全体表示

[ リスト ]

今の時間は1月28日月曜日午後1時前、お天気は雨(><)最低気温は1度。最高気温は5度です。

相変わらず寒い、、、

その上に、ブログの写真の保管容量が限界まで、、、

昨日は、どう対応したら良いか解決策を考えてない知恵を絞っていました。

これは、考えてみたら大変な事態、、、

新しいブログを立ち上げるのが一番手っ取り早いのは分かりますが・・・

でも、せっかくここまで頑張ってきたのだから、このブログにも未練があるし。

もう少し時間をいただいて、私なりの結論を出したいと思います。

その間、少し私のブログもパワーダウンしますが、見捨てないで下さいね。

きっと、必殺技で復活しますから(笑)



本日の話題は、京都発の面白い新聞記事から。

お茶を世界へって素敵なアイデアですね。

これは、私のビジネスにも参考になるかも。

確かに、アメリカで手に入るお茶、高いし怪しいものが多いのは事実です。

さっそく、この商品のリサーチもはじめなくては。

どなたか、お茶の販売で素敵なアイデアをお持ちの方、おられませんか?

おられたら、ぜひいろいろと教えていただけたらと思います。



ネットビジネスの新しい可能性を求めて・・・Virtual Office Service サンディ





 宇治茶の主産地、京都府和束町の若手茶農家グループ「京都おぶぶ茶苑」が、「全世界、送料無料」と銘打って茶葉をネット販売する英語版ホームページ(HP)を28日、立ち上げた。

 「かさばらない」「軽い」という茶葉の特徴を生かして郵送にすることで、流通段階でかかる経費を料金に含めた。2月にはメンバー2人が米国の4都市を巡り、宣伝の催しを行う。口コミとネットを組み合わせて、和束の茶を世界に売り込む狙いだ。

 おぶぶ茶苑は、2004年3月に3人で発足。京言葉で茶を表す「おぶぶ」から名付けた。町内各地の計1・5ヘクタールの茶畑を借り受け、代表を務める新規就農の喜多章浩さん(32)が栽培と製茶、会社員から転職した松本靖治さん(33)がネット販売などの営業、竹内加代さん(33)が発送など事務を担当している。

 国内を対象にしたネット販売と別に、一昨年から米国のカフェ3店舗にも茶を卸している。その茶の評判が上々で、米国ではハーブ茶ブームもあることから、「新鮮な製品を手軽に取り寄せられるネット販売の需要は、海外でも高いのでは」(松本さん)と思いたち、英語版を作った。

 煎(せん)茶(100グラム詰め28ドル)、ほうじ茶(同15ドル)、玄米茶、抹茶など16種類を扱う。郵送できる116カ国が対象。農協→産地問屋→輸出商社→輸入商社→小売店という数カ月かかる流通ルートを省略できるため、数日で着くうえ、料金も現地での代金より少し安めに抑えられるという。

 松本さんが2月7日から28日まで訪米し、喜多さんも一部同行する。コロンバス(オハイオ州)、ボルダー(コロラド州)、サンディエゴ(カリフォルニア州)で、日本語学校や日系企業の工場に通う人の家、周辺のカフェなどで「日本茶パーティー」を開いたり、茶の説明を兼ねた試飲会を催す。シアトル(ワシントン州)では、世界的な喫茶店チェーンの本部にも売り込みをかける予定だ。

 松本さんは「価格が一定で、早く届くから、日本国内と同じ茶を安心して飲んでもらうことができる。茶の文化も一緒に伝えたい」。喜多さんは「日本の宇治茶の主産地『和束』の銘柄を世界に売り込みたい。味の良さを知ってほしい」と意気込んでいる。英語版は、京都おぶぶ茶苑の日本語版HPから見ることができる。アドレスはhttp://www.obubu.com/

閉じる コメント(50)

