ここから本文です
『趣味の中国通史』

書庫全体表示

今回は東漢霊帝熹平四年の続きです。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
河間王劉建の孫劉佗を任城王に封じました。
 
河間王劉建は諡号を貞王といい、恵王劉政の子、孝王劉開の孫です。劉開は章帝の子です。
霊帝は河間孝王劉開の曽孫なので、劉建の孫劉佗は霊帝の一代下の親戚になります。
任城王は光武帝の子劉尚(任城孝王)の家系です。霊帝熹平三年174年。前年)に劉博が死に、子がいなかったため国が廃されました。
『孝霊帝紀』の注は劉建を「桓帝の弟」としていますが、桓帝の父は蠡吾侯劉翼で、劉建の父は河間恵王劉政なので誤りです。
また、『後漢書光武十王列伝(巻四十二)』は「霊帝がまた河(河間)貞王劉建の子新昌侯劉佗を任城王に立てて孝王の後を奉じさせた」と書いており、中華書局『後漢書孝霊帝紀』の校勘記が「劉佗は劉建の孫ではない」と解説していますが、ここは『孝霊帝紀』本文と『資治通鑑』のまま、「劉建の孫劉佗」としました。
『光武十王列伝』によると、劉佗は王位に立って四十六年後に魏が漢の禅譲を受けたため、崇徳侯に落とされます。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
夏四月、七つの郡国で大水(洪水)がありました。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
五月丁卯(初一日)、天下に大赦しました。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
延陵園で火災がありました。
延陵は成帝陵です。
 
朝廷が使者を派遣し、符節を持って延陵で告祠(祭祀)をさせました。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
鮮卑が幽州を侵しました。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』と『資治通鑑』からです。
六月、弘農と三輔が螟(害虫)に襲われました。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』からです。
朝廷が守宮令を鹽監に派遣して水渠を穿ち(水路を造り)、民のために利を興しました。
 
「鹽監」は地名のようですが、『孝霊帝紀』の注が「『前書(漢書)地理志』および『続漢(後漢書)郡国志』とも『鹽監』がない」と書いています。
 
[] 『後漢書孝霊帝紀』からです。
郡国で災害に遭った者に令を下し、田租の半分を減らしました。傷害(損害)が十分の四以上になる者は收責(取り立て)しないことにしました。
 
[十一] 『後漢書孝霊帝紀』からです。
冬十月丁巳、天下の繋囚(囚人)で罪()がまだ決していない者に命じ、縑(絹の一種)を納めて贖罪させました。
 
[十二] 『後漢書孝霊帝紀』からです。
沖帝の母虞美人を憲園貴人に、質帝の母陳夫人を渤海孝王妃にしました。
虞美人は順帝の美人で、陳夫人は渤海孝王劉鴻の夫人です。
『孝霊帝紀』の注によると、憲園は洛陽(雒陽)の東北にありました。
 
『後漢書皇后紀下』によると、小黄門趙祐と議郎卑整(卑が氏です)が「春秋の義においては、母は子によって貴くなるものです(母以子貴)。隆漢の盛典では、母氏を尊崇しており、外戚の立場にいる者も全て寵を加えられない者はいません(凡在外戚莫不加寵)。しかし今、沖帝の母虞大家(大家は女子の尊称です)と質帝の母陳夫人は、どちらも聖帝を生んだのに(誕生聖皇)、まだ称号がありません。臣子が賎しくても(賎しい臣子でも)(功績があったら死後に)なお追贈の典(制度)があるものです。二母は健在なのでなおさらです。崇顕の次(等級)を蒙らなかったら、先世を遵守して後世に伝え示すことができません(無以述遵先世垂示後世也)」と上書したため、霊帝が二人の地位を正し、太常を送って憲陵(順帝陵)、懐陵(沖帝陵)、静陵(質帝陵)に報告しました。
 
[十三] 『後漢書孝霊帝紀』からです。
平準(官名)を中準に改め、宦者を令にして内署(宮内の官署)に列しました。
この後、諸署が全て閹人(宦官)を丞令にするようになりました。
『孝霊帝紀』の注によると、平準令は一人で、秩六百石です。
 
[十四] 『資治通鑑』からです。
安国が拘彌を攻めて大破し、その王を殺しました。
戊己校尉と西域長史がそれぞれ兵を発し、拘彌の侍子(人質として漢の朝廷に送られていた王子)定興を輔佐して王に立てましたが、人衆は千口しかいませんでした。
 
 
 
次回に続きます。




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事