全体表示

[ リスト ]


はてなブログ《仏道修行のゼロポイント》更新

をアップしました。

パーリ経典には『真のバラモン』という概念が
覚りを開いたブッダ自身や
覚りに至る道を歩む修行者を表す言葉として登場する

その真意とは一体何だったのか?

「作られたもの」と「作られざるもの」の対照、
「彼岸に渡る」という事の原像、
「善悪の業を離れる」と言うイメージ、
そして「もう老いる事はない」という宣言。

これら象徴的な言葉や心象イメージに関して
ウパニシャッドとパーリ経典を横断する形で
様々に考察を巡らしてみた

『真のブラーフマナ』とは何者だったのか?


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事