お知らせ

1月から川崎アートセンターを皮切りに全国順次ロードショーが始まったばかりの拙作
『貌斬りKAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』(出演・草野康太、山田キヌヲ、和田光沙、佐藤みゆき、畑中葉子、木下ほうか)

現在、大阪の「第七藝術劇場」で公開中です。

イメージ 1

お陰様で初日の観客動員は博多の3倍の入りとなりました。

と申しましても,そもそも博多の入りが余り良くなかった訳で、東京と違いヒットと云う処までは行ってません。

自主製作の先輩プロデューサー緒方明、寺脇研、樋口尚文の三氏に以前、話を訊いた処、東京と地方の温度差の違いを揃って異口同音に口にしてましたが、
正に、その温度差の凄さを身を以て体験している新米プロデューサー細野辰興です(笑)。

では何故、その温度差が生まれてしまうのでしょうか?

地方の皆さんが『貌斬りKAOKIRI』のことを知らないからです。
知らない映画は観に行けない。真理です。

東京周辺では、公開時にネットだけでなく新聞、映画専門誌、週刊誌でかなり露出された情報も地方までは届いてないのですね。
かなりガックリです。

 博多では公開前に西日本新聞の夕刊に映画評も載りましたから、これも届いていないと云うのは何を意味するのか? 

もしかすると、今の映画ファンは単館系の作品にはそもそも関心がないのか?
だとしたら二重にガックリです。

若しくは、映画ファン自体が今の日本では殆ど絶滅危惧種なのか⁉️ 

何にしろ東京周辺とは大きな温度差があることは間違いないです。

しかし、監督としてもプロデューサーとしてもこの儘にはしておけませんッ。
其処で、2/4(土)に第七藝術劇場に舞台挨拶に参り、観客の皆さんの質問、疑問、感想を受けて立ちます❗️

一泊しますので時間は有ります、居酒屋に付き合えッ、と言われればお付き合いもします(笑)。

(因みに、第七藝術劇場が在る十三は、『売春暴力団』でひと月近く滞在した場所で、映画の中で風間重兵衛の台詞でも登場させています。)

 
関西にお知り合いが居る方はシェアなどして教えて上げて下さい。

 誰も、知らない映画を観に行くことは出来ないので。

宜しくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

  あけましておめでとうございます
年頭のご挨拶に換え
『月刊シナリオ』1月号(2016年12月2日発売号)に寄稿しました、現在、全国順次公開中の拙作
『貌斬りKAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』に関する所感を載せさせて頂きます。

