三線ism 三味線ism 左大文字流 ひだりだいもんじりゅう

三線・三味線コード弾きユーザー1500人突破!ありがとうございます!

三線 三味線

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 さてみなさんこんにちは

 最近はなかなか小忙しくて、youtube動画のアップができないんですが、それでも時間を見つけて新曲を弾きました。



まずは、三線バージョンから。

 『四月は君の嘘』というアニメの主題歌、「光るなら」です。

 三線では半音4つ分上げていますので、かなりハイテンションになっています。通常だったら、カポをつけて弾くことも多いのですが、今回は、ギリギリ状態がどんな風になるのか試したかったので、カポなしで弾きました。


 弦の張力を考えると、チューニングで全音(半音2つ)上げて、かつカポ2にしてもおなじ半音4上げになるので、そちらのほうがいいかもしれません。



 疾走感のある曲なので、ジャカジャカいってます。




 おなじ曲をPocketRockでも弾きました。こちらも、三線とおなじキーに合わせてあります。ポケットロックはもともとキーが高いので、弦張に関してはこっちは問題なしです。


 PocketRockも勢いでジャカジャカいってるのですが、細かいことを言えば、「E」と「Em」などが構造上おなじ押さえ方になっているので、ちょっとコード感があっさり目かな。



 しかし、かるーくコード弾きをするには最適の楽器です。

開く コメント(1)

 さてみなさんこんにちは
 
 日曜日は神戸・新長田で恒例の「琉球祭」が開催されました。台風が近づいていたこともあって、メインの


 鉄人28号広場


ではなく、やや移動した場所でのお祭りでしたが、雨がなんとか降らずに持ちこたえました。

 今年も沖縄の三線屋さん「ASOVIVA」さんがブースを出しておられたので、激励に!


イメージ 1

神戸・長田には沖縄にゆかりがある人も多く、三線ブースは盛況でした。

 実際に三線を弾いておられる方もたくさん訪れていましたので、ケースやパーツなど、いろんなものをお求めになる方が多かったように思います。

 昨年は、私はブースのお手伝いをしていたのですが、今年は家族とともに「お客さん」として遊びにいきました。


 沖縄そばなども食べることができ、大変楽しかったです〜。


==========


 ASOVIVAさんのさいきんの一押し&人気商品は「ミニマム三線」だそうです。


イメージ 2
(画像はASOVIVAさんからの転載です。琉球祭で写真撮ればよかった)


 ウクレレサイズの小さな三線で、楽器としてはなかなか限界をきわめた小さなサイズ。


 実機をいくつも展示しておられましたが、面白い楽器です(^^


 私もシャミレレをたくさん作ってきましたが、まさに三線をスケールダウンした「シャミレレ」ですね。


 2棹め、3棹めくらいに欲しい(笑)楽器です。



==========

 そういえば、新長田駅前の巨大鉄人28号は有名なのですが、なんと街灯まで鉄人だったのには、今まで気付きませんでした。


 新長田を訪れた際には、ぜひちらりと空のほうも見上げてみてください。

イメージ 3

開く コメント(0)

さてみなさんこんにちは

ちょっと時間が空いてしまいましたが、三線ギター「ルーグギター」の音出しができましたので、その様子をyoutubeでアップしました。



三線ギター レビュー

この楽器は、以前にも取り上げましたが、もともとは子供向けの3弦ギターです。ただ、棹の太さが三線とほぼ同じで、弦長もそれほど違わないので、三線ギターとして十分対応可能です。

ギターの音色が欲しい場合などに重宝しますし、三線弾きとしてはぜひ一度触っておいてほしい楽器なので紹介しました。

また機会があれば、楽曲のほうもアップしたいなあ、と思っております。



開く コメント(0)

さてみなさんこんばんは

週が明けたので、大ガラクタ市がまだまだ続きます。

今週の逸品はこちら

イメージ 1

ごみから作った「ごみせん」です。

基本的に廃材利用なので、みかけは悪いですが、音はかなりまろやかないい音がします。クラシックギターのようなふんわりした音です。

このシリーズの楽器は、ものすごい特徴があって、実は「ネックが薄い」というギターみたいなつくりになっています。

ふだん、三味線や三線しか弾いたことがない人には伝わりにくいかもしれませんが、エレキをやっている人に説明するとすれば、

フェンダーのギターより薄い、ギブソンのレスポールカスタムみたいな感じ

とか

ああ、Ibanezのギターみたいな感じね

とか、そういうことです(笑)


数値で説明すると、通常の三線の場合、棹の幅ではなく厚みは2センチ〜くらいで、三味線だと2.5センチ近くあるのですが、この「ごみせん」や、その通常材バージョンは、1.5センチしかありません。

なので、コード弾きをするのには、ものすごく弾きやすいのですが、今のところその「すばらしさ」を知っているのは世界で私ひとりです(わはははは)

ちなみに、写真をみるとわかりますが、ネックを薄くすると強度が落ちるので、棹の幅のほうは、通常より太くなっています。寸法で言えば、3センチあります。

幅が広くて薄い、という作りなので、持った感じの第一印象は「あ、ギターみたい」だと思います。

このタイプは、 ガラクタ品が3棹くらいあるので、先着3名さまぐらいまでは大丈夫です。

価格は1500円で、まあいいか。


開く コメント(0)

さてみなさんこんにちは

寒くなってきましたが、日曜日のたそがれ時いかがお過ごしでしょうか?

ずっとやりたかったのに、なかなか時間が取れずにアップできなかった新曲を、本日はなんと2本撮りでお届け。


「やさしくなりたい 斉藤和義」

まずは、今回紅白初登場らしい斎藤和義さんのナンバーを承知しました(^^

なんと、今回の試奏は姿かたちだけご披露していた「サイレント三線S4」の実音をはじめてお届けです。

アンプはVOXのちびこいポータブルアンプで、オーバードライブがすこしかかっています。

サイレント三線S4は、ぱっと見ると「あの名ギターにそっくり」なのですが、ちゃんと糸巻きも3本だし、演奏システムは三味線そのものですのでご安心ください。

演奏のほうは、簡単なコードばかりです。CFCから3半音下げていますので、ややベロベロです。


「全力少年 スキマスイッチ」

もう一曲は、スキマスイッチの名曲「全力少年」を。

はじめてこの曲を聴いたときは「やられたなあ〜」という印象でした。少年ならではの疾走感をこういう形で曲にするセンスに脱帽、という感じ。

残念ながら私はもう完全に「脱力中年」ですので、ちゃんと声も出ていないし、(だんだん高音があかんようになりつつあります)演奏も微妙ですが、お許しくださいませ。


開く コメント(0)

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事