四季の畦道

人はこの自然の恵みで生きている。

全体表示

[ リスト ]

梅雨空

今日の空はピエロ
朝から重苦しい灰色が全体を蔽い「夏空は無理か」そう思わせる朝の表情、
「朝から元気がないね」その割には蒸し暑く、陽射しがないからその分外はましか、そう思い自転車を走らせ、いつもの駐輪Spotに停め歩き始めると灰色の雲間から日差しが落ち、
気温が上がり更に蒸し暑さが加わり暑い、
「この暑さは堪らない」思わず逃げ込んだ桜の大木下、陽射しは遮られホッとする、
川面を渡る風はないけれど何となく涼しく感じる木陰。
 
今日の空
 
陽射しを避け
堤に植えられた桜並木の木陰に坐り
風を拾い
暑さを冷まし
河の流れをみながら思う
梅雨明け
 
求める梅雨明けはいまだに遠く
今日も迷いが空に広がって
数滴の涙をパラ・・と落とし
「雨か」
そう思わせ直ぐに元の顔に戻る今日の空。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事