イメージ 1

映画『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』の
ササヤカナ実験
映画監督・細野辰興
 
映画人なら同じ様な人は多いのかも知れないが、私は、幼い時からスクリーンの中の「映画的な醍醐味」に魅了され続け、二十歳代後半からは舞台の上の「演劇的な醍醐味」にも魅力され続けて来た。「演劇的な醍醐味」に関する魅了のされ方は、映画監督になってからより激しくなり、後から思うと「ディレクターズ・カンパニー」で撮ったデビュー作『DORAMADAS 世にも不幸な物語』(‘91 主演・高橋明)にしてからが、私が思う処の「演劇的な醍醐味」で構成されていた。その構成とは…。
予断捜査から誤認逮捕してしまった無実の容疑者を、そうとは知らずに激しい正義感から追い詰め自白させる冤罪刑事コンビ「鈴木と佐藤」。めでたく自白させた直後に完全に「白」だと言う証拠が出揃ってしまい釈放することに。が、容疑者は自分を犯人だと思い込んでしまっており、このまま世の中に出す訳には行かなくなる。上からの命令で自白へ追い込んだ真逆の工程を辿り元に戻そうとの二人の四苦八苦が始まる。更に一筋縄ではいかない逆転のドラマが彼らを待ち受けており・・・。(姉妹篇を萩原流行、金山一彦、中山忍主演の『犯人に願いを』(‘95)と云う題名で映画化。)
と、振り返ってみると最初から「演劇的な醍醐味」志向を持っていたのかも知れない。そう云えば『シャブ極道』を演劇的面白さに溢れていると言ってくれた人が居たことを思い出す。
結局、その様な志向が嵩じて2010年から小劇場演劇の作・演出も手掛けるようになる。一作目が『スタニスラフスキー探偵団』で、『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』の劇中劇となる戯曲の初演だった。
では、私が思う処の「映画的な醍醐味」と「演劇的な醍醐味」との違いとはどの様なものなのだろうか?
「役に成り切れば、その役が本当に犯人ならば、そしてその役に完全に成り切ることが出来れば、剃刀で私が演じる馳一夫の顔を斬れる筈ですッ。」と云う映画『貌斬り KAOKIRI〜』の中での草野康太扮するところの尾形蓮司扮する風間監督が宣う「多重構造的な逆説」と「圧倒的な量の台詞」は、私が思う処の「演劇的な醍醐味」。
成瀬巳喜男監督の遺作『乱れ雲』(‘67)で、夫を過失の交通事故で殺した加害者、加山雄三から愛を告白された未亡人、司葉子が、悩みに悩みながらも自分の心に嘘を吐けず加山の下宿を訪れ階段を一歩一歩上がって行く激情のシーン。そのシーンから始まり、タクシーで湖畔の宿に着き二人きりになった直後、口付けを交わし、二度目の口付けは自ら求めて行く司葉子のリアリティ溢れるダイナミックな「情念の迸り」のシーンの間接表現の釣る瓶打ちは、私が思う処の「映画的な醍醐味」。
『貌斬り KAOKIRI〜』で譬えれば、Wキャストの片割れ(佐藤みゆき)が降板したため出番が終わったのにも拘らず担ぎ出された山田キヌヲ演じる南千草が、後半、舞台から楽屋に戻り、降板した女優と眼が合いニコッと微笑む間接表現も「映画的な醍醐味」。
「映画的な醍醐味」と「演劇的な醍醐味」は共に魅力的なのだが、その様な「映画的な醍醐味」を演劇にしてもそれほど面白くないし、「演劇的な醍醐味」を映画化するに至っては全く面白くないと実は思っている。数多、演劇の映画化作品はあるが、演劇のプロットをそのまま映画化し成功した作品は稀だと思うからだ。別な面白さで成り立っている二つなのだから当然と云えば当然だろう。
しかし、ある日、フと思った。その「映画的な醍醐味」と「演劇的な醍醐味」を融合させることによって新しい表現を獲得できるのではないか?
先行して在った『スタニスラフスキー探偵団』のこの「演劇的」な作劇を映画『貌斬り KAOKIRI』の「臍」にし、「芸能の民」として生きようとする「人間達のウネリ」を描きたいッ。
それが、『貌斬りKAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』を撮りたいと思った決定的な理由だった。
そして現代に生きる「芸能の民」のウネリを描くモチーフとして林長二郎(長谷川一夫)の「顔斬り事件」は、非近代性の権化でありメタファーに成り得ると確信した。映画のプロットと戯曲『スタニスラフスキー探偵団』が私の中で一つになった瞬間だった。
とまれ、「演劇的な醍醐味」を映像に定着させることにより、そもそもの「映画的な醍醐味」はどうなって行くのだろうか? 我ながら興味津々で、それは果たして融合なのか? 越境なのか? そもそも融合できるものなのか? どちらでもない別モノなのか? 
いずれにしろ、今までの私の作品たちとはかなり違うものが生まれたのではないかと思う、今日この頃なのです。
そんなササヤカナ実験をしている私の十作目にして初プロデュース作品である劇場用映画『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』を、御一人御一人の眼で確かめて頂ければ幸甚です。(了)

『貌斬りKAOKIRI〜』は、1月4日㈬より小田急線、新百合ヶ丘の川崎アートセンターで、1月14日㈯よりは福岡の中州大洋劇場で、亦、1月28日㈯よりは大阪の第七藝術劇場にて上映いたします。

新宿K's cinemaでの2週間限定公開で少なからぬ評判を呼んだ『貌斬りKAOKIRI〜』を観逃した方、この機会に御高覧いただければ幸いです。

本年も宜しくお願い致します。


 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

 拙作『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』(主演・草野康太、山田キヌヲ)
昨日12月16日㈮を以って新宿K's cinemaと名古屋シネマ・スコーレでのロードショーは終了しました。
新宿の客足は、一週目は初日初回は満員御礼の好スタートを切り、更に時間が朝昼に変わった二週目も客足は衰えず、結果、一週目よりも二週目の方が客足が多くなると云う幸先の良いスタートが切れました。

マスコミ試写も少なく不安だったのですが、完成披露試写としてワールド・プレミア上映した湯布院映画祭の絶賛から始まり、キネマ旬報の青木編集長による推薦評映画芸術の特集、朝日新聞の山根貞男氏による映画評産経新聞の藤井克郎さんによる映画紹介、月刊シナリオの小生の寄稿等々、また劇場で観て下さった方々のtwitterやfacebookにおける感想や口コミ、イベント・ゲストの皆さんの協力などが一つのウネリになって「尻上がりの観客動員に繋がって行ったのだと思います。
4回御覧になってくれたリピーターから始まり2回観てくれた人もかなり居ました!? 
大阪から来られた人が2人いると云うのにも驚きました。その内の一人はリピーターですし(笑)。
と云う様なことなので、このまま上映が続いたら更に客足は伸びたと自負しています。


