Seattle Walker

すべて表示

University of Washington その2

イメージ 1

Red Square

Parringtonの前にある円形の道路(ここがMemorial Wayの端です)を、広場のほうに出ます。
このレンガの広場は、そのもの「Red Square」と呼ばれています(1972年に完成)。
この広場の中心となっているのが、Barnett Newmanという抽象画家の作品である”Broken Obelisk”です。

広場に入ってまず右にあるのが学部生用の図書館。
こちらも無線LAN完備またマッキントッシュのPCも使える図書館です。
ロビーに吊られているスーツのモニュメントも可愛らしく、また真ん中の大階段と吹き抜けによって空間の広がりが感じられるつくりになっている図書館です。
左手にある少し冷たい印象の建物がKane Hallです。レンガ風の壁と木のドアが重厚感のある建物内部には、Walker-Armes Roomというホールが入っています。


イメージ 2

Suzzallo Library

大学の建物の中でも「prettiest!」と評判が高いのがこのSuzzallo Libraryです(1923-27年設立)。
この図書館がオープンしたとき、生徒達は「Cathedral of books(本の大聖堂)」と呼んだそうですが、その名の通り外観も中身も教会のようです。
入り口上部の3つの彫像はAllan Clarkというタコマの彫刻家の作品で、”Mastery(熟達)”“Inspilation(ひらめき)”“Thought(思考)”をあらわしています。


中に入り、お城のような階段を登ると建物の正面側に読書室があります。
本当に大聖堂、といった感じです。
勉強している学生がいるので写真は取れませんでしたが、是非実際に見ていただきたい場所です。
こんな場所で読書や勉強ができるUWの生徒がうらやましいですね!

また階段などで見ることができるステンドグラスも美しく、「prettiest」といわれるゆえんでしょう。1Fの階段横にはトイレがあり、その手前には可愛いリスのステンドグラスなどもはめ込まれています。

ちなみにこのSuzzallo LibraryはAllen Libraryという図書館とつながっています。
これはビル・ゲイツとともにマイクロソフト社を立ち上げたUWのOBであるポール・アレンが建てたもの、またSuzzalloのすぐ裏にあるMary Gatesという建物は、ビル・ゲイツが母親にちなんで建てた建物で、現在は一般教養の教室となっています。
(入ってすぐの部屋ではMaryの肖像画も見ることができます)二人とも、初めてビジネスを立ち上げたUWという場に相当の思い入れをもっているのでしょう。


イメージ 3

Rainier Vista

Suzzalloを出て左に曲がり、噴水が見えるほうへ向かいます。
この噴水がDrumheller Fountainで、そこに至る道がRainier Vistaです。
天気が良い日はここからマウント・レーニアをのぞむことができます。
この噴水は水がたまっている部分(プール)が非常に大きく、よく上級生が新入生を突き落として遊んで(?)いたことから、「Frosh(新入生) Pool」とも呼ばれています。

噴水の周りに美しく咲く色とりどりのバラは、折ると警察に逮捕されるそうなのでくれぐれもご用心を。


イメージ 4

Sylvan Theater

噴水から、子供達が走り回ったり学生が昼寝をしている芝生の広場に沿った道をまっすぐ下ります。
左手には森が見えていますが、芝生が途切れて目の前を横切る道路に行き当たったら左手の森のほうへ歩いてみてください。
道路沿いに、森の中のトンネルといった感じの小道と「Sylvan Grove Theater」と彫られた石が見つかったら、そのトンネルを入っていきます。


急に目の前が開けて、芝生の広場と少し高くなっているステージ、そして4本の白い柱が目に入ってきます。
外の喧騒から切り離された、不思議な空間が広がっています。
このミステリアスな秘密の花園のような場所が「Sylvan Theater」で、ブルース・リーがUWの学生だったころにカンフーのレッスンをしていた場所です。
(UWの学生でも知らない人が多い事実です。実はこの場所の存在すらもあまり知られていない穴場です!)

