電波塔の少年

ブログ更新できない。しかし近日中に必ず書く。劇団民藝の「真夜中の太陽」チケット発売もまだ買えず。

全体表示

[ リスト ]

 
 
      谷山浩子さん40周年記念デビューコンサートの続きです。
 
   開場されて、階段を登ると、グッズ売り場がありましたが、もう人で一杯。
   列が出来ていて、買うのをあきらめ、終演後多少迷ったあと、のこちゃん
   マグカップを買いました。 やはり40周年記念箸と茶碗のセットが良かったか。
   
   それと、「花とゆめ」の購入特典の 特典を引換え券でもらいました。
   これは アピーリングで過去掲載された谷山さんのインタビュ―集でした。
 
   いよいよ開幕ですが、最初は谷山さんだけでした。 もう余り覚えてないの
   ですが、谷山さんの 語り から始まりました。 それは 7歳富木作った
   「ほしのよる」の紹介だったような。 これまでラジオなどでは少し歌ってくれ
   たことはありましたが、ちゃんと聞くのは初めて、ちゃんと曲になっているのは
   すごい。 そして 「クリスマスツリー」 この曲は初めて聞く曲でした。
 
   「猫の森には帰れない」から  山川恵津子さんが参加。シンセの席に
   座ってます。 左手で 真っ赤なピアニカを弾き、右手でシンセを弾いて
   いました。 
   35周年の時、何故山川さんが出てないのだろうと残念に思っていたので
   ほんとによかった。 
   ただ 1部でいえば。この日のコンサート 満足したのですが、
   初期の頃の曲をもう少し聞きたかったという気もしました。
   「猫の森には帰れない」や 「もうひとりのアリス」のアルバムの中の
   曲とか、「山猫おことわり」とか「本日は雪天」なりとか「不思議なアリス」とか
   せっかく山川さんもいることなので、聞きたかったという思いはあります。
   しかし、とにかく曲数が多いのと、40年といいう長さを考えると志方ないこと
   ないこともわかっております。
                                    つつく
   

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事