イメージ 1

ともあれ、ホームランでは有りませんが、「塁」には出ることが出来たので、こうなれば全国順次公開に向けて「バント」でも「振り逃げ」でも「盗塁」でも何でもして「塁」を進め、最後には「ホームスチール」もしくは「ランニング・ホームラン」を狙いに行きますッ。

連日、多彩な出演者とテーマで行なった
「作品をより深く楽しんでもらうためのトーク・イベント」では聞き手に回り余り話さなかったことも
キネマ旬報のインタビューや映画芸術の湯布院映画祭シンポジウムの採録、月刊シナリオ誌、パンフレットへの寄稿を読んで頂ければと思います。

尚、『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』

全国順次公開第2弾は、年明け1月4日より正月映画として

新百合ヶ丘の川崎アートセンターで始まります。

第一弾公開で観逃した皆さん、「川崎アートセンター」では観逃さないで下さい!! 




この記事に

開く コメント(0)



4年がかりで完成させた
『貌斬り KAOKIRI〜戯曲【スタニスラフスキー探偵団】より』(主演・草野康太、山田キヌヲ)
新宿K's cinemaでの公開が明日12月10日㈯より2週目に入ります。
2週目は朝10時〜、12時40分からの上映になります。☞ 上映は終了。
ムーブオーバーは、新年早々の1月4日㈬より川崎アートセンターとなります。

 2015年の1月に公演した『スタニスラフスキー探偵団RETURNS』と同時に撮影を始めたあの『貌斬り KAOKIRI〜』です。

 私の10本目の劇場用監督作品であるとともに初プロデュース作品でもありますが、


 戦前戦後を通して大スターとして君臨した長谷川一夫(林長二郎) のあの「顏斬り事件」をモチーフとして、 その謎に迫ろうとする映画人たちを描いた「舞台」に出演する役者たちの話と云う「メタフィルム」になっています。

キネマ旬報 青木編集長 
「〜。ひと筋縄ではいかない細野辰興監督久々の新作だ。
何が(物語の上で)現実で、何が虚構なのか、複雑な映画の構造を解き明かしたい、あるいは顔斬りの真相はどうだったのか知りたい、という観客の欲求は、やがて、演じることを業とした俳優たちの熱量のほとばしりに、それを捉えた映画そのものの魔力に、ただただ身を委ねる体験にとってかわっていく。〜」

野島孝一氏(映画評論家)
「〜。この映画は、舞台そのもののおもしろさ、舞台裏で繰り広げられるスリリングな展開、カミソリが本物にすり替えられるサスペンスなどが相まって実に見ごたえのある作品になった。細野監督が今村昌平監督から受け継いだねちっこさが生きている。」

山根貞男氏(朝日新聞映画評)
「〜。全登場人物は、演じることを演じる。そのスリリングなあり方が、どんな人間も多重構造を生きていることを描き出し、稀有な感動を結晶させるのである。〜」

第41回湯布院映画祭でも、辛口で知られる湯布院の観客から絶賛の嵐で迎えられました。

キネマ旬報でも『おススメの一本』として取り上げられています。
                            
主演は、橋口亮輔監督作品『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』 などで知られる草野康太と、
廣木隆一監督「ガールフレンド」 のオーディションで主役に抜擢されスクリーンデビューし、
演劇、 主演映画が相次ぐ山田キヌヲです。

外に木下ほうか畑中葉子和田光沙佐藤みゆき金子鈴幸向山智成嶋崎靖などの異色キャストを組んでおります。

☆ 予告篇 https://t.co/St5JL1n0t2

映画『貌斬り KAOKIRI』は、舞台『スタニスラフスキー探偵団』 を劇中劇とした全く違ったプロットを持つ映画に成る、 と云う少し冒険的なことをやっております。
と云うこともあり、 作品にしたい企画を自分の手でと云うこともあり慣れぬプロデュー サー業もやっている次第です。

年末で、お忙しい時期ではありますが、 忘年会代わりに御高覧頂ければ幸甚です。



※ 連日、創作秘話などに絞ったトークイベントが多彩なゲストによって展開しますのでこちらもお見逃しなく!
イメージ 1



「作品をより深く楽しんでもらうためのトークイベント

も連日行っています。

是非、皆さまでお越しください。



        忘年会がてら御高覧頂ければ幸甚です。 



                     新宿K's cinemaは12月16日金曜日まです。
            名古屋のシネマ・スコーレは12月10日㈯から上映が始まります。
。☞ 上映は終了。
ムーブオーバーは、新年早々の1月4日㈬より川崎アートセンターとなります。