白い4本の柱は、UWが昔ダウンタウンに持っていた校舎に使われていた柱だそうです。


イメージ 5

Medicinal Herb Garden

Sylvan Theaterを出て、そのまま弓なりになっている道路(Stevens Way)を右手に進んでいきます。
バス停があるあたりまで歩くと、花がたくさん植わっている庭に出くわします。
ここはMedical Herb Gardenといって、1911年に薬学部ができた際、薬学的に重視されていたハーブなど600種をここに植えたのが始まりです。
残念ながら効能は書いてありませんが、それぞれの花やハーブには名前のプレートが付けられています。

※もし、学校探検に疲れた人はここのバス停から歩き始めた北門や、その他の場所に移動することができます。
ここまでで距離的には3分の2ですね。


イメージ 6

Physics/Astronomy Complex

Medical Herb Gardenを出て、そのままStevens Wayを歩いていくと、左手にガラス製のドームを備えた赤茶色の建物が見えます。
ここは1996年にできたPhysics/Astronomy Complex(物理・天文学棟)です。
中に入ると階段が奥まで続いており、湖を望むことができます。
(山の向こうに、Space Needleの先っぽも見えます)また校舎の壁には写真のように、物理学の公式が彫られています。
ユニークですね。


イメージ 7

Cunningham Hall

Physics/Astronomy Complexを出て、Stevens Wayをさらに左手に歩いていくと、右手に小さな白い建物が見えます。
これがCunningham Hallといい、1909年にシアトルの人口が10万人を超えた際UWを会場として開かれた巨大なお祭り、「Alaska-Yukon-Pacific Exposition(AYP)」の際に女性のために建てられた建物です。
AYPは当時のUWの学長であるEdmond Meanyがホストとして開催したもので、Rainier Vistaもその際に作られました。
アラスカをテーマとしているのは、シアトルの発展にはアラスカとの貿易とKlondike gold rush(ゴールドラッシュ)が大きく寄与したから。
AYPの夜には2万もの電飾で建物が飾られ、それは美しい眺めだったそうです。


イメージ 8

Architecture Hall

CunninghamからStevens wayをはさんで向かいにあるのがArchitecture Hallです。
建築学科だけあって重厚な建物です。
ここの2階にある”Design Coffee Shop”というコーヒーショップは学生による運営で、1960年代、しぶる大学に打ち勝って運営が始められました。
タリーズの豆を使っています。
廊下の壁には昔の生徒がデザインした建物の設計図なども展示されていますので、良ければ中に入って楽しんでみてください。


イメージ 9

Henry Art Gallery

Architecture Hallを出て左に曲がり、大きな通りに出たところで前方にまっすぐ進みます。
すると左手にHenry ArtGalleryが現れます。
これは元々はシアトルにまだ美術館がなかった1926年に、不動産や鉄道などをもつC.Henry男爵が自らのコレクションを人に見せるために建てたものです。
ガラスとアルミニウムでできたモダンな別館は、1996年に加えられたもので、それによって3万平方フィートの広さが増えより多くの現代的な芸術作品を楽しめるようになっています。
木曜の夜には入場が無料となりますので是非その際に!それ以外は入場料$8がかかります。


さて、赴きある大学内はこのあたりにして、ショッピングや食事が楽しい学生街へと向かいましょう。


イメージ 10

University Ave.

Henry Art Garellyが面している大きな道路(15th Ave.)をわたり、もう一本奥に入ったところの通りが通称Avenueと呼ばれる学生街です。
シアトルらしくたくさんのカフェ、そして各国料理のレストランが軒を連ねます。
日本、韓国、インド、タイ、ベトナム、中華、イタリアン、そしてハンバーガーにピザ。ものすごい量がでますが、大体の店で余りをもってかえることができます。

もちろん大きな本屋さんや古本屋、怪しげな日本の雑貨を売っている店やタワーレコードまであります。薬局もありますし雑貨もそろいます!

洋服も多少売っている店があります。中でもBuffaroという古着屋は、安くてクオリティも高くお得ですので是非覗いてみてください。



多くの学生がお茶したりショッピングしたりしてすごしています。
ランチは大体11時以降になりますのでご注意を!


南北に走るAvenueを北のほうに向かって歩き、45th Streetで右に折れると、歩き始めた北門に戻ります。
(お店は45th以降も続きますのでどうぞ寄り道を楽しんでくださいね。)

その他の最新記事

すべて表示

Obama takes power, u...

2009/1/21(水) 午前 9:00

President Barack Obama walks down Pennsylvania Avenue with his wife Michelle Obama on their way to the White House in Wa ...すべて表示すべて表示

ご無沙汰しています、、、

2009/1/5(月) 午前 0:58

日本ではそろそろお正月休みもお終い、、、 そろそろ勉強に、お仕事にといそがしい日々が始まる頃ですね。 私は、今日は日曜日ということで、少しのんびりできそう♪ 久し振りに皆さんの所に訪問したいなと思っています。 ...すべて表示すべて表示

A Happy New Year♪

2009/1/1(木) 午後 11:53

新年、明けまして、おめでとうございます。 旧年中はいろいろとお世話になりました。 本年もよろしくお願い致します。 今年は、アメリカにとっても私にとってもCHANGEの年になりそうです。 皆様にはどんな年になる ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事