サンル川を守る会 Information

天塩川水系サンル川 森と川の営み繋がる魅力をお伝えしています

全体表示

[ リスト ]

http://www.hokkaidofreshwaterfishconservation.net/forums/13th/images/2013forumflyer.jpg
昨年12月に国交省や開発局などにあて意見書『サンル川のサクラマスとカワシンジュガイは世界の貴重な自然遺産』を提出した北海道淡水魚保護ネットワークによる講演会が開かれます。
今回のフォーラムは、この意見書にも述べられているように、『ダムが河川生態系や生物多様性にどのような影響を与えてきたか、あるいは与えようとしているかについて考えてみたいと多彩な講師陣によるプログラムが用意されています。
コーディネーターは、天塩川流域委員会で委員を務めた前川北大名誉教授。私たちが主催したフォーラムでもお話いただきました、大熊新潟大名誉教授の治水のお話も楽しみです。
 ***************
■日時:2013年3月20日(水)午後1時〜午後5時30分
■場所:
北海道大学学術交流会館講堂
■主催:北海道淡水魚保護ネットワーク
■入場料:無料
■お問い合わせ:
北海道淡水魚保護ネットワーク事務局

***************
■プログラム
●イントロダクション「フォーラムの背景と開催趣意」
前川光司(北海道大学名誉教授)
●講演
大熊孝(新潟大学名誉教授・NPO法人新潟水辺の会代表)
「川とは?−日本の川の現状と治水のあり方−」
福島路生(国立環境研究所)
「ダム開発と淡水魚の保全」
●話題提供&パネルディスカッション
「ダムによる生態系の変化とこれからの課題を考える」
竹門康弘(京都大学)
「戦後の流域土砂動態の変化と河川生態系の現状から河川整備計画を考える」
岩田智也(山梨大学)
「ダムによる河川物質循環の変化」
古林英一(北海学園大学)
「ダム建設をどう考えるか?―経済学の考え方から―」
平田剛士(フリーランス記者)
「『イトウ繁殖地直撃ダム』分断の記録」
***************
詳細はこちらから

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事