全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

多忙でしばらく競馬の記事を書けませんでした。
そうこうしているうちに桜花賞も終わり桜も散って、やっと春が?!

新聞だけは見ていましたが、いつもいつもルメール・デムーロばかりで
面白くもなくやる気も失せていたのですが、今日の新聞で「あれっ?」と
思い、急遽買ってみたくなりました!

今日(土曜日)は中山で「オジュウチヨウサン」の大障害があったのです
が、その陰に隠れて阪神で「アーリントンカップ」というGⅢがありました。

記憶違いかも知れませんが、狭い阪神競馬のGⅢは16頭立てだったのでは? と思っていたのに、何と18頭立てだったのです!

こりゃ何かおかしい!?
ひょっとして、皐月賞18頭立ての「暗号」が有るのでは?

それで出馬表を見てみると、ややや、何じゃこりゃ???

1枠  1番 ミッキースピリット
8枠17番 ミッキーブリランテ

賞のツキが、気が付かないようにセットされているではないか!!

これがおかしくなければ、今年中おかしい事はない?
という事で皐月賞の出馬表を眺めてみると、

ぎゃぎゃぎゃ!

1枠 1番 アドマイヤマーズ
8枠17番 アドマイヤジャスタ

こんなのが偶然と言うのなら、世の中のすべてが偶然だろう!
マーズは火星の事で、天体レース皐月賞にピッタリ!

後は野となれ山となれの心境で、

  皐月賞 馬連 1−17 1本勝負!

勿論、三連単などもびっくりするほどの無印を絡めて買うつもりです♪

折しも発表されたブラックホールのようなでっかい穴が当たるかも!!

ちなみに、暗号用にセットされたアーリントンカップ

1・2着はまったく無印の5枠2頭で、12番人気・7番人気でした!
1番人気のルメールは16着、3番人気のデムーロは9着でした!

ありがたや、皐月賞の大穴ブラックホールは5枠に潜んでいるかな?

そんなこんなで、久しぶりに勝負してみようと思っています!!


  

 




        この庭に 魅を競いたる おみなえし(女郎花)
                    主のお声を 待ち咲き誇る

   素晴らしい新人が入店しております!
   詳細はホームページまたは写メ日記などでご確認ください。

イメージ 1
                 霧島 はるか さん

イメージ 2
                   美波 ここ さん

イメージ 3
                  望月 くみ さん

イメージ 4
                    これは誰?

      一番上の、妖艶な「霧島 はるか」さんの普段着です(笑)






イメージ 1

  池の水全部抜くというテレビの企画番組が人気の昨年でしたが、
  JRAのG1全部取るみたいな、ルメール・デムーロの1年でした!

  その結果、例年のごとく ありゃま〜記念 となった有馬記念!!

  この分では今年の金杯も 金杯で完敗 かな? いやいや・・

  何と、荒稼ぎのルメール・デムーロが祖国に凱旋したのか今週は
  姿が見えません!?

  ここで大穴が出なきゃ、今年も貧乏人泣かせの中央競馬だよ!

  ってなわけで、勝手に大穴確定と睨んで勝負・勝負!!

  御託を並べても仕方がないので、買った馬券の披露宴です!

    中山金杯

       ◎ 4枠 8番  マウントゴールド
       ○ 6枠12番  タイムフライヤー
       ▲ 2枠 3番  コズミックフォース
       △ 2枠 4番  ランガディア

       4頭 BOXの 三連単 と 馬連


    京都金杯

       ◎ 1枠 2番  サラキア
       ○ 3枠 6番  アドマイヤアルバ
       ▲ 1枠 1番  ストーミーシー
       △ 2枠 3番  カ ツ

       4頭 BOXの 三連単 と 馬連


  ま、年の初めの運試し、これで当たれば今年は亥(いのしし)年!

  猪突猛進で、馬券を根こそぎ抜いてやろうと思っています!

  いつも威勢がいいだけで、結果が伴わないのが玉にキズですが(笑)

   

イメージ 1

明けましておめでとうございます。

私は山梨県・埼玉県と、海のない場所で生きてきましたので、海から
昇る初日の出や、海に沈む夕日などは見たことがありません。
山から出てきて山に沈む上の絵のような光景でも、それはそれで
感動的であり感傷的でもありました。

今年の元日は、関東圏は快晴で暖かく、最高の年明けを迎えました。
喰いぶちを探してウロウロした戌年(犬)が終わり、目標に向けて
脇目もふらず突っ走る亥年(猪)のスタートに相応しい幕開けでした。

初心忘れず、初志貫徹で、猪突猛進気分で頑張りましょう!

と、ここで終わりにすれば「いい子」でいられるのですが、なんたって
「天邪鬼」の私ですから年初から愚痴の1つ・2つ!

★ クリスマスが終った頃、気象庁から「週間天気予報」みたいな物が
   発表されました、
   「年末年始は最大級の寒波に見舞われ、関東地方の平野部でも
    積雪の恐れがあります。帰省などにはご注意ください」
   というものでした。
   これを受けたテレビの「気象予報士」たちは口を揃えてチーパッパ!

   当店の女の子たちも心配して、帰省はどうしようかとか、お店は
   営業するの? とか、やきもきしていました。

   私は屁の河童、いい天気だから心配するなよ! 年末年始も営業は
   するから出勤してよ、と話していました。

   その結果がこれ! 寒いだの雪だのって何の話し!?
   私は76年も生きてきましたが、正月が悪天候だったのなんか
   まず記憶にありません!
   小さいころから正月は楽しみにしていましたが、天気が悪くて
   がっかりしたという記憶がないのです!

