電波塔の少年

ブログ更新できない。しかし近日中に必ず書く。劇団民藝の「真夜中の太陽」チケット発売もまだ買えず。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

      *谷山浩子「猫森集会」Bプログラム
      *日時: 2011年9月19(月祝)  
      *会場: 新宿スペースゼロ
      *ゲスト: 山川恵津子(CHO, KEY)


    開場時間の5分前にスペースゼロに到着。ぱせりさらだ君とはすぐに合流。

    ぱせり君は 奥さんと 六本木の サントリー美術館へ行ってきたという。
    

    そして会場前には長い列が。 

    私が「何でこんなに並んでいるんだろ」と言うと、そばに。いた常連さんが
 
    「CDの特典のサインとクリアケースをもらうため」と教えてくれました。
 
    多分 もうCDをすでに買っていて、サインをもらうためにまた買う人もいる
    
    はず。 すごいこと。 そういえば いつも私が会場内に入ったときはいつも

    特典のサインは もうありません。という案内が売店に出ていた。

    何年かぶりに パンフレットを購入。なかなか豪華です。

    ロビーに花が飾られていたのですが、 あの ヘビメタバンド 陰陽座から

    大きなものが、そして 目に着いたのが、フジテレビ 「僕らの音楽 音組」

    からも 大きな花が。 この番組のプロヂューサー氏は 「谷山浩子のオールナイト

    ニッポン」を聞いていた人で、当時は谷山ファンだった方で 不思議ではないが、

    特に意味はないのかもしれないが。逆に意味があってほしい。

    5年前、スタジオジブリから 花がきていて、なぜジブリから と不思議に

    思っていたら、翌年 「テルーの唄」が出た。

    だから 何かあるのかと思ってしまいますが。

    ぱせり君にも話したのだが、この会場では ステージを四方から客席を囲む形

    なので どこに座ってもステージが近く見えるのが良い。

    コンサートはほぼ6時ちょうどに始まりました。

    内容はすばらしかったですが、詳しいことは」24日の2回目が終わってから。

    

    

    


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事