電波塔の少年

ブログ更新できない。しかし近日中に必ず書く。劇団民藝の「真夜中の太陽」チケット発売もまだ買えず。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

   合唱のあと、休憩がありお芝居です。

 
  「真夜中の太陽」は、見るのは3度目でストーリーも
  わかっているが、やはり泣けてくる。

   ストーリーは同じですが、進化しているとも思えた。

   マービン先生役のジェイソンは初回に比べると 滑舌もよくなった。

   素人考えだが、それぞれの生徒の 個人的なエピソードを入れ込んでいけば
 
   もっと思い入れが深くなるような気がした。

   印象的だったのは、生き残った生徒が、みるみるうちにおばあさんになっていく

   ところ、役者さんというのはすごい。

   いわゆる戦争関連もののお芝居だが、今年はまた深い意味合いを持っていた

   ように思う。

   このお芝居 もっと全国的にやってほしいし、学校での公演にもすごく向いて

   いると思う。

   来年 再再再演 をぜひやってほしい。
   
                      おわり
   

 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事