、家族の遺体は見つからないまま・
居るはずの場所で、家族を探した際に石灰のようなものがあったと語ってた。
 
故、北村和夫さんのセリフに・
「正義の戦争より、不正義の平和の方がまだましだ言うのが何で解らんか!」

アメリカの正義とは何ぞや?
正義の名のもとに・またいつか何処ぞに原爆を投下するつもりか?
原発稼働でせっせと貯め込んでいると見ているが・・??
日本において、脱原発勢力を妨げる動きは
そこら辺の事情が絡んでいるとしか思えない。
 
 
昨日夜10時から放送のNHKの番組
「二度と原爆を使ってはいけない」
「原爆投下を非難した占領軍司令官アメリカの英雄はナガサキで何を見た?」
 
裏では、話題の方?も出演のルーキーズが放送してたみたいですね。
せめて、原爆の日くらいは犠牲者に思いを馳せて欲しいものです。
何万人、何十万人の人々がある日突然
一瞬にして地獄に落とされたのですから・・
何の罪もない一般市民を、
惨たらしい形で死に追いやった責任は何故問われない?
過去記事

それは、反米の火種もみ消し努力もあり
情報が流されなかったせいもあるでしょう。
アメリカ国民は、原爆を投下したお蔭で終結した事を喜んでいたのでしょう。
それこそお祭り騒ぎではなかったろうか・・・・・あまりに酷い・
 
開戦に至る経緯を知る人が皆無に等しいのも現状でしょうか・・?
知ろうと努力すれば、その真相も少しは見えてくるのかも知れません。
情報操作は、日本国内においても徹底的にされていたと思います。
多国籍判事11名で構成された東京裁判、そこでも
刑に処された日本人
  
昭和21年9月、長崎に任命されて来た
アメリカ占領軍事官デルノア(当時32歳)
そこで見た様々の事をアメリカに対して訴えていたようです。
GHQの規制で、その情報がアメリカ国民の目に触れることはありませんでしたが
長崎を訪れたデルノアの娘であるパトリシアさんは、
アメリカに帰ったら、友達みんなにこのことを伝えていきたいと語っていました。
パトリシアさんは長崎で生まれ、長崎の教会で洗礼を受けていたのです。

 
デルノアは、ナチスによる残虐行為も目の当たりにしており・
ナチスに対しての怒りを持っていた人物でもあったのですが・
長崎で目の当たりにしたそれも・
同じホロコーストだという事に気づいたのです。
 
二度と使ってはならない・というよりこの世から廃絶して欲しい。
 
 
・追記
昨日の報道で、長崎被爆者の死者は
現在までに15万人以上と確認されているそうです。
その年の死者だけで7万人と記憶していたので、やはりという印象・
広島がその年だけで14万人以上なので現在まではどうなんでしょう・・・
 
知恵袋の質問に、?と思う不快な質問がありました。
<落ちなかったよりは落ちて正解だったんじゃないですか?>
 
政治家もそういった発言を過去にしたとか?信じられません。
旧ソ連に対する威嚇行為もあったろうし・・単なる実験の一つに過ぎない。
ウランとプルトウム・2種類落としたのもその証拠ではないのか・・
 
原爆開発に大きく関わり「エノラ・ゲイ」の機長でもあった
ポール・ティベッツ大佐がユダヤ系アメリカ人であったということ・・
その母親の名前が・・「エノラ・ゲイ」・ディベッツであったということ・・
アメリカでは英雄扱いだったそうな・・・・

  • 顔アイコン

    先頃旅して見た、広島・原爆資料館のパネルや映像は、正直正視出来ない酷さで、改めて原爆の恐ろしさを再認識させられました。
    生きたまま高熱に焼かれ、身体が溶けだした人々!
    水!を求め叫ぶ人々!!

