フィリピン中毒・・・。

14年交際している恋人がいる。でも結婚できない。その訳は・・・。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

出張です。 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

仕事でめったに県外に出ることはないんですが、たまの出張でこんな場所にきています。
片道約4時間、もちろん日帰り。

駅前にはコンビニすらありません。

こんな場所だからこそ私が飛ばされたんですけどね

イメージ 1

パサイロードであーちゃんさんが逃走、マラテに戻ると今度はKAZUさんが『もう勘弁・・・』とフラフラとどこかに消えてしまい、いつの間にか一人ぼっちになっちゃいました(・∀・)ニヤニヤ


『これからが本番♪』

再度気合いを入れ直して、昨晩逝ったボニータに突入。

お店のスタッフが『ダンナ♪あちらの方が死角になるので、彼女とまったり出来ますよ』こんなナイスな提案までしてくれました。

もちろん下心丸出しでその提案を受け入れてテーブルにつくと・・・

キ、キエル・・・( ̄□ ̄ *) ( ̄□:;.:... ( ̄:;.... ::;.:. .:... ,


目の前の団体のグループにいたのは、pinsanさんとGさん。

こんな場所でpinsanさん・Gさん検問に引っかかってしまいました(´-ω-`)ポリポリ

特にpinsanさんに関しては、お会いする約束もせずに渡比するたびにマラテの夜の街で何度捕獲されたか分かりません。

カメラを手にしたpinsanさんがマラテには3人はいるんじゃないかと・・・(笑)


ここで1セットを過ごして時計を見るとAM1:00.

今晩のお相手が見つかっていない人間なら10人いれば9人までが、この時点で慌ててディベート相手を見つけにいくのでしょうが、生粋なカラオケ中毒者からしてみればお客が少なくなったこの時間がゴールデンタイム。

更にパンチラに入店してAM3:00のラストソングを聞いて、ようやくこの日の活動も一段落。

『夜も遅いんでホテルまで送りますよ』こんなスタッフの申し出を丁重にお断りして、外で見送りしてくれているカラオケ〜ナが視野から消えると同時にタクシーを止めて一路TAKEハウスに直行。

お店滞在20分.

現実の厳しさを目の当たりにしながらこの日のディベート相手をチャッチャッとBFしてホテルに帰還しました。



 (続く)
イメージ 1


バレバレの行動でお恥ずかしい限りですが、先週の3連休を使って比国に逝ってきました。


本来なら帰国早々に記事をアップすべきでしたが、かな〜りムリして渡比したおかげで帰国後珍しく公私とも多忙で・・・(汗)

ようやくその忙しさを一段落しましたので、忘れないうちにボチボチとアップさせて頂きます。


 〜初日〜

今回の渡比は、とにかく逝く直前までとにかく逝こうかどうか非常に迷っていたんです。


『現地に逝ってもしたいことがないんでしょ?』こう言われてしまえばそれまでなんですが、それ以上に仕事面がここ数年なかったくらい忙しくって・・・

更に言うと、もう一つの障害が東名の集中工事。

こちらからPR便を使う為にセントレア空港に向かうには、AM5:30頃に自家用車で向かうか同時刻発の空港逝きの直行バスを利用するしかありません。

新幹線や電車を利用したのでは、仮に始発に乗ったとしても間に合わないんです。

ただ今年は、どんな嫌がらせなのか分かりませんが、この東名の集中工事が例年より1週間早くスタート。

AM5:00なんて時間に関わらず、連日30キロ以上の渋滞を引き起こしていました。

先に空港を使った人から空港まで4時間かかったなんて話しを聞いていましたし、スケジュール的に前泊するも厳しい。

そうまでして逝くべきだろうか・・・


最後まで決断を迷っていたところ、隣の市に住む私のここ最近の夜直しのパートナー『まっくんさん』から天の声が♪

駅近くにある駐車場を滞在期間中貸してくれるというのです。

これで渋滞に嵌らず移動でき、更にコスト的も¥10,000以上を浮かせることが出来ちゃいます。

更に、AM6:00という時間に駅まで車で送ってくれるとのこと。

これだけのサポートを受けれるとなれば、当然答えは・・・(・∀・)ニヤニヤ


イメージ 2


この日のチケットは、4月の上旬に皆さんの記事のおかげで思わずポチッ!ってしまった¥25,000のプロモ料金。


今となっては、なんで半年も先の予約をしたのか当時の私の心理を思い出せませんが、実のところこの金額だからこそ最悪チケットを捨てちゃっても・・・って思っていたんですよ(汗)

イメージ 3


相変わらず、PRとは非常に相性がいいみたいで、この日も定刻通りに現地に到着。

PM1:00過ぎには、今回滞在したパールガーデンホテルにチェックイン。

ただこんな早くに到着しても、前回帰国してからカラオケ〜ナと一度も連絡すら取っていないので全く行動予定がなく・・・


ベッドに横になると一睡もせずにいたためなのか、強烈な睡魔が襲ってきました。

ハッ!と気がつくと辺りは、真っ暗。

そしてケイタイを見ると、同じ人物からの着歴で埋め尽くされていました。

これがカラオケ〜ナなら嬉しいんですけど、残念ながら着歴の主は、前回同行した先生。

また今回も私が逝くスケジュールにしっかり合わせてくれて、前日に現地入りをしていたんです。

『ROMIさん、今回は上手くいくかも♪仕事を休んでくれてホテルに来てくれるって言ってくれているんだよ』


2ヶ月連日電話で口説き?期待に胸膨らませて先乗りしたんですが、結果の方は・・・

本当にホテルまで一人で来てくれ、更にお泊まりもOKだったようです。


ただ・・・

ベッドに入る前の前金でサポートの要求があったとのこと。

その額、¥100,000.

いくらなんでもその金額は・・と先生が断るとさっさと洋服を着て、帰宅しちゃったみたい(笑)


まぁ私もこんな憎めない先生の逝く末も見たくなって、この日は先生と二人夜のマニラの街に飛び出しました。


(続く)

開く トラックバック(1)

ジャーニャン♪

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



まぁ勘の鋭い方ならお気づきかもしれませんが・・・(・∀・)ニヤニヤ


彼女達は、中国版「男の娘」ともいうべき存在なんです。


偽娘(ジャーニャン)なんて呼ばれているのですが、日本のアニメの影響もあってこういう娘が増えているみたいですよ。


この道の開拓者であるA氏には、是非一度ジャーニャンにもチャレンジしてもらいたいなぁ〜。

落ちて逝く・・・

つい先日、永遠に少年の心を持ち続けたいと願っている私にとってあまり嬉しくない誕生日を迎えてしまいました。


まぁいい年齢ですから、ここ数年は誰からも祝ってもらったことなんてありません。

当然のことながら誕生日を聞くだけ聞いて『絶対に誕生日の時には連絡するからね♪』こんなことを言ってくれていた現地カラオケ〜ナからは、ワン切りさえもなく・・・ (o´_`o)ハァ・・・


がっ・・・

今年は、違ったんです。

イメージ 1


こんなモノまで用意されちゃうと、逝かないわけには・・・(・∀・)ニヤニヤ

ケーキ代<1セットで支払った金額、もうこんな単純な計算さえも出来ません。

やっぱり愛って素晴らしいものです。


何だかここ最近、ミョーに満たされてしまって現地が遠のいてしまいそうですよ。

もちろん青い愛情ではなく、諭吉の愛情でしか繋がっていないでしょうけど・・・(笑)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事