全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

明けましておめでとうございます。

私は山梨県・埼玉県と、海のない場所で生きてきましたので、海から
昇る初日の出や、海に沈む夕日などは見たことがありません。
山から出てきて山に沈む上の絵のような光景でも、それはそれで
感動的であり感傷的でもありました。

今年の元日は、関東圏は快晴で暖かく、最高の年明けを迎えました。
喰いぶちを探してウロウロした戌年(犬)が終わり、目標に向けて
脇目もふらず突っ走る亥年(猪)のスタートに相応しい幕開けでした。

初心忘れず、初志貫徹で、猪突猛進気分で頑張りましょう!

と、ここで終わりにすれば「いい子」でいられるのですが、なんたって
「天邪鬼」の私ですから年初から愚痴の1つ・2つ!

★ クリスマスが終った頃、気象庁から「週間天気予報」みたいな物が
   発表されました、
   「年末年始は最大級の寒波に見舞われ、関東地方の平野部でも
    積雪の恐れがあります。帰省などにはご注意ください」
   というものでした。
   これを受けたテレビの「気象予報士」たちは口を揃えてチーパッパ!

   当店の女の子たちも心配して、帰省はどうしようかとか、お店は
   営業するの? とか、やきもきしていました。

   私は屁の河童、いい天気だから心配するなよ! 年末年始も営業は
   するから出勤してよ、と話していました。

   その結果がこれ! 寒いだの雪だのって何の話し!?
   私は76年も生きてきましたが、正月が悪天候だったのなんか
   まず記憶にありません!
   小さいころから正月は楽しみにしていましたが、天気が悪くて
   がっかりしたという記憶がないのです!

   ちなみに調べてみましたら、過去50年の首都圏の元日の天気は、
    晴れ 42日  曇り6日  雨2日
   でした。

   経験上も、実際のデータでも、雨や雪など降る訳がない・・です!
   どうしてそうなのかは分かりませんが、神様のご褒美でしょうか?

   どでかい気象庁、各地の気象台・測候所、そこに働く多くの人々。
   スーパーコンピューターや気象衛星。
   年間に何百億・何千億という税金を消費しているにしてはご粗末!

   「元日は過去50年、雨は2日しかなく、ほとんど快晴でした。従って
   この年末年始も恐らく晴れて穏やかな陽気となるでしょう。」
   で、費用はほぼ0! 当たりは100%!!

   もし外れて雨だったら?
   今の天気予報だって2割〜3割は外れているでしょう。
   外れたって気象庁の誰一人責任を取るわけでもないのですから、
   余分な税金を使うだけ無駄というものです!


★ 広告代理店・保険屋・新聞販売店からカレンダーを貰いました。

   や・や・や・ ?
   どのカレンダーにも2019年と書いてあるけれども
   平成31年の文字がない!
  今日は平成ではないのか?

  昨日生まれた人・今日生まれた人の誕生日は西暦だけ!?
   そんな訳ないだろ? 平成31年1月2日生まれ じゃないの?

   誰の指図でそんなことをしているのか!?

   やる方のアホと、やられっぱなしのドアホ!

   ♪ こ〜んな日本に〜、誰〜れがした〜 ♪


正月早々言い過ぎの感がする愚痴ですが、ウロウロするイヌが終って
思う所に突進するイノシシの年ですから、バンバン行きますよ今年は!

上の気象庁関係の役人? 団体職員?
カレンダーに平成を載せないように指図?した?愚か者!

NHKのドラマの チコちゃんに叱られるぞ!

      ボーっと生きてんじゃね〜よ!   




   





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事