やまねこのブログ

北海道の山の道を見ています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


今期の小笠原業務もぼちぼち進んでいます。
父島での作業は千尋岩へのルートに移りました。

雨季にはとてもぬかるむ場所を何とかしてくれと言われ、やってみました。
自分は道の真ん中に木道がドーンとあるような施工は好きではありません。
実はぬかるんでいる期間は一年中ではなく、乾いているときのほうが多かったりします。
その時に道の真ん中に施工物があると、正直邪魔なんです。
ぬかるむときのエスケープ的なルートであれば良い、という発想で施工しています。

・水は高みと低みがあれば低みに向かって集まる
・道の踏み面自体に勾配があれば水は溜まらずに流れる

などなど、当たり前のことを考えて、自然界にある構造を参考に施工しています。

施工を手伝ってくれた人も、作業前は「何を言っているんだろう?」という表情をしていますが
施工後は「言われてみればあたりまえだ」という表情をしています。
いつもそれがとっても面白いです。

この記事に

開く コメント(0)

今年も小笠原諸島に来ています。
毎年、小笠原村役場からの仕事で来ていましたが、
今年は環境省からの作業も増えました。
「近自然工法」の考え方が少しづ広がっているようでうれしく思います。
イメージ 1

出発の日はとりあえず除雪。
イメージ 2

新千歳空港はかなりの欠航でしたが、さすがは旭川空港、いつも通り。
おがさわら丸で24時間の船旅。ひたすら読書。
イメージ 3

着いたらすぐに下見。
今回のスタートは「オガグワの森」の道つくりです。
外来種がはびこる森を切り開き、在来種を植樹して、
新たな森にしていこうという村民も関わる道つくりです。
昨年から始まり、昨年は村民参加イベントで約100段の階段を作りました。
その時には50人の村民が参加。
その後の植樹イベントや道つくりイベントでは70人から100人の
村民参加があったとか。凄い!!
今回は村民参加イベントはありませんが、
難しい急斜面の歩行路確保を地元の方々と整備します。
イメージ 4

材料は切り出した外来種の倒木。
業者にお願いして長めに切ってもらった間伐材が使い放題です。
イメージ 5

長い!太い!
運搬はたいへんだけど、設置すると安定感抜群です。
イメージ 6

作業は地元の方々を指導しながら、手伝ってもらいながら、という感じ。
イメージ 7

発注者である役場チームは、産業観光課、総務課、環境課、
建設水道課、住民課、財政課等々いろいろな課の方々が入れ替わりで
来てくれます。考えてみるとこれは凄いことですね。
イメージ 8

環境省からも見学に。と言ってもすぐに手伝ってもらいますが・・。
イメージ 9

東京都レンジャーは整備もベテラン。
かなりの部分を任せられます。
イメージ 10

ひたすら玉切り男。頼りになります。
イメージ 11

初めての人は何をしたらかわからない。
だけどできるだけ作業を細かくしていくと、やるべきことが理解できる。
しっかりと戦力になります。
イメージ 12

難しい木材合わせ。
時間はかかっても、地元の人ができるようになることが大事。
イメージ 13

そして、毎年会う方々はようやく自分の性格をわかってきたようです。
「この人ダメ出しがものすごい!!」
毎年行く斜里岳などでも言われますが、地元の人がした施工でも
「ニコニコしながら全否定する」とか「少し違うと言いつつ全部直す」とか。

そうなんです。自分はダメだと思ったら否定をする男。
すべてに「イイね」と言っていれば好まれるけど、道はダメになる。
どんなに嫌われてもダメなものはダメと言います。
その場で出来る全力を投入します。

だけど、そうでなければならないということも、わかってくれていると思います。
イメージ 14

そんなこんなで厳しい斜面にバッチリ階段が出来ました。施工前後。
イメージ 25
イメージ 15

ここは老若男女が来るところ。
「なんとか歩ける」ではなく「安心して歩ける」施工を。
イメージ 16
イメージ 17

大木の根をイメージした階段工。
どれが根なのか、施工物なのかわからないほど自然な仕上がり。
イメージ 18

石材の代わりに玉切りにした丸太を使用。
イメージ 19

スロープにも小段をつけてもらうなど、細かい配慮。
ちょっとした説明しかしなかったけど、よくここまで仕上げてくれました。
イメージ 26

太い木って良いなぁ。安定感抜群。
杭はもちろん、カスガイもほとんど使わなくて良かった。
埋めたり引っ掛けたりするだけで杭施工よりも強度が出ます。
イメージ 20

階段をカーブさせ、斜度を緩くし、踏み面を広く見せ、安心感ある階段に。
イメージ 21

地元の人が「これはイイね」と言ってくれるのがありがたい。
イメージ 22

良い森の道になりそうです。
イメージ 23

それにしても人が多いんだよなぁ。指示出しがタイヘンなんだよなぁ。
イメージ 24
冬にも施工ができる環境を作ってくれることに感謝。
技術を高め、アイデアを広げたいと思います。
何よりも楽しいからイイですね。

