はてなブログ更新情報

すべて表示

『社会改革者(世界解放者)』としてのゴータマ・ブッダ


はてなブログ《仏道修行のゼロポイント》更新

をアップしました。

パーリ仏典を一貫する最重要キーワード
それは『ブラフマン』に他ならない

悪魔パーピマントと梵天(ブラフマン神)との対立
その構図の中から、ゴータマ・ブッダが担っていた
『社会改革者(世界解放者)』
としての使命が浮き彫りになる

『ゴータマ・ブッダ』とは一体
当時の社会にとって『何者』だったのか?

§§§

はてなブログ: 『インド万華鏡』の旅へ
もアップしたのでよろしく。


その他の最新記事

すべて表示

ニルヴァーナとラタ馬車

2017/1/21(土) 午後 5:00

以前、はてなブログの 『ブラフマン』とゴータマ・ブッダ【後編】 で、出家の修行道をラタ馬車に譬える話を取り上げたが、同じ文脈に属する別バージョンを見つけたので、心覚えにここに記しておく。 〜以下引用〜 サンユッタニカーヤ:第一篇 第五章「燃えている」  第六節:天女 尊師いわく、 「その道は『 ...すべて表示すべて表示

現在、古代インド思想における『ブラフマン』概念とゴータマ・ブッダとの相関についてがひとつの中心課題になっており、色々とネット上の情報を漁っている。 中でも英語で主に20世紀前半以前に書かれたものは内容が充実しているのだが、ひとつ面白い論文を発見したのでここに上げておきたい。 題名は 「BRAHMAN : A Study I ...すべて表示すべて表示

古代インド人と祭祀の解剖学

2016/11/29(火) 午後 5:00

これまで私は、本ブログの記述において、古代インド人の『解剖学』的な広範な知識を前提に様々な考察を行ってきた。 それはウパニシャッドやパーリ経典に登場する人体の内部構造に関する記述を見れば一目瞭然と思えたからなのだが、様々な専門家の著作を読んでも、この点に関して特に言及する部分はほとんど見られなかった。 ところが、最近読んだ ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

釈迦牟尼スーパースター 〜仏教のつれづれ〜

ガンダーラの仏像を信州で見てきた

日本でガンダーラ仏のある数少ないところ 「平山郁夫シルクロード美術館」(山梨県・小海線「甲斐小泉」駅)に行ってきた。 平山郁夫画伯の絵には全然興味はな...

アジアのお坊さん番外編& NEWS

奇術とミステリに関する古書店巡りの話

子供の頃、夏休みともなれば、本が読める、たくさん読める、と思って嬉しくなったものなのだが、尤も、本と言っても手品の本や推理小説のことで、今でこそこのブ...


.


みんなの更新記事