進学塾サンテミリオン学習塾安比高原教室ペンションサンテミリオン

基礎力応用力合理的な発想力がつく安比高原で「学問のススメ」はどうですか!

塾長 エッセイ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」
四つ葉のクローバー;確率「10万分の1」

子どもたちの可能性は、大いに、大人が伸ばしてあげたいものですね。

平成27年7月1日現在の日本の総人口は、1億2695万人。             
平成27年2月1日現在の日本の総人口は、1億2699万1千人
年齢別は
・0〜14歳人口は 1619万1千人で,前年同月に比べ減少
・15〜64歳人口は 7747万5千人で,前年同月に比べ減少
・65歳以上人口は 3332万5千人で,前年同月に比べ増加
<日本人人口> 1億2531万9千人で,前年同月に比べ減少

増減は明記するまでもなく、政府の対策など四苦八苦されている現状は深刻な問題です。

長年、塾講師といたしまして、憂いていますことは、やはり・・少子化です。

2014年の小学生の数は、6,600,019人
2014年の中学生の数は、3,504,332人
小学生と中学生を合わせますと、10,104,351人と日本人口の10%にも満たない現実をどのように日本は考えていくべきか。

子どもたちが将来の仕事として何を選び、社会にどれだけ貢献できるのか、社会全体が様々な分野で運営され、充実した個々の生活を楽しむということが可能なのか。

多くの塾生が将来の希望を昔も今も、多く語ってくれています。大変喜ばしいことと、塾生に恵まれていますことに歓びです。

多くの親たちから相談を受けますことは、学業についてはもちろんですが、学校でのトラブル、また、家での自由な時間の活用法など、いろいろと問題が生じたときの対応策です。

子どもたちを、守り育てていかなければならない日本の大人が、常識以下の知育が氾濫している今の時代を、どう乗り切るのか、真剣に考え行動しなければならないのではないでしょうか。少ない子どもたちをどのような大人に育てるのかが、今生きている大人がすべき大変重要なことと考えます。

日本の子どもたちは、紛争地で暮らす子どもたちではないのですが、まるで、そのようです。なぜなら「子供らしさ」を感じ取れる子どもたちが、少ないという現実が、深刻だからです。

紛争地アフガニスタンの子どもたちに「子供らしさ」がないことは納得のいくところでしょう。危険や貧困に常にさらされているために、精神的に余裕がなく、無力感を抱いているからです。
「子供らしさ」がないということは「笑いや自身、生きる力がない」ということ。

日本の学校で子どもたちはどうでしょうか。岩手県だけではありませんが、集団でいじめが罷り通ることは、社会問題の特記すべきことです。

塾講師をして随分と時が流れましたが、どれだけの歳月をいじめ問題で明け暮れなければならないのでしょうか。

見て見ぬふりの学級単位のそのメカニズムは誰が作るのでしょう。
いじめに気付かない、気付かないふりをする。気付いても対処ができないのは、他人事で自分に被害が及ばないようにしなければ、という自衛本能なのか。そうならば、いじめんが無くなることについての正しい判断と行動を学習すればいいのだと思います。

「子供らしさ」を取り戻せるように、日本の国民の大人が総出でいじめを無くすことの学習をし、真剣に取り組めばいいのだと思います。
日本で、都道府県で、地域で、子ども会で、部活動で、学級で、さらに、最小単位である、子どもが育つ家庭教育が様々な基準で、複雑であるがゆえに、子どもを見守るエネルギーが多大といえます。

実際に、取組まれ、努力されましたことが、結果となって建設的な思考で育っている学校の子どもたちもいます。

英「BBC」によりますと、「紛争地の子どもたちが、サーカスに参加することによって、子供らしさが復活する」といいます。
社会的な活動を生かして「子供らしさ」を取り戻せるようになるのだそうです。

それは、なぜだと思われますか。

それは、サーカスの演目は、パートナーを信用しないと成功しないから。
信頼できる友人がいれば、学校は子どもたちにとって居心地の良い場所になり、スポーツも、学習意欲も、様々な創作意欲、音楽、芸術などにも関心が向けられることでしょう。 

