san**e2515のブログ

蘭 古典植物 山野草 庭木 などの植物に囲まれ 毎日 自然と関われる満足感を味わっています そんな日々のブログ始めました!
この極赤花の風蘭は 昨日開花株から分譲して貰ったものです
北九州の羽◯さんという方が作出した極赤花の分株との事です

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 1


此れまで 朱天王やその交配種を見てきましたが その中でも群を抜いて濃い赤と言うか紅色の花で花軸も同じ色です
(朱天王の最優品の花参考写真)

イメージ 3


交配親が「紅天狗」らしいですが紅天狗は泥軸泥根で豆葉に近い葉姿です この極赤花は 青軸青根で 更に葉姿が風蘭と全く違わない大きさで弧を描く葉繰りも整っており文句のつけようがありません

イメージ 5


従来は洋蘭の血を漂わせる まとまりの無い葉姿 泥軸泥根で花の距は赤いが花弁は薄ピンクの花でしたが 花弁 唇弁 距 花軸の全てが赤いです

イメージ 6


写真では花色が上手く撮影出来ないのが 残念ですが 素晴らしい花色の風蘭です 香りはこれからの交配種に任せるとして...

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりに纏まった雨が降り出し 庭木に掛けた風蘭は雨に打たれて気持ち良さそうに活き活きしている

イメージ 1

イメージ 2


この時期 風蘭の根と新芽が伸びる時期で 雨が大好きな風蘭 屋根下の鉢掛けの風蘭も外に出し雨に当ててやる

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


植え替えの済んだ鉢や 大株の鉢など 雨が葉を伝い鉢の底から流れ出す

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


いつも如雨露でさっとやる程度だが 自然の雨をタップリ浴びさせると 心なしか蕾を持った花茎もグンと伸び上がった感じがします
(雨にあてるのは一昼夜程度ですよ〜)

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

空梅雨で 雨不足が心配される中で 昨夜から曇り空を挟んで午後からは恵みの雨 夜は纏まった雨らしい

連日 放置してあった昔の品種の植替えをしているが 今日も朝から始める 今は交配親となっている「孔雀丸」「十二単」と始めるが根は何とかなるが 軸が曲りくねりどこが前が分からない

まず悪戦苦闘して 羅紗葉の孔雀丸の本芸品を植え替える 馬鹿葉(長葉)の孔雀丸と違い墨が出るので大きくならないし 軸が曲がる 盆栽の懸崖のようなものか

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

(長葉の孔雀丸です 植替えはまだ..)

イメージ 4


次に 十二単 その名の通りに 葉重ねが良くて 羅紗葉では無いものの軸が曲がる

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


この二品種共に 実生交配種が出てからは 交配親として使われている以外はあまり 流通しなくなった 長く棚にあると 葉重ねが多くなり軸がうねるが 中々のもんだ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昔々 昭和の富貴蘭が 人気した頃の縞物登録品種 羅因の光は 今は裾物として粗末な扱いを受けていますが 当時は高くて横目に見るだけで 裾物の立司殿や八重衣を集めていました

中型でやや後冴えの黄縞 泥軸泥根で付けは月型 紺性に斑のキレが良いが暴れ性で 庶民は地味な柄でも 羅因の光が棚に入ると自慢でした

イメージ 2

イメージ 3


中々上手くは運ばず 地味なまま棚の隅に置いて 裾物扱いとなってからは植え替えもしないで為すがままで あまりに荒れた姿なので思い切って植え替えする事にしました

イメージ 4

イメージ 5

(どうしても3株になりました^ ^)

イメージ 6


随分前に一芽だけ派手な柄が出て独立させていますが これは覆輪気味も増えもせずに推移しています

イメージ 1


かっての名品もこのような状態ですが 昔を知る者にとっては大切にすべきだった と少々 反省をしております(´-`).。oO

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

無加温の外棚作りなので 売品に比べて 開花は、これからですがそのトップを切って 黄花が咲きました

イメージ 2

イメージ 1


我が家には 黄花大王 黄金殿 奇花黄花 など黄花の品種が有ります(厳密には風貴蘭には入れられていないらしいですが..)
(黄金殿の過去写真です)

イメージ 3


風蘭には 元々黄花の風蘭は無くて 風蘭と近縁種で黄花の着生洋蘭との交配により生まれたので初期の頃は花形は風蘭に似ても葉姿が巨大で洋蘭の面影がありました
(初期に出た黄花大王です)

イメージ 4


葉姿を風蘭らしくする為に風蘭との交配を重ねて 風蘭らしい葉姿で花形も良い黄花ですが 香りが薄い事など富貴蘭にはなれない現状です

交配は フウラン×バンダロスチャイルディアナ、フウラン×バンダ黄花 との交配で黄花が出現したようです

何れにしても風蘭に無かった花色で 葉姿も風蘭らしくなったので 今後も青色など多様な色の風蘭の花も楽しめるようになりそうです

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事