この記事に

開く コメント(0)

またまた徳島剣山

9月10日から3年目になる徳島の剣山に来ています。

イメージ 1

徳島県からの作業依頼。
地元の林業会社ウッドピアさんが受注し、施工指導として3年目になります。
徳島県知事は山好きの方で、毎年剣山に登るとか。
イメージ 2
まずは今までの施工箇所の点検から。
イメージ 4
ウッドピアさんには昔ながらの土方がいます。
今時は作業機械を使えると技術があると言われますが、
自分はそれだけとは思わない。
シンプルな道具を使いこなし、アイデアがあり、タフであること。
最近の現場ではそういう人は見かけなくなりましたが、
ここには生き残りがいます。いつもこちらが勉強になるほど。

イメージ 3
その土方が「なんやよう馴染んどるわ〜」「たいしたもんや〜」
と言っていたのでとりあえず安心しました。
イメージ 5
ここ3年の施工は、ほぼ手直しは必要なし。
大雨が少なかったから、ということかもしれませんが。
イメージ 6
いにしえから続く古道・・・。
嘘です。3年前に作りました。馴染んでます。

イメージ 7
この施工はヤシネットが抜群です。
イメージ 8
今にも崩れそうだった場所に、様々な植物が復元しています。

イメージ 9
雨の剣山になっていますが、苔むした感がとてもきれいです。

イメージ 10
良い道だなあ。

イメージ 11
とは言え、今回の任務はここ。
土砂が崩れ続けている場所を止めてくれとのこと。
ハッキリ言って難しい!!

イメージ 12
どうすんだこれは・・。
こういう時は自然を見る。
自分はどうする、ではなくて自然ならばどう成っていくのか。
しばらく周りを観察すると自然はいろいろとヒントをくれました。
初めてのアイデアだけどやってみようと思います。

イメージ 13
あと少しの滞在だけど、
きっと何とかなるべ。

この記事に

開く コメント(0)

カリスマブロガー来宅

とある晴れた日。
小笠原父島在住のカリスマブロガー「オガちゃん」が来てくれました。
イメージ 1
小笠原に住んでいる、本名が小笠原さんなので「オガちゃん」なんです。

毎日のブログを欠かさず十数年。小笠原では知らぬ人がいないほどのブロガーです。
もはや芸の域に達したダジャレと、全国のローカル情報を知り尽くした話術で
とても楽しいツアーをしている自然ガイドが本業です。
オガツアーのブログ

北海道へ上陸したと思ったら、怒涛に北上し、日帰り利尻礼文をし、
旭川におりてきたところを捕まえました。
北海道山岳整備事務所兼、大雪山・山守隊事務所兼、おかファーム事務所の
おかざき自宅に泊まってくれました。
イメージ 2

泊まった翌日がとても天気が良く、山がすっきり見えたので
スタッフとともにそのまま山へ行きました。
イメージ 3

遠くに見えていた山が、すぐそばのところまで歩いてみました。
道はほとんど雪の下です。
イメージ 4

気温はこの程度。
まだまだ吹雪くような日もありますが、晴れていればフリース1枚で暖かいです。
イメージ 12

見晴らしがよい日でした。
イメージ 5

雪の上もけっこうイケてます。
イメージ 6

はじけるオガちゃん
イメージ 7

キツネを見て・・
イメージ 8

ラーメン食べて・・
イメージ 9

オガちゃんinモンベル
イメージ 10

オガちゃんin世界ネコ歩き
イメージ 11
はや足で去っていきました。
スタッフ一同、今なかなかに仕事が進まず、精神的にまいっていたところでした。
オガちゃんの普通の会話に突如入れ込んでくるダジャレは、完全に脱力系です。
良い感じに力が抜けたようです。
ありがとうございました。
今度会うのは小笠原でしょうか。
楽しみです。


この記事に

開く コメント(2)

当麻町も最高気温が20℃を超えるようになりました。

ですが、あさっての最低気温は2℃予想。
寒かったり暑かったりの難しい天候です。

そんな中、トマトは順調に育っているようで、
朝に見回ると葉の先に露をつけるようになりました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
いつ見てもきれいな感じです。

遠くに見える大雪山も
雪が融けたり、また付いたりと日々の変化があります。
イメージ 4

田んぼに水が入り、夕焼けがきれいに見える時期になりました。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
いつ見ても中々飽きないもんです。

犬も元気。
とても人好きなのですが、見た目が大きくて怖いらしく
しっかりと番犬になっています。
イメージ 8
明日も田植え。
外仕事は全力を出せるから楽しいもんです。

この記事に

開く コメント(0)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事