全体表示

[ リスト ]

いろいろと、説明してきましたが、では、実際にドロップシップをはじめるには、どうすればいいのでしょうか?

ドロップシップ自体は、単純な仕組みです。

自分が売りたい商品を、販売して、その代金を受け取った段階で、ドロップシッパーに出荷を依頼する。

そうすると、ドロップシッパーはあなたの名前で、商品を出荷して、請求書をあなたに回す。

あなたは、商品の到着を確認して、支払いをする。

これ以降の、クレーム処理は、ドロップシッパーがすべて対応してくれます。

唯一返品の場合だけ、取り決めに基づき、あなたが処理をしないといけなくなるということです。

こう考えると、ドロップシッパーさえしっかりしていれば、何の問題も無いように思われます。

でも、現実には、このドロップシッパーをそう選ぶかが大問題なわけですね。

サーチエンジンで検索すると、それこそかなりの数のドロップシッパーが見つかります。

でも、その会社がしっかりした会社かどうかを判断する方法はあるでしょうか?

ウェブサイトで見ている限りは、かなりしっかりした会社に見えますが、その実態は数人の小さな会社?

その確認などできるはずはありません。

しかも、美辞麗句を並べて、メンバーになることを勧めます。

ちょっと待ってくださいね。

私が最初に説明した事を思い出してください。

本当のドロップシッパーは、入会金のようなものは要求しません。

もし、その会社が、それを要求するとしたら、それはかなり怪しい会社だと思っていただいて結構です。

そんな会社に引っかかるとどうなるか?

ご想像にお任せしますが、きらびやかに飾り立てている、取扱商品はほとんどなし?

あったとしても、ごく少数のアイテムだけ・・・

同じ商品を同じ価格で仕入れて、同じように売っても売れるわけがないのは自明の理ですよね。

でも、ひどいドロップシッパー、言い換えると、単なる仲買人に引っかかるとそうなります。

そんな業者に限って、更なるプレミアのある商品を手に入れるためには、会員のランクの引き上げを勧めてきます。

もうこうなると、際限なしですね。

そこで、サンディは、どうすればこの問題を解決できるかを考えてみました。

その解決方法の1つが、今から申し上げる方法です。

もし、あなたが何かの商品を取り扱いとしますね。

その事をサンディまで連絡してください。

そうすると、サンディは、あなた宛に、その商品を取り扱っているドロップシッパーをご紹介します。

あなたは、ウェブサイトでその業者の取扱商品をチェックしてください。

もし気に入れば、その事をサンディに連絡してください。

サンディが商品の手配をお手伝いします。

そのお手伝いに対して、規定の手数料を請求させていただきます。

もし、気に入らない場合は、その理由を教えていただければ、ご希望に沿える業者を探します。

このシステムですと、あなたが気に入る業者に出会うまでは、リスクゼロ。

如何でしょうか?こんなシステムは・・・

次回では、この規定の手数料について詳しく説明しますね。

閉じる コメント(2)

なるほど〜、さすが合理的な国のシステムですね!その中に信用も生まれる仕組みを組んでいるわけですね

2006/5/1(月) 午前 11:36 [ - ] 返信する

見極める目が必要になってきますねぇ。。。(^^:)

2006/5/1(月) 午後 1:08 マグ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事