san**e2515のブログ

蘭 古典植物 山野草 庭木 などの植物に囲まれ 毎日 自然と関われる満足感を味わっています そんな日々のブログ始めました!
実生豆葉 白牡丹芸の「天宮殿」です 矮性の牡丹芸で根はピンク色です 斑は古い葉になるにつれ暗むようです

豆葉に縞が出て ルビー根に近い 赤根が出るという触れ込みで 値下り傾向ですので 知り合いの業者さんから 柄は渋いですが棚入れとなりました

イメージ 1

立ちが雪白で 暗みの遅い個体が最高芸 と言われますが 兄弟の中には天の冴えが悪かったり暗みが早かったり個体差が激しいようです

イメージ 2

交配親不明の豆葉で 天宮殿.白頭山.祇園錦.陽明門.等 色々な呼び名があり 長生蘭の銘品 (大江丸→千里丸→月宮殿→天宮殿)から借用したものと思います 芸の悪いものを月宮殿と呼ぶ事からも 多分そうでしょう

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

20年以上も前に富貴蘭の交配実生ブームにのり 金牡丹や白牡丹などは高価で 庶民には中々手に入らないので そんな心理にのったのか? ◯◯牡丹の仮名で色々な風蘭が出現しました

「茜牡丹」もその中の一品種で白牡丹×島根白牡丹との事で ボンヤリと牡丹芸らしきものが葉に現れます

イメージ 2

イメージ 1

根もルビー根程では無いが 綺麗な根先です 当時は金牡丹を即 手に入れる事が出来ない身にとっては これはこれで楽しめていました

イメージ 3

その後に やはり交配親は白牡丹×島根白牡丹と説明で 葉に縞が出た個体 を棚入れしましたが 牡丹芸は無く 葉に縞が出るだけで日に炙っても根は泥根です

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

金牡丹が棚に入ってからは 何年も植え替えもしないでいますが 伸び始めた根先を改めて見ると 少しは評価しても良いかなとも思えてきます

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

今朝は肌寒い温度でも 空気が澄んで風も無い 別府湾はべた凪で
大阪行きのフェリーが 滑るように進んでいます(左から伸びているのは国東半島で右端に小さく見えるのがフェリー)

イメージ 1

栗の花が咲いています

イメージ 2

櫨(ハゼ)花が咲いてます

イメージ 3

南天(ナンテン)の花です

イメージ 4

秋に備えて 蔓ウメモドキの実が結実しています

イメージ 5

初夏の花は 何故かしら ウツギなど白色の花を咲かせる木々が多い気がします
夏草をひいたり 庭木の剪定をしていますが 休み休みでも疲れます

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

セッコクの花も終わりに近づき 毎年 セッコクの花の 最後を飾る 耶馬渓産のセッコクが咲きました

耶馬渓の山の岩壁や 大木の枝に着生して 華やかに咲いているのが 現地の状況です
(杉の枯れ木に着生させています)

イメージ 1

(数年前に高芽を集めて素焼き鉢に植えたもので 未だ野性味があります)

イメージ 2

(梅の太枝に着生させた状態が一番 自然さが出ています)

イメージ 3

薄ピンクの可憐な花は セッコクの花の最後を飾るのに相応しい
花です

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

快晴で肌寒さを感じる温度で 気持ちよく睡眠がとれ ウオーキングも 眩しい程の太陽の光を浴びて 爽快でした!

・毎年の初夏に開花するバイカウツギの花が今年も開花しました

イメージ 2

その名の如く 花弁が梅の花のように丸くて大きいので 一際目立ちます

イメージ 1

30センチ程の苗を植えてから5年程経過した今は 私の背丈をはるかに超えて二メートルほどの高さになり 垂れた枝先にまとまって開花します

イメージ 3

イメージ 4

嫌味のない高貴な香りがします 花が終わる頃には 桜と同じように ハラハラと花弁が散り落ちます 雨の時期を前に 毎年家内とともに 開花を待ちわびる 大好きな花です

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事