サンテミリオン学習塾 塾長 大場敬子 2015.8.4記

お問い合わせ・ご予約   0195−73−5244

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」
四つ葉のクローバー;確率「10万分の1」

子どもが簡単に言葉を覚えられるのは、「子どもの脳」の持つ「特殊な能力」に関係している。
周囲の様々な刺激に適応できる柔軟性、たとえば、モノの意味や抽象的概念、人間関係の理解などは「言語能力」からの影響がある。視覚・聴覚・触覚・臭覚、味覚などの五感も感受性と思考力が関係する。高度な「認知能力」が求められる文字や数の理解、複雑な思考などは「習得能力」の柔軟さが関係してくるのだ。脳がこうした柔軟性を持つ時期を「臨界期」と呼び12歳頃まで続く。
常識となっているその情報は、幼児教育の重要性、親の教育熱心な思考とさまざまな問題、母語より外国語の習得、英才教育、知能開発など、親を教育熱心な行動へと走らせる。焦点を必然的に「習得能力が高い時期」に定めてしまうかもしれないし、その時期を逃してしまったなら、あきらめという言葉が先行してしまうかもしれない。

さて、中学生の子どもを持つ親の年齢は、20〜70代。早くに出産する、晩婚で遅くに出産、又は年齢差での結婚のため父親が高齢の場合と、さまざまである。20〜70代の親としての「脳の柔軟さ」を考えるならどうだろう。
また、親自身の学校と教育に対する考えと希望なども、生徒の数だけ、親の数だけ異なるものがある。親の時代の学校の様相と随分と変化もした。授業内容、進み方、行事の内容と取り組み、教職員の個性、人数など。国、都道府県、それぞれの教育委員会と学校の方針など、その時代の流れ、社会風潮の影響を受けた施策など、あるべき目標とする教育形態を徹底することの難しさもあろう。今も昔も存在する、問題とされる共通因子。今日においては、右往左往という印象が強い。問題が生じるとそれを解決するための多大なエネルギーが必要とされる教育現場がクローズアップされている。学校、教育現場に求めるものが確かに大きく存在する。「脳の柔軟さ」が多大な問題に影響し合える良い意味での発展性のある、環境の良い、住みやすく、前向きな、相手を思いやる、本来の人の持つ特性の調和のとれた教育現場はいったいどのようなものだろうかと、思案に暮れてはしまうのだが・・。

人は一生涯「柔軟な脳」である必要と、そうあるべきだと願う。しかしながら、体は衰えていき、人は命の朽ち果てる時、つまり、脳も朽ち果て、衰え、終焉を迎える。それは、12歳から始まるのだ。脳の老化、脳に「適応学習」を終えるように命令を伝えているとされる「酵素」があるからだというのだ。「ヒストン脱アセチル化酵素」というもの。その酵素の働きを止めるものがハーバード大学で研究されているという。その確かさを示す臨床結果が報告されているという。柔軟な脳を取り戻す研究は始まったばかりだということだが、「臨界期の活発な脳の働き」が大人になってからでも取り戻せるという、研究結果が発表されたということは喜ばしい。人が「知の限界を超える日」はすぐそこまできているのかもしれない。
・・とはいえ、我々の世代には到底間に合うはずもなく、「脳の柔軟性」は楽しんで学習し、暗記し、定着できるよう、何度も復唱することに徹するのみと、まだまだ、『塾生には負けないぞ!』と日々タイマーを片手に計算と英文朗読、記憶術に悪戦苦闘しております。    サンテミリオン学習塾 大場  2014.10.30 

Copyright(C)2014 Penshon Santemilion. All rights reserved.



お問い合わせ・ご予約   0195−73−5244

ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥
ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 
ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 
スタッフブログ     http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/
ママのブログ      http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 

ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 
ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 
レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 
ペットホテルブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 
サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 
サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 
婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 
楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/
BIGLOBE         http://saintemilion-appi.at.webry.info/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」
四つ葉のクローバー;確率「10万分の1
 
