ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

乙井の六地蔵石幢

【乙井の六地蔵石幢】
 乙井の六地蔵石幢(おついのろくじぞうせきとう)は香川県さぬき市造田乙井鴨部川の北にあります。さぬき市指定有形文化財(建造物)
 地蔵菩薩は、弥勒菩薩が娑婆世界に現れて庶民を救済するまでの間、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)衆生を浄土へ導く役割を担う。そのために六つの分身を考えて六地蔵として信仰した。ここ乙井のものは、一つの石を六面体に刻んで、それぞれの面にほぼ同じ像形が彫刻されている。この石幢は室町時代様式であるが造った年代が刻まれてないので、正確には製作年代が分からない。材質は基礎から宝珠まで火山(ひやま)から採掘した凝灰岩(白粉石)である。長い年月の間に相当風化が進んでいる。
 六地蔵への信仰は、いずこに転生しょうとも浄土への導きを確かなものにするなど、多様な願いを聞き届けると信じられ、輪廻車のついた車地蔵を回したり、人が周囲を廻って念仏すると、安心・安全・長寿などの功徳が増すという信仰。石像を削って服用するとご利益があると信じるなど、実に多彩な民間信仰が長い年月にわたって展開されたものと考えられる。
 北は日内山・末より、志度寺・八栗寺へと通じる道、南は長尾、宝蔵院、石田橋より地蔵・小倉薬師道へ通じ、西は願興寺門前より宮西、白山、高松へと通じる交通の要衝である。
 上記記事は、現地案内板・WEBより転載しました。
 写真は、2010年6月11日撮影
 アクセス:高松からは。国道11号を志度へ志度から県道141号を造田方面へ鴨部川の橋の渡る手前に石灯籠がありそこを左折します。桃畑を過ぎると左側です。ワイワイマップに投稿します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→香川で検索→《BLOG「さぬき路」で紹介した所MAP》を スクロールで選定する。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは。ご訪問、トラックバックありがとうございます^-^

サメとビュートさんのブログで、まだまだ知らない香川がいっぱいあるのにビックリです。

ますます香川が好きになりますね。。。また遊びに来ます。

2010/6/14(月) 午後 1:44 [ tokiwa ] 返信する

顔アイコン

綺麗・美しい・古いのキーワードでブログ作りをしようと思っています。
香川は狭い・小さな県ですけど良い所を紹介したいと思っています。
ありがとうございます。

2010/6/15(火) 午前 10:24 [ ビュート ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事