全体表示

[ リスト ]

今回も中村元先生の選集:ヴェーダの思想より引用しつつ、色々と考えていきます。
 
アーリヤ人は、知識程度が高まると共に、宇宙はどのようにして創造されたか、という問題に思いを馳せるにいたった。
 
宇宙創造に関する当時の見解は、きわめて大まかに分けるならば、だいたい二種に区分することができる。ひとつは宇宙創造を出生になぞらえるもの、他は建造に比較するものである。
 
前者の例としては神々のあいだに親子関係を認め、能生所生の関係を構成していると考え、また天地自然が種々なる神々から生み出された事を説いている。創造は自分の〈生む〉はたらきとしてしばしば言及されていて、根源としての質量からの生産と発展とに言及している。
 
後者の例としては、神々が天・空・地を測量してその広さを増し、天地を支柱によって強固安定させたという事が、しばしば称賛されている。
 
後者は宇宙創造の動力因を質量から切り離しているのに対し、前者はその二つを同一の原理に帰している。
 
※以上、p397〜398より抜粋。
 
その後中村先生は、このような創造思想は初期にはヴェーダの中に散見されているだけだったが、次第に神々をも超越した根底的な世界原理を探求するに至ったと説明します。
 
そしてリグ・ヴェーダ第10巻に収められているような『哲学的賛歌』において、様々な形でその思索のプロセスが表明され、そこでは、ブリハスパティ、ヴィシュヴァカルマン、ヒラニヤガルバ、プラジャーパティ、原人プルシャなどが世界創造者として説かれていると指摘します。
 
世界の創造展開を、人間(生物)の生殖に重ね合わせ、世界は胎なる虚空に胎児として育まれ、やがて誕生する。
 
そしてもう一つ、世界の創造展開を、神々が天・空・地を測量してその広さを増し、天地を支柱によって強固安定させた、という建造プロセスに負っているという事。
 
後者に関しては、これまで私が繰り返し説明してきた、『車軸なるインドラが天地両輪を分け離し支えた』という神話と重ねて考えると、リアルな心象風景が理解できるでしょう。
 
中村先生がどのように考えていたのかは分かりませんが、この『建造神話』とは、家など建物の建造プロセスではなく、ラタ車の特に輪軸の製造組み立てプロセスと世界の創造を重ねたと考えると、全ての筋が通る気がします。
 
私はリグ・ヴェーダを通読してみていくつか気になる言葉があったのですが、この『測量』というのもそのひとつでした。
 
私たちが一般に『測量』という言葉を聞いた時に何を想像するかというと、それは第一には土地の測量かと思います。けれど、リグ・ヴェーダを奉じたインド・アーリア人は基本的に遊牧の民であり、私たち農耕民と違って、その生活実感の中で土地の測量というものにそれほどの意味を見出していたとは思えない。
 
その上で、彼らが天地両界を二つの車輪と考え、それを分かち支える車軸なる神の存在を夢想していた事に気付くと、ひとつの想定が生まれます。
 
土地に縛られていない彼らも、日常の中できわめて重要な仕事としてあるものの距離を測る、という機会を持っていた。それはすなわち、車輪の製造において、材木の上に設計図を引く、という作業です。
 
この点に関しては、そもそもどのような方法手順によって、彼らがスポーク式車輪を製造していたのか、という事を理解する必要があるのですが、情報はきわめて乏しい。
 
なので、一般論として測量というものの基本を考えると、それはひとつの地点からもうひとつの地点までのロープなどを張って距離を測る、という事になります。当然、距離を測るためには基準となる『単位』が必要です。
 
そして車輪の基本形である、『円』とは、正にこの二点間測量の一方を固定し、それを中心としてもう一方をぐるりと回していくことによって描かれる訳です。つまり円を描くとは、ぐるり360度の『測量』に他ならない。
 
以前別ブログで指摘した事ですが、アルカイムなどに見られるように、インド・アーリア人の母集団は車輪状の環濠都市を築いていた可能性が高い。その場合、都市の設計において、まずやらなければならない事が、正にこの円形測量になります
アルカイムの環状都市。その建造においては円形測量がなされただろう。
 