    戦争を早く終結させたかったアメリカ。。。
    (ソ連が侵攻してくるのが時間の問題だったから)
    そして、悪魔の原爆投与が実行されたのは、黄色人種であり、アジアだから出来た(蔑視)とも云われてますね。
    NHK番組は観てないのですが〜
    哀しいことに〜被爆者でない限りどこか皆、人ごとなんですよね。。。

    人間の歩んだ負の軌跡を考えさせられました。

    スプーン

    2011/8/9(火) 午後 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    戦後、日本が日本でなくなってから66年、今もアメリカの手のひらで踊らされているこの国を見ると情けなくなりますね。しかも唯一の被爆国である日本が再び直面しているのが原発問題とは・・・もう悪夢としか言いようがありません。今後どうなるにせよ、映画のように伝えなければならないことは沢山ありますね。
    「黒い雨」を観たのはもう20年以上前なので微かな記憶しかありませんが、これを機に見直すべき作品かも知れません。

    広島を訪れたのは子供の頃だったので、また改めて足を運ばねばと思う今日この頃です。。。

    ZOLA♪

    2011/8/10(水) 午前 1:06

    返信する
  • 顔アイコン

    先日、原爆投下の情報をつかんでいながら最終的に国民に
    知らされなかったことを知りました。
    せめて・・せめて・・警報だけでも鳴らしてくれていたら・・
    どれだけの人の命が助かったでしょう。
    悲しくて無念でなりませんでした。
    ほんとみんな戦争のことに無関心すぎますよね。
    忘却が一番コワイです。
    情報隠ぺいに関しては今の原発と重なりますね。

    car*ou*he*ak

    2011/8/10(水) 午後 10:19

    返信する
  • 顔アイコン

    鍵さま、申し訳ありませんが傑作のみ頂いても、
    それだけが望みなのでしたらお断りさせてください。

    sanae

    2011/8/11(木) 午後 0:50

    返信する
  • 顔アイコン

    すぷーんさん、初めてみられたのでしょうねぇ・・
    うちらは、同じ九州というのもあるでしょうが・
    修学旅行で皆行くのが普通の感覚だったので・
    せめて日本国内だけでも、その現実を伝えて欲しいと思います。

    sanae

    2011/8/11(木) 午後 0:55

    返信する
  • 顔アイコン

    ZORAさん、そうですよね・同盟国なんて言ってますけど
    要望書ばかり差し出すのが同盟国と呼べるのか?
    黒い雨のDVDがなかったのにはガックリでした・
    新規入荷があるのを期待したいですけど・・?

    sanae

    2011/8/11(木) 午後 2:22

    返信する
  • 顔アイコン

    カルさん、私はそちら見ていないのですが・
    記事にしてくれていたので、だいたい把握できてよかったです。
    原発もそうですが、人々の無関心はもうどうにもならないのでしょうか・・
    国が違えば、暴動が起きても不思議じゃない事故なのに・大人し過ぎますね。
    記事の内容は違いますが、同じ原爆関連ということでTBしました。

    sanae

    2011/8/11(木) 午後 2:28

    返信する
  • sanaeさん、こんにちは。

    アメリカが朝鮮半島にも原爆を投下予定だったのですか?
    連合軍と戦ったのは日本を含めた日独伊三国同盟ですね。

    日本はアメリカに拘らず民度の高いドイツとイタリアと繋がっていて欲しいです。

    アメリカには原爆を投下したことを反省してほしいです。

    [ ひまわり001 ]

    2011/8/15(月) 午後 2:44

    返信する
  • 顔アイコン

    いくちゃん、映画「黒い雨」の最後の方で・
    ラジオから流れていた声が、そのように伝えていたんです。

    南北に分断されたのも米=ロシアの思惑でしょう。
    北はロシア、南は米が頂き・・みたいな・・
    韓日ともに、米に左右される国だという事を若者は解っていない。
    日本人が平和ボケで、のほほんとしていた間も・
    韓国兵士はベトナム戦争にも駆り出されていますからね。
    米に拘るも何も・・それが戦争に負けた日本の・・運命?
    とにかく、韓国も米の傘下であり・掌に乗せられてる国ですよ。
    大きな視野で物事見れば、どこが悪なのか見えるのでは?
    正義の名の元には何でもOKなんでしょうから・・原爆投下も・・

    sanae

    2011/8/16(火) 午後 2:01

    返信する
  • 原爆投下に関しては、未だにいろいろ議論されている
    ようですね。とうのアメリカの中でも、まぁ〜一部の
    人だとは思いますが…原爆は投下するべきではなかっ
    たという意見。

