文太郎の日記帳

景気、財政赤字、国際経済、政治・政局、世界情勢、日米関係など現代の諸問題を広い視野で解明します。

最新記事

すべて表示

「診断録」休刊のお知らせ

「富塚文太郎の診断録」は暫く不定期刊としてきましたが、都合により、以後は休刊とすることとしました。これまで「診断録」で論じてきた諸問題は、漸次「文太郎の日記帳」( http://blogs.yahoo.co.jp/to1952dai/)で取り上げてきていますので、今後は私の時評はそちらでご覧いただければ幸いです。ちなみに、4月13 日付で掲出した「日記帳」で ...すべて表示すべて表示

危うい金融バブル

2013/12/31(火) 午後 3:56

 2013年の日本経済は株高(年間上昇率は57%)と円安(対ドル26%の下落)のうちに幕を閉じた。日経紙(12月31日)はこれを「歴史的な値動き」と報じ、「大規模な金融緩和などで日本が長引くデフレから脱するとの期待が浮上。内外の投資家が取引を活発に膨らませた」と興奮気味に書いた。30日に東京証券取引所の大納会に現職首相としては初めて顔を出した安倍首相は「来年 ...すべて表示すべて表示

米国次第の日本の景気

2013/9/30(月) 午後 10:44

 米国の与野党の対立、その現れである上院と下院の対立のために、米国では10月1日に始まる新会計年度の予算は暫定予算さえも決まらず、その結果、予算ゼロで政府機関の一部が閉鎖を余儀なくされそうな状況だ。これまでも、米国のFed(連邦準備制度ー中央銀行)がその超金融緩和政策(その第3弾、QE3と略称)の縮小をいつ開始するかをめぐって、世界経済が振り回されてきたが、 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事