全体表示

[ リスト ]

現在、古代インド思想における『ブラフマン』概念とゴータマ・ブッダとの相関についてがひとつの中心課題になっており、色々とネット上の情報を漁っている。

中でも英語で主に20世紀前半以前に書かれたものは内容が充実しているのだが、ひとつ面白い論文を発見したのでここに上げておきたい。

題名は「BRAHMAN : A Study IN THE History of Indian Philosophy」で著者はHERVEY DeWITT GRISWOLD, M.A.で、Fellow of the Panjab University and Professor of Philosophy in the Forman Christian College, Lahore.という肩書になっている。

ラホールというのはインドのパンジャブ州アムリトサルから国境を越えた所にある、旅人の間では色々と有名なパキスタンのあのラホールだろうか。

発行は THE MACMILLAN COMPANY で1900年(今から100年以上前!)。ただし、同じような古さの日本語の文献がとてつもなく読みづらい(というか私には読めない!)のに比べ、比較的簡明な英語で現代人にも読みやすいと思う。

興味のある方は是非直接読んで欲しいので、余りここでは深く立ち入らないが、そもそもBrahmanという語が、リグ・ヴェーダにおいて240回も出てくると言うのは驚きだった。

「According to Grassmann's Index Lexicon it occurs in the RV. about 240 times.」

まだその全てを読み終えた訳ではないのだが、往昔の先人は偉大な仕事をしているのだな、とつくづく感じ入った次第だ。

また、年末から年明けにかけて図書館で結構な数の専門書を借りて読み耽ってもいるのだが、借りた本と言うのは返す期限があって、どうしても読むほう、つまりインプットに忙しくなり、ブログ投稿、つまりアウトプットが中々追いついて行かない。

こちらもやはりインド学仏教学という領域において、20世紀の研究者たちの仕事と言うのは偉大だったのだな、と改めて感じ入っている。

今私が注目しているのが、湯田豊氏という仏教学者・哲学者で、中村元博士の弟子として薫陶を受けながら、しかし彼から離れ批判的に一線を引いた立場から研究・発言していた人の様だ。

私が以前から読みたいと思いつつそのあまりの高額さに手が出ず、また最寄りの図書館でも全然見つからない、という本に「ウパニシャッド 翻訳および解説」というのがあるのだが、彼はその訳著者でもある。

彼がかなり昔(昭和47年)に出した論文のアンソロジー的な書で「インド思想および仏教:錦正社刊」の1,2巻を今借りて読んでいるが、全インド教史における仏教、もしくはブッダの位置づけが、かなり私の視点と重なるものがあって、とても勉強になる。

この本は恐らくすでに絶版になっているはずだが、彼のような視点が、21世紀の仏教学習者・探求者の目に触れずに埋もれてしまうのは、私的には大変もったいない話だと思う。

これもごく私的印象に過ぎないのだが、どうやら巨人中村元の背後に隠れるようにして、非常に感性的に優れた研究者たちがおり、しかし中村元の存在に圧されて、その影が薄くなってしまった、と言う歴史が、残念ながら少なからずあったようだ。

この辺りも含めて、はてなブログの「仏道修行のゼロポイント」の方で、近い内にまとめて書いていきたいと思っている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事