そして、人口規模が大きくなり、あるいは都市が豊かになるに従ってその円輪の都市は外へと押し広げられていった。
 
そのような日常経験を天界にそして世界全体に重ね合わせて、詩人たちは神々の世界創造を讃えてこのような賛歌を詠った。
 
神々が天・空・地を測量してその広さを増し、天地を支柱によって強固安定させた。
 
これは天と空と地の三界が全て車輪として把握されていたと考えると、非常に理解しやすいのです。もちろん、天地を強固安定させた支柱とは、世界の車軸たる至高神だったわけです。
 
このように見ていくと、リグ・ヴェーダの賛歌において、世界の創造が建造になぞらえられた時に、その建造とは車輪の建造、あるいは車輪を模した環濠都市の建造であり、天地両界の測量とは、その建造に欠かせない円形測量であった、という事がリアルにイメージできます。
 
もう一つの測量の可能性とは、それは車軸の長さです。
 
当時のラタ車にはその用途に応じていくつかの規格があった事が予想できます。戦場で華々しく戦うラタ戦車、これは御者と弓矢の射手の二人が乗る軽機動戦車です。そして重量物の運搬を専門にする牛車、などがその代表でしょう。
 
それぞれの用途と必要に応じて、荷台の幅は違う、つまり車軸の長さが違った事が想像できるのです。そしておそらく、それぞれの車軸と車輪の規格は、ある程度統一され、部品のストックや互換性の便宜が図られていた事でしょう。
 
中でも重要だったのが、彼らにとって神器だったラタ戦車の車軸です。
 
ここでリアルに想像してみます。ラタ戦車の優位性は第一にそのスピードにありました。つまりできるだけ軽量迅速である事が望ましい。そして馬の御者と射手の二人が乗車するために最低限必要な車幅が考えられた。
 
私の本業は林業の現場仕事を長くやっていたのですが、田舎暮らしの友・軽トラの荷台の幅は130cm程でした。感覚的に、ラタ戦車の車台の幅はこれでは広すぎる。私はこれを80〜100cmくらいに見積もっています。
 
その車台の幅に、車輪二つの厚みと、さらに車軸が車輪を貫いて突き出す余り代(この部分に楔を打って車輪の脱落を止めるので、ある程度の長さが必要)の部分を加えると、どのくらいの長さになるでしょうか。
 
プーリーの山車の車輪。裏表に突き出すハブの厚みは相当にある。
ラタ戦車の車輪は当然これよりもはるかに小さいのだが、
それでも全体としてかなりの厚さを考慮しなければならない。
 
現存する純木製車輪を見ると、ハブの厚みがかなりあります。これは短く太い丸太の芯をくり抜いて軸穴としている構造上、強度を維持するために必要があるからだと考えられます。
 
資料的限界も踏まえた上でアバウトな話ですが、私はこの車軸の長さを、およそ180cm程ではなかったかと推測しています。
 
ラタ戦車を何よりも重要な利器としたヴェーダの民において、その車軸の長さが、あらゆる測量の基準単位となった事は十分に考えられます。
 
実は、インドの古い測量単位に1ダンダというのがあるのですが、これはおよそ6尺ほどと言われています。ダンダという単語は、つまりは棒という意味なのですが、この棒がいわゆる検(間)尺として、アショカ王の時代ごろに使われていたことが分かっています(記憶しているだけなので、ソースは明示できませんが)。
 
私はこの1ダンダの単位が、ラタ車の車軸の長さに由来する可能性についても考えています。この点に関しては、インダス文明期にすでにこの1ダンダの単位が存在していた可能性もありますが、どちらにしても車軸の製造において、規格として一定の長さが『測られ』た事は間違いないでしょう。
 
そして私のこれまでの論述に従えば、このような『測る』という性質を持った車軸は、イコール世界の支柱としての至高神であった訳で、つまりこの至高神は本然的に『測るもの』という属性を伴っていた。
 
このように見てくると、『世界の測量』という観念、そして『世界の建造』という観念双方において、ラタ車の輪軸というものが深くかかわりを持っていただろう事が、かなりの程度合理的に説明できると思えるのですが、いかがでしょうか。
 
同時並行的に考える事が多すぎて、中々予告通りにいかないのですが、次回こそは、世界の創造を人間の生殖に重ね合わせていたという点を、リグ・ヴェーダの賛歌と輪軸思想を重ね合わせて考えていきたいと思います。
 
 
この記事は、ブロガー版脳と心とブッダの悟りと連動しています。
このブログ内容は広く知られる価値がある、と思った方は、下記をクリックください
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事