ここから本文です
伊勢っ子トレジャーズ
なにが 君の しあわせ なにをして よろこぶ〜♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2012年 6月10日(日) 一時ガス
 
梅雨入り宣言したけど、今日は曇り予報。行けるときに山に行っておこうー。

コース:木梶林道鳴滝手前P―地蔵谷出合―地蔵谷左股―赤ゾレ山―馬駈辻-国見山―ボンサイ平―馬駈辻
     ―馬駈ヶ場―木梶山―木梶林道鳴滝手前P
 
イメージ 1
地蔵谷出合いから地蔵谷へ
イメージ 11
緩やかな傾斜の谷で水量も少なく歩きやすい
イメージ 2
 新緑がきれいで、水の音を聴きながら歩く、思ったほど虫がいなかった
イメージ 8
得体の知れないキノコ。

イメージ 9
 ここだけ、少し上がりにくい感じ。気をつけて!

イメージ 10
 稜線に向かって登ろう〜。

イメージ 36
稜線に上がったらガスが出てきた。

イメージ 37
枯れた木にキツツキが、まーるく穴を掘っていた。凄い上手、ま〜るまる。 

イメージ 12
赤ゾレ山山頂 数人の登山者さんがいた。

イメージ 40
山頂のカラマツ、ここのカラマツは植林らしい。 

イメージ 41
山頂の斜面にはレンゲツツジが咲いていた。花を見つけると嬉しいな!

イメージ 13
山頂にいた登山者さんは少し下って広くなったところで休憩するみたいだ。 さなりんは姫池に行くよ。

イメージ 14
赤ゾレ、姫池。
ピース!  横にみえる方はトレりんのお知り合いの方だった。
きれいな写真を撮られる写真家さんだ。重い機材を持たれて山に登るなんて凄いな。
「池ハートに見えないよ〜。」って言ってたら、「向こうから見たらハートにみえるよ。」って教えてくれました。

イメージ 3
見える、見えるハートにみえる
 
 
 
イメージ 4
少し水が少ないね。 
イメージ 5 考え中。
イメージ 6
もう一つの池 。ここにはカエルの卵からかえったばかりのオタマジャクシがいた。 
イメージ 7
気持ちいいなぁ、レンゲツツジの咲いてるところで休憩 
イメージ 15
少しガスが出てきて、幻想的。
イメージ 27
馬駈ヶ場
イメージ 28
 
イメージ 29
二等三角点のある国見山1418.7m
イメージ 30
グーさんによって整備されたという国見若水を頂こう〜。冷たくて美味しいよ!
イメージ 31
ギンリョウソウが咲いていた。
イメージ 32
この間、登った桧塚奥峰、マナコ谷コースの尾根が見えた
イメージ 33
ボンサイ平に到着、ここでお昼にしましょう。
イメージ 16
幻の池があった。池というよりヌタ場かな。
イメージ 17
また、キノコ。どれも食べられないんだろうな。
イメージ 18
モスキートネットを張っている、これで虫対策OKだね。

イメージ 43
モスキートネットを張った近くの木に孵化したばかりのセミが止まっていた。
きれいな色のセミ、まったく動かないよ。
イメージ 19
御神木
イメージ 20
御神木のお腹の所に筒がありその中のノートに、メッセージを残せるようになっている。
イメージ 21
ノートを開けてみると、数々のメッセージがあった。
その中には、さなりんが知っている人の名前もあった。
イメージ 22
さなりんも記入した。
イメージ 23
レンゲツツジがいっぱい咲いていて、少し興奮気味、庭園みたいにきれいね。
イメージ 45
木梶山の方へイメージ 44
視界が開けると雲ヶ瀬山、高見山が見えた。
イメージ 24
もう少し登ると木梶山だ。
イメージ 25
さなりんのスタート地点は伐採してあった山の斜面が見えるところ、「まだ、あそこまで遠いね^^」
イメージ 26
歩いてきた道を振り返る。結構歩いた感じする。
イメージ 34
木梶山に到着、三等三角点があった。
イメージ 35
後は植林を下りるだけ。
 
イメージ 38
思ったより早く下りられた。
ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい! 

イメージ 39
駐車地までの帰り道、まだ遊び足りないのか・・木の花びら散らしているよ。 (^-^)
 
ガスはあったけど雨にも降られずに、たっぷりと歩けました。
6月の新緑の谷、レンゲツツジの群生、ハートが可愛い赤ゾレ池、悠久の昔から変わっていないようなボンサイ平、どこも素晴らしい雰囲気のある場所でした。また、行きたいな!
 
ルートログ
イメージ 42

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事