私の仕事は、小学生・中学生・高校生に、学業(主要5教科とその他)において、効率の良い知識の習得、テストによる成績の高評価を得させることです。
人間相手の仕事は沢山あります。○○スクール、教育に携わる学校など、塾講師に限らず、会社の営業、人事総務課、地域の福祉課など・・。
人間相手の指導者また責任者にとって、専門分野の仕事以外に・・ある程度習得しておかなければならない勤勉さが求められるかもしれません。それは、教育学の分野ですでに学んでいる人が多いかもしれませんが、社会学、心理学なども含まれるでしょう・・。
時代とめまぐるしい背景の変動も重なって今日において困難極まりない状況も多々あることでしょう。学んで知っていることと、そのことを柔軟に適用できることは、それもひとり一人の相手に合わせて適用することは難しくなってきています。職種や分野が異なるならさらに、膨大な数の適応能力が必要となるでしょう。
 
教育に携わる者は「知育」に関して意識し、一貫した指針を守り通す強い意志と、常にそのことが正しいかを確認しなければならないかもしれません・・。なぜなら、知的認識能力、思考能力、人間形成に深く関係するからです。その「知育」に関しては、「幼児教育」の塾として経営されております業者も随分と存在しています。効果があるのか、永劫に渡る益となるものなのかはわかりませんが、氾濫しております状況は・・考えさせられます。
親がふさわしい時に、本を読んだり、話を聞いてあげたり、一緒に自然や良い作品や展示品を通して話題を楽しんだり、見て麗しいもの、聞いて心地よいもの、食べておいしいものなどを子どもと共有したりすることの方が絶対的に良い影響を与えるのではないかと・・考えます。子どもの可能性を伸ばすには、親はわかっていて一歩引いたサポートをしたり、会話を楽しんだり、しつけがきちんとなされていることが大事だと思います。
 
入塾時の生徒とご父兄と面談をする際にお話をさせていただくことに、『「勉強をする」とは強いられてすること・・。学習はそうではないはずです。学ぶことが楽しい、嬉しい、頭を使って考えたりするのがたまらなく楽しい! 知っていることが多くなって歓びと感じられるようになる。さらに、もっともっといろいろなことを知って、知っていることの引き出しがいっぱい増えて、この引き出しとこの引き出しでこんな引き出しもできたよ・・。そんな学ぶことに「貪欲」になれるようなそんな指導を心がけております。読書家になるにはなるなりの理由があります。学問を習得したいと思うには心の状態が影響します。もちろん、環境もあります。普通の小学生が、今の時代、東大にだって入れます。』と、お話しします。
 
さらに、お話しさせていただきますことに『褒め育てをしてくださいと学校でも担任の先生からお話しされると思いますが、褒める内容とタイミングがわからないことはありませんか。テストの結果次第でお小遣いというご褒美を与えていませんか。子どもと親の都合のいい時間に宿題や自主勉をさせていませんか。学校での読書タイムだけで家で本を読むことが習慣になっていないのではありませんか。家族みんなで約束を守ることを大事にしてますか。』など、質問提起させていただきます。ご父兄の方と話題は尽きないのですが、ふさわしいときにふさわしいお話をさせていただいております。そのことによって、生活習慣や学習意欲が良い方向に進むことが多いです。
 
2014年の夏休み期間中、「子どもが成長する大きなきっかけとなるかならないか」は、学校で指導されます通り、「一日のスケジュール」を作成してどう行動できたかが大きくかかわってきます。
サンテミリオン学習塾では「有意義な夏休みとなるには・・」
    「計画」は、やる気を引き出し、やり遂げるものとして作成する。
    「自主学習」と「遊び」は、自分で自分を管理できるようにする。
    親と一緒に「ミュージアム」に行く。自然公園に行く。
この3点を強調しています。しかしながら、具体的にどのようにしたらよいのか・・ 詳しくはご相談ください。
計画して、予定通りに生活できようが、できまいが・・夏休みは間違いなく過ぎてゆく・・のではなく、「2014年の夏休みはどのような夏休みだったのか」を思い出し、小学生、中学生、高校生が
「悦に入る(物事が思うとおりにいって、心中で大いに喜ぶ)」ようでありたいものです。人と比べてではなく、「自分自身の心がどうか」が関係してくる夏休みであってほしいですね・・。
2014.7/26 サンテミリオン学習塾 塾長
 
 
お問い合わせ・ご予約   0195−73−5244
 
ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥
ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 
ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 
 
ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 
ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 
レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 
ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 
サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 
サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 
婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 
ママとカウンターバー檜のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 
ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 
ココログ         http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/
楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/
BIGLOBE         http://saintemilion-appi.at.webry.info/
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」
四つ葉のクローバー;確率「10万分の1
 
