電波塔の少年

ブログ更新できない。しかし近日中に必ず書く。劇団民藝の「真夜中の太陽」チケット発売もまだ買えず。

全体表示

[ リスト ]

 
 
    コンサートの内容の続きです。
  選曲は初期の曲中心で、しかも私好みの曲ばかり。
    帽子屋さんで始まり、「風を忘れて」は最近はコンサートで
  聞いてないけど、初期の曲のなかでは筆頭で良い曲。
 
  続けて「河のほとりに」「すずかけ通り3丁目」とこれもすばらしいのだが
  「赤い靴」もひさしぶり。当時は全く聞けなかった「不思議なアリス」も
  山川さんのコーラス付きで。
 
  「水蜘蛛」は山川さんのリクエストで。谷山さんは意外だったと。
  これもライブでは初めて聴く曲。山川さんナイスリクエストです。
 
  山川さん当時は緊張してKEY の前で固まっていたそうですが、
  そんな感じは全く感じなかった。
  トークでは、同じアパートの隣同士で住んでいた話に。
  山川さんは 大学の寮にいたが、仕事をしていたことがばれて
   寮を出ることになり、ピアノが置けるアパートを探していた。
   見つけたところは、踏み切りのそば。 踏み切りのそばはうるさいから
  ピアノは OK だったのだろうとのここと。
  そして 隣の部屋があいている と 谷山さんに話したところ、
  谷山さんが引っ越してきたという話。
  谷山さんは 踏み切りの音には 慣れなかったらしい。
  そして エピソードがひとつ。
  夜中に 山川さんから 泣いて電話がきた。
  ゴキブリが出たと。 谷山さんはスリッパを持って退治にきてくれた。
  とか。
 
  トークは グダグタながら、相当に面白い。
  山川さんは 谷山さんの曲を 変態 というようなことを言い、
  何の曲か覚えてないが、「小泉今日子なら あーいうアレンジは
   しない」と。 
  谷山さんは 最後のほうでは「昔は仲良かったよね」と。
  期待とおりの展開でした。
 
                         つづく
   

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事