    最近のニュースで、南米人を使って性病だったかの人体実験を
    していて、かなりの数の人間が亡くなっていることに遺憾を覚
    えて、オバマ大統領がその国の大統領に謝罪をしたそうですが…。

    何か、いくら戦争といえども・・・確かに日本が先に起こしたけ
    れど〜原爆を落とさなくても、日本は劣勢で負けは目に見えて
    いたのにも関わらず、止めのため?というか、先の人体実験の
    ニュースと重なりますけれど、ただ原爆の威力を試したかった
    だけなんでしょう。これは、酷い行為と言わざるをえません。

    Saranheyo

    2011/8/31(水) 午後 7:04

    返信する
  • 顔アイコン

    さらんへよさん、アメリカでそのような発言をすることは
    とても勇気のいることだと思いますよ。
    そのニュース知りませんでしたが、本当にそんな酷い事があるのですね。

    日本が先に起こしたという認識はないのですが・・
    真珠湾攻撃されて、アメリカのプライド?は相当傷ついたでしょう。
    新兵器を作った以上、使わない手はなかったのでしょうねぇ・
    その威力、核の脅威を全世界に知らしめたアメリカ・広がる核の脅威・
    核拡散防止条約、自分のとこはよくて他はダメなんておかしいと思います。
    まずは、お手本を示してからでないと・・

    sanae

    2011/9/1(木) 午前 7:10

    返信する
  • 本来なら、アメリカにはせめて謝罪してもらいたいものです。謝ったとて、許されるわけでもなく、失われた命は返ってきませんが。
    原爆を作った科学者のなかには、作ったことが大変な誤りだったと公言したひともいたかと思います。それがアメリカ全体の考えであるべきですが、そうでもないようで、さすが戦勝国。日本は韓国中国に謝罪を繰り返していますが、アメリカがいっさい謝罪していないことは、極めておかしなことだと思います。
    もちろん日本がまず真珠湾に奇襲をかけて民間人を巻き込んだことや、南京大虐殺などの日本軍の行いが、アメリカに、「日本人のような残忍なやつらには、原爆の実験材料にしても構わない」という意識を助長したかもしれませんが・・。
    国を敗戦に導いた軍上層部が裁かれたことについては何とも申しませんが、しかし広島や長崎の一般市民を虐殺することは、南京大虐殺と同様の大犯罪だと、憤りを感じます。
    日本政府は南京大虐殺などの事実を認め、謝罪しているというのに。戦勝国は、アメリカは原爆、ロシアは北方領土の略取、どちらも罪を認めぬまま。ていうか、アメリカ人も、自分達で自分達の罪に気づいてほしいです。

    スピノザ

    2011/10/1(土) 午後 5:30

    返信する
  • 顔アイコン

    スピノサさん、アメリカに狙われたらどうにもならないのかも!
    平和にみえる現代ですが、やはり日本は影で操られているみたい。
    真珠湾にしたって、何の理由もなく特攻襲撃する筈がなくて・
    日本という国が消えてしまうくらいの要望を出されてしまえば・
    追い詰められた側としては、やむを得ずの襲撃だったのかも知れません。
    あちら側にしてみれば、原爆投下の為には格好の理由が出来たのかも。
    それこそ、原爆投下後日本が降参した時は祝杯騒ぎじゃなかったのでしょうか。
    アメリカは、戦争し続けることでしか大国を維持できないのでしょうか。
    また、正義?の為の戦争を由とする国民性もどうなんでしょう。
    反戦を唱えると、何か大きな力でねじ伏せられてしまう。

    sanae

    2011/10/2(日) 午後 2:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事