顔アイコン

メメさん、お茶が海外で受け入れられるには文化として説明する必要があるかも。
さて、それが出来るかどうかですね。
もう少し様子を見たいと思います。

2008/1/30(水) 午前 7:24 サンディ 返信する

顔アイコン

NANAさん、それもひとつの方法ですね。
でも、管理が大変でしょうね。
私は、このブログのメンテだけで精一杯・・・
今のところ増やすことは考えられないですね。

2008/1/30(水) 午前 7:26 サンディ 返信する

顔アイコン

寅さん、頑張りますね。
さて、どうするべきか、いろいろとテストしています。

2008/1/30(水) 午前 7:28 サンディ 返信する

顔アイコン

ガーデン尾の上さん、今いろいろと試しています。
もう少し時間を下さいね。

2008/1/30(水) 午前 7:30 サンディ 返信する

顔アイコン

チコちゃん、ありがとうございます。
頑張りたいと思います。
今しばらく時間を下さいね。

2008/1/30(水) 午前 7:32 サンディ 返信する

顔アイコン

ペンちゃん、がんばります。
ありがとうございます。

2008/1/30(水) 午前 7:34 サンディ 返信する

顔アイコン

Primoさん、それも考えているのですが、現実問題となるとね???
なかなか大変そうです。
違う方法を考えないとね。

2008/1/30(水) 午前 7:35 サンディ 返信する

顔アイコン

naniさん、お役に立ててよかったです。
美味しいお茶を楽しんでくださいね。

2008/1/30(水) 午前 7:37 サンディ 返信する

顔アイコン

和束・・懐かしい響きですな〜和束で昔アメフトの合宿した思い出があるもんで。。

2008/1/30(水) 午前 7:58 地蔵さん 返信する

顔アイコン

あ、そうか容量あるんですよねー。一応。私もチェックしておかないと。明日はわが身だわ:p

2008/1/30(水) 午前 9:43 [ mad**cks ] 返信する

和の心いいですね〜!!!!
こうゆう企業ダイスキです!!
応援したくなっちゃいます・・・何もできんがね(苦)

2008/1/30(水) 午後 4:52 チエ 返信する

顔アイコン

Yu1roさん、これは地名でもあるのですか。
それは知らなかった。
またひとつ賢くなったかも、ありがとうございます。

2008/1/31(木) 午前 8:32 サンディ 返信する

顔アイコン

madducksさん、調べるといってもね、調べようがない、、、
それが問題かも。

2008/1/31(木) 午前 8:36 サンディ 返信する

顔アイコン

チエさん、お気持ちだけで充分です。
彼らもきっと喜んでいると思いますよ。

2008/1/31(木) 午前 8:40 サンディ 返信する

記事一覧で「和束」て文字を見つけて「まさか・・・」って思ったら!ぎゃ〜!!うちの近所じゃないですか!!和束町はお茶しかない超田舎ですよ♪♪みなさん京都のお茶、お飲みやす〜☆美味しいどすえ〜vv

2008/1/31(木) 午後 5:33 NAO 返信する

そういえば,海外で日本茶はなかなか手に入りませんね。海外在住の人も,日本から持って帰ったり持って行ったりすることが多いように思います。海外はいい市場かもしれませんね。(*^_^*)

2008/1/31(木) 午後 7:12 みんと 返信する

顔アイコン

NAOさん、そうなんですか???
偶然ですね。
あなたの街から世界に向けて、素晴らしいことですね。

2008/2/1(金) 午前 5:54 サンディ 返信する

顔アイコン

みんとさん、その通りです。
何か訳の分からないお茶を売っていますから(笑)

2008/2/1(金) 午前 5:56 サンディ 返信する

僕もお茶が大好きで日本茶・中国茶・紅茶問わずに飲んでます。
実は茶道部の部長でもあるのです!(笑)
ヨーロッパとかアメリカとかの人のお茶の認識具合に興味あり!です。
向こうの人はお茶を茶筅で点てたりするのでしょうか?
表千家とか裏千家とかあるいは中国茶とごっちゃごちゃになってないといいのですが………

2008/2/1(金) 午後 4:25 [ BASKET ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。(ですかね?きっと。。。)
京都おぶぶ茶苑の松本と申します。

このたびは、ブログにておぶぶのお茶をご紹介くださり、本当にありがとうございます。
(ご連絡が大変遅くなって申し訳ございません!)

そして、こちらのページでご紹介させていただきました!
http://www.obubu.com/hpgen/HPB/entries/245.html

僕たちの活動を取り上げてくださり、
本当にうれしく思います。

これからも、サンディさんに楽しんでもらえるような
活動を続けられるように、努力していきますね。


また、お茶や和菓子、茶器がお入用でしたら、お気軽にご用命くださいね。
(サービスしちゃいますからっ!!)

ありがとうございました!!

京都より
おぶぶ松本

2008/7/19(土) 午前 10:16 obu*u*ta*f 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事