   ちなみに調べてみましたら、過去50年の首都圏の元日の天気は、
    晴れ 42日  曇り6日  雨2日
   でした。

   経験上も、実際のデータでも、雨や雪など降る訳がない・・です!
   どうしてそうなのかは分かりませんが、神様のご褒美でしょうか?

   どでかい気象庁、各地の気象台・測候所、そこに働く多くの人々。
   スーパーコンピューターや気象衛星。
   年間に何百億・何千億という税金を消費しているにしてはご粗末!

   「元日は過去50年、雨は2日しかなく、ほとんど快晴でした。従って
   この年末年始も恐らく晴れて穏やかな陽気となるでしょう。」
   で、費用はほぼ0! 当たりは100%!!

   もし外れて雨だったら?
   今の天気予報だって2割〜3割は外れているでしょう。
   外れたって気象庁の誰一人責任を取るわけでもないのですから、
   余分な税金を使うだけ無駄というものです!


★ 広告代理店・保険屋・新聞販売店からカレンダーを貰いました。

   や・や・や・ ?
   どのカレンダーにも2019年と書いてあるけれども
   平成31年の文字がない!
  今日は平成ではないのか?

  昨日生まれた人・今日生まれた人の誕生日は西暦だけ!?
   そんな訳ないだろ? 平成31年1月2日生まれ じゃないの?

   誰の指図でそんなことをしているのか!?

   やる方のアホと、やられっぱなしのドアホ!

   ♪ こ〜んな日本に〜、誰〜れがした〜 ♪


正月早々言い過ぎの感がする愚痴ですが、ウロウロするイヌが終って
思う所に突進するイノシシの年ですから、バンバン行きますよ今年は!

上の気象庁関係の役人? 団体職員?
カレンダーに平成を載せないように指図?した?愚か者!

NHKのドラマの チコちゃんに叱られるぞ!

      ボーっと生きてんじゃね〜よ!   




   




有馬記念の「暗号」は「有馬戦士ガンダム」という事でしたが、これから導きだされるのはガンダムのスター「アムロ・レイ」ということで、買いたくもない1番人気「レイデオロ」かと思ったら何と2着!

もう1頭がどうしても分からなかったのですが、終わって見れば・・・・・!
そうです、あらゆるメディアが「平成最後の有馬記念」と連呼してました。

   ラストワンピース 1着

こんな単純な結果で、今年も「ありゃま記念」となってしまいました!

最近になって「暮れのグランプリ」「夢のグランプリ」の後に「へのG1」が
行われるようになったのですが、天邪鬼からみれば、正月用の資金を
かすめ取ってやろうという競馬会の「ぼったくり」みたいなもの?

なぜ「へのG1」なのか?
牝馬限定の「桜花賞」が「処女の運動会」と言われるのは言いえて妙!
何となく艶っぽさも感じ取れて素敵なんですが、2歳馬の2000mなど
保育園の跳んだり跳ねたり」みたいなものだからです。
とてもG1と言えるような代物ではないでしょう。
馬券を売るためだけのキャッチコピーホープフルS

でも「暗号解読」の立場からは、やはり参加しないわけにはいきません。

イメージ 1

競馬会が提供するレースタイトルのバナーは上の通りです。
やはり気が咎めるんでしょうか、G1の文字が小さいですね (笑)

ここには「暗号」らしきものは感じられません。
やはり中央競馬会が提供し、テレビや新聞紙上にデカデカと載せている
広告」が曲者です!

イメージ 2
    新聞をスマホで撮影したので画像については悪しからず!

さあ、何が「暗号」でしょうか

     上のバナーを見れば分かる通り、12月28日(金)と書くのが
     普通の状態で、英語の略で書くなら FR I 横書きでしょう。
     なんていう縦書きの変な書き方をしたのでしょう!?

今まで何度となく同じような「変な」形や文言が暗号となっていました。
これは、
馬名の尻尾が「|」になっている馬が勝つよ! という「暗号」です!

   答えは簡単  ニシノデイジー  です!

都市伝説ではありませんが「信じる信じないは、貴方次第です。」


終わって見れば デムーロ ・ ルメール の1・2着!!
ほんとに嫌になりますね!?
確かに名前の中に「−」は入っていますけどね!?

ん?
ちょっと待てよ!?
今まで、日本の騎手の「不甲斐なさ」を嘆いていましたが、これって
的外れ?

アベノミクスが、政治家や大企業など金持ちに金が集まる仕組みだって
事がはっきりしちゃった今、どうやら読み違えていたのかも!?

昔から「薄利多売」という商法が一般社会では有効だったのですが、
まさにこれの現代版なのか?

    薄利多買い

つまり、配当が安くても沢山買えば大儲け!!

競馬もアベノミクスの恩恵を受けて、金持ちが大儲けをできるように
仕組まれていたのか?

ルメール ・ デムーロ で馬連 430円

私のような貧乏人は、こんな馬券をビクビクしながら買って、当たったと
しても設けは3300円ぽっちで、飲み代にもならない!
だから無理して1000円が1万〜2万円になるような穴をねらう。
結果は「あ〜あ、またルメール・デムーロかよ」でおしまい。

金持ちはそんな馬券を、1千万円とか買うんだろうから正に打ち出の小づち、3300万円も儲かってしまうのです!

    仕組まれている!

思いたくはないけれども、そうでも思わなければ理解が出来ない。
毎回毎回、外人騎手が交代で大レースを勝っているのに誰も文句を
言わないし、大勢の日本人騎手も何言わない!?

そんな事、信じられるか!!

と、犬の遠吠えで今年も暮れて、亥(いのしし)の来年に期待です!

どうぞ良いお年を!





全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事