電波塔の少年

ブログ更新できない。しかし近日中に必ず書く。劇団民藝の「真夜中の太陽」チケット発売もまだ買えず。

全体表示

[ リスト ]

「谷山浩子コンサート〜デビュー40周年大感謝祭〜」セットリスト
01-1.ほしのよる
01-2.クリスマスツリー
01-3.天使のつぶやき
02.お早うございますの帽子屋さん
03.カントリーガール
04.ねこの森には帰れない
05.たんぽぽ食べて
06.恋するニワトリ
07.まっくら森の歌
08.てんぷら★さんらいず
09.風になれ〜みどりのために〜
10.王国
11.海の時間
12.ひとりでお帰り
13.カイの迷宮
14.ドッペル玄関
15.さよならのかわりに
16.電波塔の少年
17.よその子
18.さよならDINO
19.NANUK

En1.銀河通信
En2.同じ月を見ている
En3.意味なしアリス

メンバー
谷山浩子(Vo./Pf.)
古川昌義(G.)
佐藤研二(B.)
高橋ロジャー和久(Dr.)
斎藤ネコ(Vl.)
山川恵津子(Cho.)
石井AQ(Syn.)
 
  11月10(土)に東京国際フォーラムホールCで行われた谷山浩子デビュー40週年
  記念大感謝祭に行ってきました。
 
  レポートは何回かにわけてすこしづつ思いつくままに書いて行こうと思います。
 
  3時間に及ぶコンサート、楽しみました。
 
  で、翌日のTWITTER で 話題沸騰したのが、「メルヘンババア」という言葉。
  翌日のサンケイスポーツにこのコンサートの記事がでていたのですが、
  見出しが「メルヘンババア」 これは 谷山さんのこの日のトークで出た言葉
   ですが、さすがスポーツ新聞、この言葉逃しませんでした。
   谷山さん、デビュー当初ある評論家の批評で 「大人の歌を作ったほうが良い
   メルヘンババアになるなら別だが」と書かれたとことを紹介。そしてすかさず
  「なりました」 と。場内大爆笑。そして拍手。
  この話題で翌日も楽しませてもらいました。
 
                                 つづく
  

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事