ここから本文です
出来事やその時感じたことを思いつくままに」書いています!

書庫全体表示

願興寺ご詠歌

イメージ 1

願興寺にもご詠歌が残されています。写真は当山の山門西にあった大きな銀杏の木を切った(40年位前でしょうか?)際に残されたものを本堂に掲げているものです。


このご詠歌いつから伝えられたものか記録がなくわかりません。


ご詠歌の起源は、花山法皇(968-1008)の西国巡礼にあると言われています。


 ご詠歌は流行歌や民謡などとは異なり、仏教の信仰心と共に在るものです。


 詠歌とはご詠歌.comには以下のように説明されています。五・七・五・七・七の和歌(三十一:みそひと文字)に節をつけたものを「ご詠歌(御詠歌)」、 七五調または五七調の詩に節をつけたものを「和讃(ご和讃、御和讃)」と言いますが、 この二つを合わせた総称も広い意味で『ご詠歌(御詠歌)』と言われています。


願興寺ご詠歌


もろ人の あゆみをはこぶ がんこう寺


たのむちかいは


 るりのじょう土へ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事