学業は、小学校、中学校、高等学校へと進学し、633年で12年間の教育期間が一般となっている。大学、大学院まで進学すると1618年間を費やすこととなる。義務教育は9年間(15歳まで)で終えてしまうが・・。国が定める「日本国民として強制される教育機関は9年間」で、希望すれば「その後の3年または7年、ある学生は9年間という倍の歳月を教育に充てることができる社会の構造」となっている。
日本の平均年齢44歳。高齢化が進む日本だが・・「長寿国世界一」となった日本の平均寿命は83歳。(男性79歳世界8位、女性86歳世界1位。)
学生であった年齢を22歳までとすると・・上の「平均・・」の数字を考えると、それぞれ・・考えさせられる・・。
人生いくつになっても教育又は学習できる機会をとらえて自分磨きをすることはよいことだとは思うが・・生涯学習としてではなく、「将来の仕事を決める」「将来の人生設計を考えて希望する学業と専門職を捉える」ための学業としては、資格が必要な職種も多いことから、学歴は必須または絶対条件となり、国家試験なるものなど試験の合否が個人の人生に大きくかかわってくる。そのため、その筋の予備校なる学校に、在学中または卒業後、また「学び舎」とするのは周知のことである。そうすることが当たり前のご時世(しくみ)となっている。
その「塾や予備校が学校とコラボする」という話題を多く耳にするようになった。
 
ある県の進学校や中高一貫校で、その「塾や予備校が学校とコラボする」ことを取り入れていることが少なくない。塾や予備校の先生」又は「大学の学生」が、週末だったり、学期末の休業日だったり、1年を通して学校登校日以外を「補習の日」として用意している。その際、授業料金が発生することもある。
一貫校の指導要綱は学校又は県によって異なるのかもしれないが、中学3年生の夏以降は高校の教科書に移行する。理解できる、できないかは、その指導と生徒の学力だが、早い時期に、洗練された質の高い応用問題に挑戦させる。プリントや副教材が用意される。(参考書がないと解けない。生徒はその参考書がわからない。そこで我々の出番となるのだが・・。)もちろん解けない、わからない生徒が続出・・。その様な取り組みは、テクニックに走るばかりだ。『その解き方の形を覚えてしまえばいい』と力説する教育者もいるが私はそうあっては欲しくないと思う。学習には段階というものがある。
試験が間近で当然その難問を打破しなければ道が開けないのならば、いちかばちか丸暗記してそのままわけもわからず解いていく学生もいる。結果として正解だったことは合格点に繋がり良い結果といえるかもしれない(2度目の合格点があるのかは否めない・・)が、将来的な個人の福祉を考えるならば手放しで喜べないのではないだろうか・・。まだこれから学習が進んでいくという途中で、そのような、矛盾で満ちた教育・学習は、価値のあるものなのだろうか・・。「運の良さ」と「問題に取り組む精神の質の軽さ」と「真剣な納得のいく物事の判断」「モラル」にも影響しかねない結果を生むかもしれない。受験生は受験生で「それもあり」と一呼吸ついて状況を理解し、精神的に余裕はないにしても「受験日目前」という切羽詰まった所での対応はあるだろうが、成長の過程で、目先の点数だけを考えて取り組むのは、不安が付いて回る・・。そのような学習の仕方は避けたいと思うのは当然だ。
予備校の先生が高校生の補習にやってくる。素晴らしい先生、教えの達人はたくさんいらっしゃる。予備校の授業は、基本は分かっているはずで進める。予習していて当たり前。自分のわからないところを集中して聴き、そこを学び取る。
 
基本的には「学校」と「塾」「予備校」では方針や目的、結果の示すところが異なる、いや、異なるべきだし、異なって当たり前だ。「小学校、中学校」と「高等学校」とでは論点が異なるのだが・・。「塾」は「短期集中型」である。それぞれの学校では「基本を一通り学んだ」から、さらに新しい内容へと進むことができる。ある程度時間をかけて、導入の部分から学校で説明してくれるというありがたい指導の上に、塾の指導があると私は思っている。(導入を無視して教える先生がいるのも現状ではあるが・・)そして、塾では基本の定着を基盤に「問題を解く」ことでテストに対応した応用問題を習得していく。
 
