ここから本文です
.
.

書庫coleman kerosene

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

Coleman 223 

コールマン 223 ケロシンランタン
 
223の種類は、223、B、W、Gと4種類が(ベッカーレコード、テリーさんホームページより)有り、私が所有している223は1930〜1933の製造期間で6868台の製造台数、輸出バージョンと言う事も有り、現存台数は極めて少ないと聞いた事が有ります。
 
223は燃料がケロシン、500CPで、237等のビッグシングルの祖先とも言える ランタンなのです。
*テリーさんのホームページでは300CPと紹介していますが、500CPです。
 
現存している物では、コールマン初のケロシンランタン、500CPのモデルが223なのです。
 
 
*現在の所221、222の現存が確認出来ていなく、もし出土がされれば221、222 がケロシンモデル、500CPの祖先になるかも知れません。
 
イメージ 1
 
イメージ 5
 
ジェネは223専用です。
イメージ 6
 
圧抜き弁
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
点火窓
イメージ 10
 
タンクの刻印は242K、USAに似ています。輸出バージョン特融なのか?
イメージ 11
 
イメージ 2
 
500CP最高照度に辿り着くまでの道のり・・・険しい物でした。
イメージ 3
 
萌えます。
イメージ 4
 

この記事に

Coleman 242K USA

コールマン 242K USA
 
USAモデルは242K製造期間で最初の数か月のみ生産されたモデルだと
言われていますが、日本で検索しても、海外のコレクターさんのホームページでも詳しい情報はありません。
 
わたすが、所有するUSAは「おフランス」の出品者さんで、コールマンランタンの事などさっぱり解らない出品者さんでした。元々は状態が悪かったので、あまり競い合う事も無く落札しましたが・・・
 
無事、「おフランス」から届いてからは、カナダとの違いに驚きの連続で・・・
心の底から萌え〜〜〜萌え〜〜〜と叫んだのは言うまでもありません・・・
 
 
届いた状態
イメージ 1
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
サンドブラストにも違いがあります。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 2
 
左がカナダモデル。右がUSAモデル。
イメージ 3
 
確証は出来ませんが・・・
242K、USAの現存数、わたすは数台と考えておりやす。。。
 
 
 
 

この記事に

Coleman 242K CANADA

コールマン 242K カナダ 1934年9月
 
242系も種類が多いですよね。
 
242系は、ファースト、A、B、C、D、E、K、まだ有るのか・・・
 
242Kは、242系では唯一のケロシンモデルと言う事もあり海外のおじさんにも
人気が有るモデルでebayでも上物が出ると金額が跳ね上がります。
過去に242K、ヤフオクでも出ていましたね。最近は出ていないですね・・・
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
色々、特徴がある面白いモデルですよね。
 
*また、242KはUSAモデルも存在します。242K製造期間で最初の数か月のみ
 製造されていたと海外のおじさんが言っておられます。
 
 

この記事に

コールマン col-max 222 USA 1947年 B
 
col-max222 は、col-maxの中でも数が少ないと言われ、海外のオークションでもほとんど出品されません。
 
私の記憶では昨年ebayで1台(高額でした)、今年は0台だと思います。ヤフオクで今年1台。
 
もう、ほとんどがコレクターの方々に買われ、コレクターさん達の間で売買されているのでしょうね?
 
まだ、出土するのか???
 
 
この222のメンテは欠品パーツから、勉強したのですが・・・・
 
大雑把に言うと、オプティマス200P、1200などのパーツが互換性があるのですが
 
オプティマスパーツ単体でオークション等で現在販売されておらず、所有するオプティマス200Pから                     
パーツを組み合わせて完成したのである。
 
タンクも、おそらく酸漬けにより赤くなり「どーすっぺ」と・・・・こりゃ再メッキか?
 
そこで、コールマン大学の教授さん達へ相談した所、再メッキは安っぽくなるから「いかんよ」と・・・
 
「必殺、ウルトラ〜〜赤色〜ピンク色〜飛んで行け〜〜ビームッ!」   
 
を、教えて頂き・・・・で見事、除去。。。
 
この、必殺技は体力勝負なので5分が限界なのである「ふぅ〜〜」
 
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 5
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
 
col-max 3兄弟
左から333、222、555
イメージ 7
 
おしりのcol-maxも可愛いでしょ。(トン吉、チン平、カン太)
イメージ 8

この記事に

コールマン COL−MAX 333 USA 1948年 B
 
前回、紹介した555の弟、333の紹介です。
 
この、333の内部構造は、ほとんど555と一緒で一部分だけ違いがあるくらいなのです。
 
私見ですと、500CPのマントルで点火しても、おそらく大丈夫だと思います。。。
 
ベンチのチップ等の問題が有ると思うので実験はしませんが・・・
 
 
バラした状態
イメージ 1
 
メンテ後
イメージ 2
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 3
イメージ 4

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事