    公式ホームページ&予告編 
 http://kaokiri.makotoyacoltd.jp/



     映画『貌斬り KAOKIRI』の情報公開 http://www.cinematoday.jp/page/N0086860         



 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

「間違いなく珍作! ひょっとしたら問題作? 」な
『怪盗アトム小僧』(主演・赤間直哉、大河原恵、水島満里奈、びびこ)の深夜放送をリアルタイムで確認していたら亦ぞろ風邪を悪化させてしまった細野です(苦笑)。

先ずは、リアルタイムで御視聴頂いた方々、有難うございました。

録画して未だ視ていない方には後で御礼申し上げます。
必ず視て下さいね。

ご覧いただけた方、いかがでしたでしょうか? 
twitterでは早くも少し感想が出ているので少し紹介させて頂きます。
☟👇


橘ネロリ@neroli
@yojimbo11 気付きを与えたり、人の価値観を変えられるのは芸術だと私は信じています。現に、私は音楽で価値観が変わって、音楽やってます。
怪盗アトム小僧は、誰かの価値観を変えるきっかけになる作品と思います。
続編はあるのでしょうか?(*^^*)
楽しみにしています(^o^)

アール・ケイ @arukeiarukei · 5時間5時間前
この国から忘れ去られている「風刺劇」というジャンルを思い起こさせてくれました!

米川俊亮 @yoneshun1216 · 6時間6時間前
大河原さん、やっぱり演技うまいですね!「怪盗アトム小僧」超政権批判

じぇれ〜み@元超高校級の人見知り @ironsjustice · 5時間5時間前
#怪盗アトム小僧 視聴終了。序盤10分は少し心配になりましたが、中盤から一気に緊張感がup!確かに細野監督の仰る通り、テーマとしては問題作。思えば2週間前、監督は参院選の結果に呆れていました。でも、大丈夫です。我々一人一人の中に怪盗アトム小僧はいます。現実から決して逃げません!

みぶ @mibu_32 · 6時間6時間前
アトム小僧直哉出てるっていうからちょっと見ようと思ったら、最後まで見ちったわ笑寝なきゃ笑#アトム小僧

橘ネロリ @neroli_208 · 6時間6時間前
怪盗アトム小僧見た。
美しき緑の星とか、They liveとかそれ系の内容だな、と思った。

横浜流れ者 @kendabada · 33分33分前
『怪盗アトム小僧』をご視聴くださった皆様、ありがとうございました。ユーモア、遊び心もある、風刺の効いた快作でしたね。エキストラとしてですが、係わることができて本当によかったです。

橘ネロリ@neroli
@yojimbo11 わー(о´∀`о)コメントありがとうございます🍀偶然知ってる映画とリンクしたのです(*^^*)細かなところにドキッとして、勇気とチャレンジにエキサイトしました。


沙藤昌(埴輪)
@haniwasatoTOKYOMX2ドラマ『怪盗アトム小僧』視聴。思ってた展開の斜め右左にいったり来たりするような感じで初見は正直、戸惑う。今の日本への痛烈な皮肉がたっぷりと詰まってるディストピア・ドラマともいえるか。こういう方向の攻めたドラマは普通の民放じゃ、まず無理だよな…

以上

 何方かと云うと珍作振りよりは、風刺劇振りの方が印象に残られているようですね。
少なくとも、挑発する「細野映画」とは捉えられているようです。


それもその筈、実はテレビドラマとしてカナリ思い切ったことをしていますので放送中止になるのではと内心ハラハラしておりました。
なので放送が終了し大変ホッとしています(笑)。
その為、放送前には意識的に内容については剰り触れませんでした。
「間違いなく珍作! ひょっとしたら問題作」どまりにしておいた訳です。

今だから言えますが、見方によってはドラッグ繋がりで
『シャブ極道』の姉妹品と言える作品かも知れません。
それだけではなく、私から見える東電福島第一原発事故以降の日本と日本人について諧謔的に描いてみました。
そんなこんなで2度と放送はされることはあり得ませんので視聴された方、録画された方は大変、運が良いと思って下さい(笑)。


皆様も宜しければ、感想など教えてください。

視逃がした方、再放送は有りませんが、メディアを越境する『怪盗アトム小僧』ですから目を離さないでいて下さい。

取り急ぎ御礼のみにて。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事