作品集

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
チビスケからプレゼントしてもらったカラーリング指示書つきのSDガンキャノンが完成しました。

イメージ 1

機体色には蛍光グリーンに黄色とクリアーグリーンを混ぜ混ぜした色を塗りました。

イメージ 2

デカールは貼り出すとキリがないので、ワンポイント的に少しだけ貼りました。

イメージ 3



おまけです。
だいぶ前に作った東静岡限定のガンダムもアップしますw

イメージ 4

台座が限定キットの証ですね(笑)

イメージ 5

こちらはガンキャノンと違って、パーツ色分けがしっかりされていて作りやすかった覚えがあります。

イメージ 6

付属のマーキングシールをたんまりと貼りました。

イメージ 7


最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました!

開く コメント(12)

イメージ 1
えー・・・、ろくに製作記もつづっておりませんが、MGリックディアスが完成しました。
まったく手は加えておらず、色を替えてみました。カラーリングのもとになっているのはジェスタですw
ちょっと魅せ場が見当たりませんが〜〜〜  画像をどうぞ


イメージ 2

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この子は来月のりょうきちさんの合同製作会で開催される『ディアス祭り』に参加をさせていただく予定です。
どノーマルなので、皆さんのガッツリ手を加えたディアスと並べてもらうのはかなり恐縮ですが、ノーマルが一体くらいあったほうがどんなふうに手が入っているかが分かりやすくていいですよね?(笑)

最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました!

開く コメント(16)

イメージ 1
HGAWガンダムXです。設定上は全高17.1mということで1/144サイズだとけっこう小さめですね。
キットのままでもなかなかのプロポーションだと思いましたので、微調整を加える程度の工作で仕上げました。
それでは、画像をどうぞwww

イメージ 12

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

■頭部
ブレードアンテナをシャープ化して、額への接続部分でブレードアンテナ全体を少し前に起こすような角度に調整して接着しました。

■胴体
首が少し短い気がしましたので、別のHGキット(少し長め)のものを流用しました。
それ以外はキットのままで、特に手は加えていません。

■腕部
ゲンコツを1/144MSハンド03(連邦系・Sサイズ)に置き換えました。
その他は、前腕内側の合わせ目を消した程度で、手は加えていません。

■脚部
後ろ側下半分の合わせ目を消した程度で、手は加えていません。

■武器類
ライフル、サテライトキャノンにはガッツリと合わせ目があります。
工作としてはそれらの合わせ目を消した程度で、手は加えていません。


最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました!
この子はお嫁に行ってもらう予定なのですが、嫁ぎ先が見つからなかったときは、ガンダムX魔王を作って並べてみたいですねw

開く コメント(14)

イメージ 1
MGズゴックと旧キット1/100ゾゴックを使って、MG版ゾゴックを製作しました。
甲羅をどうするか?具をどうするか?といろいろと悩みどころが多かったですが、晴れて完成にこぎつけました。当分の間はMG化されませんよーに!と祈るばかりです(笑)

製作中に応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!
それでは画像をどうぞwww
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

■全体的な工作方針
関節部分の強度を確保するため、とにかくズゴックの関節機構をそのまま活用するような工作方法をとりました。

■頭部・胴部
いわゆる「甲羅」の部分です。
ズゴックのものとゾゴックのモノを部分的につなぎ合わせて、SSPを盛りつけてひたすら削って形状出しをしました。

■モノアイ周り
いわゆる「具」の部分です。
まず胴体内部の空洞を作るために、ズゴック胴体の内部メカ部分を、腕の接続部分を残してカットしました。あとはモノアイの受け皿としてラジコン用パーツを真ん中に配置して、それらしくしています。モノアイ自体はジャンクパーツの組み合わせです。


■腹部・腰部
お腹のパーツはズゴックのモノにエポパテを盛りつけ、ここもやはりひたすら削って形状出しをしました。
デカパン部分はズゴックのモノをベースにして、前後のふんどし部分にゾゴックパーツを部分的に貼りつけ、エポパテやSSPで形状出しをしました。

■腕部
ヒジ部分の外装を少しカットしていますが、上腕から前腕にかけてはほぼズゴックのままです。手首のところの円形状パーツはゾゴックのもの、巨大ハンドパーツはメガサイズガンダムのものを使用しました。指の本数が1本多いのはご愛嬌ということで(笑)

■脚部
太ももの一番上の蛇腹パーツにSSPを盛りつけて球状にしています。
膝からスネにかけては、ズゴックの外装のヒザ小僧をカットして、MG旧ザクのふくらはぎパーツを部分的にカットしたものをくっつけて、SSPを盛りつけ、またまたひたすら削って形状出しをしました。
足首は、外側はゾゴック、内側はズゴックという感じになっています。
詳しくは製作途中の画像をご覧ください。

■武装
ブーメランカッターはプラ板で原型を作り、複製で10本そろえました。
シュツルムファウストはMGドムからの流用です。

最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました!
あ、この子が今年一作目の完成品ということになりますねw

開く コメント(18)

LUNA GANS 〜完成報告〜

イメージ 1

wave製1/20キットのルナガンスを製作しました。
明日10月13日(日)金沢市民芸術村にて開催される「SF3D to Ma.K kanazawa Meeting」用の作品です。
お近くの方も、遠方でご都合のつく方もぜひ会場に足を運んで、生でステキな作品たちを見てくださいね

さっそくですが画像をどうぞ!
イメージ 2

特に手を加えたところはなく、とにかく接着箇所の合わせ目消しを丁寧にやりました。
最近のガンプラとは違ってスナップフィットではないので、「プラモ作ってるな〜」という気分にさせてくれるキットですね(^^)

イメージ 6

カラーリングは「宇宙っぽさ」をコンセプトにしています。
僕の中で、宇宙服=「全体は白+赤いライン」みたいなイメージがあるので、それをそのまんま再現してみました。(実はちょっとマクロスも意識していますwww)

イメージ 7

塗装は、下地にサフ→凹凸部分を中心に黒を→全体に白をムラムラに→赤いラインをアクリルガッシュで筆塗り→墨入れ&デカールでフィニッシュとしております。
今回はあえてトップコートを吹かず、ツヤ加減に変化をもたせてみました。

イメージ 8

イメージ 13

イメージ 9

イメージ 3

イメージ 10

イメージ 4

イメージ 5


展示会用に飾り台も作ってみました。
乗っけるとこんな感じです。
イメージ 11

なんてことはない、キットの箱の側面を切り抜いて写真盾に挟んだだけの、超お手軽仕様です(笑)

イメージ 12

では、SF3D to Ma.K kanazawa Meeting展示会の様子は後日レポ記事にてご紹介しますので、どうぞお楽しみに〜

P.S.
この「踊るカラス」のマーキングがイイですよね〜。
イメージ 14
烏製作隊の一員としてはなかなかうれしいマーキングです(笑)

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

開く コメント(20)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事