教育に携わる者は、教育が「永劫に及ぶ」などと傲慢に考えてはいないはずだ。ただ、教育は個人に影響を与えることは確かである。教育と一言でいうが、奥が深い・・。その教育を受け、知識を得て、知っていることが多いほど人生も楽しめるし、高学歴のほうが高収入であることは統計でも示されている通りだ。教育に携わる者は、子どもたちが一般社会で認められている常識のある大人に、そしてある程度貢献できるそんな社会人に成長してもらいたいと思っているだろう。
 
「小学校、中学校」において、最近のニュースで「学習をゲーム感覚で覚えてもらう」という取り組みが提案されているとあった。学校側には限界もあるのだろう。その筋の「塾?」にお願いし、取り入れることを計画するその理由はいったい何なのかを知りたいと思うのは私だけではないと思う。何の意味があり、子どもたちのただ「あっという間の(授業)時間」が過ぎただけが残るのではないかと不安になる。実際に、英語教育もしかりではないだろうか・・。CD付の絵本など軽い原書を読んでクラスのみんなで暗唱した方がよいと私は思う。
そのような「ゲーム感覚の学習」は、楽しくって、愉快で、インパクトがあって、その時の先生の顔、友だちの表情までもが脳裏に残っていて印象深いものかもしれない。しかし、それは一過性にすぎないと私は思う。勉強する、学習に取り組むのは個人的なことであり、その助けとなるのはどんなことかと真剣に指導の立場にある者は考えなければならないのではないかと思う。楽しいことは学校行事の中にたくさんある。1つのテーマを学習と結びつけて発展性のあることとして取り組むなら無数に例示できよう。目先やその場限りの楽しみではなく総合的な教養と知識を義務教育の在り方をもっと充実させるべきだと思う。その点でもっと管理職にある以前は教鞭をとられていた方に頑張ってもらいたいと思う。柔軟であるべきところ、一貫しなければならないとことをメリハリ持って取り組んでほしいと思う。
これまで各教材を取り扱う業者が、様々な道具を考え出してくれている。掛け算や漢字や歴史・地理を歌や絵で覚えたり・・。それは副次的なものかもしれないが、アイデアとその実践力、作り出すエネルギーは物凄いと感心する。基本となる教科書は、編集また掲載内容の検討に多大な時間をかけつくられる・・。にも関わらす・・学校では、教科書一冊丸々学習できない状況下にある。仕方がないといえば仕方がない。勝手に児童や生徒が目を通せばよいということになる。
 
学校と塾が同じであってはならないはずだ。本来、「塾」は必要のないものだと思っている。(必要でなくなれば私自身は困ってしまうのだが・・。)
子どもたちがのびのびと勉強することに真剣に取り組める学校が理想だ。学校でしっかり学ぼう、ゲーム感覚で勉強するのではなく、「教えていただく先生に敬意をもって学んでいく姿勢」が大切なのではないかと・・。
教育現場で「教師ではなく保護者や回りの価値観の緩い雰囲気の状況」が、何かをはき違え、間違った方向に進んでいるのではないかと不安に思っているのは私だけではないと思っている。
 
長年塾の講師をしている私が言えることは・・
『小学校、中学校の担任の教師より、私の方が生徒の学習面での理解力の把握、成長の過程をしっかりとそして長く見てきていることの事実。1年間で終わってしまう指導ではなく、10年以上も携わることもできた生徒がいるという事実。私は個人の塾ですから、「誠実、信頼、安心、熱心、真剣」という意味では、真面目に生徒と向き合うことで生徒と保護者の方との信頼を勝ち得てきたという事実。保護者も生徒も指導の任にある人への敬意なしには進歩しないという事実。偏差値をしっかりあげてキープさせるだけの指導力があるという事実。評判を落とせばやってはいけない厳しい業種だという事実。ですから、将来が保障されています学校の教師とはある意味、真剣さでは負けないという事実。そのことを、楽しみに仕事をさせていただいている事実・・。』 2014418
 
お問い合わせ・ご予約   0195−73−5244
 
ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥
ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 
ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 
 
ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 
ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 
レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 
ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 
サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 
サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 
婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 
ママとカウンターバー檜のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 
ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 
ココログ         http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/
楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/
BIGLOBE         http://saintemilion-appi.at.webry.info/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
赤詰草(あかつめくさ):「勤勉」「実直」
四つ葉のクローバー;確率「10万分の1
 
1914年に第一次世界大戦が勃発、国民はお国の決めたことだから・・と、忠誠心の内に受け入れた。戦争は長引き、第二次世界大戦へと・・そして、原爆が投下され、1945年に終戦。戦後の経済成長はめまぐるしい発展を遂げた。日本国民の能力の高さ、ハングリー精神、なにくそ負けるものか・・という日本人の根底にある「武士道」のある部分の勢いで瞬く間に全盛期を迎え・・そして、バブルは弾ける・・。政府が経済の立て直しを図っても・・、世界の中での日本の位置付けを主張しても・・、選挙で変わる議員、任期、又は解散で中途半端だったり、力不足となる決め事がたくさんあったりなど、不安定な社会情勢・・。この先ずっと続くのか・・。4/1より、消費税が8%となる。政策として近視眼的ではなく、将来を見据えてのことか・・ 期待したいところだが・・。世界の強国に倣うもよし、世界展望、世界の中の日本の立場をどう安定させるのか・・。外交、お国が異なれど、人と人との交渉・・。お国柄もあるのだけれど、人間性としてどうか・・。世界の中で通用する「人材」と考えたときどうなのか・・。
「人材育成」ということを考えるなら、若干なりとも、「将来を担う子どもたち」の教育に携わる仕事をさせていただいていることはうれしくもあり、責任も伴っていると認識している。
 
Remember who you are.」という言葉と出会った。直訳すると「自分が誰であるかを忘れないようにしなさい。」
意訳はこうだ。「Remember」→「信念を貫く」 「who you are」→「自分はどんな価値基準を持っているか」
著者は説明する。「苦しい状況の中、さらにそういった圧力を受けても動揺しないくらいの判断基準を構築しておく。何物にも流されず、自分が正しいと考える価値観を守り、信念を持って行動を起こす。」と・・
 
中学英語で十分訳せる英語だが、前後の文脈も関係してくるが、含蓄のある言葉だ。
「判断基準」はしっかりした「知識や情報、経験」に基づくものだ。そして、それを言葉で、自分の思考回路で何度も考え、これで間違いがないか・・、柔軟であることが必要ならそのことの意味することがしっかり頭と心で論理的に組みたてられるか・・、が求められるでしょう。
who you are」には自尊心と謙遜さ、自信と優しさ、思いやりも含まれるでしょう。
塾の講師として、どれだけのことができるのか、受け入れてくれる子どもたちによっても異なると思うが、微力ながらでも子どもたちが「価値観と信念を持って人生を歩んで行く、一生涯に渡って向上心を持って成長していきたい」と考えられるよう、義務教育で学ばなければならない知識をしっかりと定着できるよう誠実に指導させていただきたいと思っている。  20143/31
 
お問い合わせ・ご予約   0195−73−5244
 
ホームページ・ブログをご覧くださいますように‥
ホームページ(新)      http://www.saintemilion-appi.jp/ 
ホームページ(旧)  http://www.saintemilion.jp 
 
ペンションgooブログ    http://blog.goo.ne.jp/katsu_1944/ 
ペットと泊まれるgooブログ http://blog.goo.ne.jp/saintemilion-appi 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/saintiw/ 
ペンション ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santpenshon / 
レストランブログ        http://blogs.yahoo.co.jp/marsalafine/ 
ペットルームブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/marsalas0/ 
サンテミリオン画廊ブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/santegaro/ 
サンテミリオン学習塾ブログ    http://blogs.yahoo.co.jp/santjyuku/ 
婚活ウエディングブログ     http://blogs.yahoo.co.jp/konkatusante/ 
ママとカウンターバー檜のブログ http://blogs.yahoo.co.jp/santbarhinoki/ 
ペンションOCNブログ   http://saintemilion.blog.ocn.ne.jp/blog/ 
ココログ         http://saintemilion.cocolog-nifty.com/blog/
楽天ブログ        http://plaza.rakuten.co.jp/blissmark/
BIGLOBE         http://saintemilion-appi.at.webry.info/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事