ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

鬼ヶ臼山

【鬼ヶ臼山】
 鬼ヶ臼山は香川県三豊市高瀬町にある山で標高199.5mで山頂には、高さ5m、幅3m、奥行き2mほどの異様な形をした巨岩があります。山頂までは、約20分で到着します。登山道は、地道と階段が続きますが比較的楽なコースです。
 県道219号(神田高瀬線)脇の「ふるさとふれあいの森整備事業」の看板が有る所に車を止めて斜め下に池沿いのコースを取ります。他に「山奥登山口」「町道 鬼の釜石」の登山道があります。目印は、少ないですが登山道は、一本道で分かりやすいです。前記の二つの登山道からの合流点より鳥居を潜り登っていきます。右手にロープが有ればあと少しです。山頂は、巨石で珍しいですが、七宝山方面から象頭山などの山々は、凄く綺麗です。息を整えた下山しました。
 
 ◆鬼ヶ臼の伝説(巨石文化の遺跡地)◆
 昔、鬼ヶ臼に一人の男神(鬼)がいて里人をさらっては、山上の岩臼でついていました。これを見かねた女神は、男神の馬と自分の赤子を競争させ、この勝負によって勝利して男神の悪事を止めさせました。その時の決勝点である岩の上には、今も赤子と馬の足跡が残っている。負けた馬は、岩に首を突きいれたという穴も残っている。
 近くには、首山という地名もある。首山の地名は、昔、男神(鬼)が里へ出て村人をさらって臼でついていた。やがて人の首で山ができ、臼からあふれ出た血が麓に池を造った。その山を首山といい、その池を血の池という。近くにある「鬼ヶ臼荒神伝説」にいた鬼が捨てた人の首で谷が埋まり山になったことによるという伝説があります。

 写真は、2010年3月12日撮影

 鬼ヶ臼山
イメージ 1

 赤子と馬の足跡が有るとゆう岩
イメージ 2

 山頂の巨石
イメージ 3

 鬼ヶ臼荒神
イメージ 4

 鳥坂方面
イメージ 5

 我拝師山方面
イメージ 6

 我拝師山にある禅定寺(出釈迦寺奥の院)が見える
イメージ 7


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事