ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

【田宮坊太郎墓所案内道標と田宮坊太郎の墓】
 田宮坊太郎墓所案内道標は香川県丸亀市南条町の旧金毘羅参詣道丸亀街道沿いにあります。
 ※田宮坊太郎(たみやぼうたろう)
 江戸初期の剣豪(田宮流小太刀の達人)で紀伊徳川家の重臣の血を引きながらも、讃岐国丸亀藩士であった父・源八郎を同じ藩中の遺恨から藩の剣術指南役・堀源太左衛門の卑劣な剣の前に果てた父の仇をうつため、柳生宗冬について修行。18歳の時に丸亀の八幡社境内(山北八幡の説もある。)で仇を討ったという。若くして敵を討ったと思ったらほどなく死んでしまうのです。病没したとも、上野山内観成院で自刃したともいう。
 国分寺八幡神社の境内にも墓がある。↓↓↓↓
 http://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/30853552.html

 ※玄要(禅)寺境内の「京極高朗」墓所
 丸亀藩6代目藩主「高朗」は14歳で丸亀藩主になり、嘉永3年(1850)まで実に40年間にわたって、丸亀発展の礎を築いた。詩文に長じ、新堀湛甫の築造、団扇造りの奨励をはじめ、開運、産業、文化に功績を残し明治7年(1874)77歳で没した。文は現地説明板より抜粋しました。 
 金毘羅街道から少し寄り道をしましたが次回は参詣道の戻ります。
 ※泰雲山玄要禅寺
 玄要(禅)寺は香川県丸亀市南条町にある臨済宗妙心寺派のお寺です。
 墓地には「京極高朗」や「田宮坊太郎」の墓もある。
 文は現地案内板などより転載しました。
 写真は2010年2月29日・2011年1月7日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 田宮坊太郎墓所案内道標 
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 「京極高朗」墓所
イメージ 4

イメージ 5

 田宮坊太郎の墓
イメージ 6

イメージ 7

 泰雲山玄要禅寺
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「道標」検索→《金毘羅街道・灯籠map》を スクロールで選定する。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ビュートさん、こんばんは

田宮坊太郎さんのお墓を見てどういう方なのか調べてみましたよ^^
江戸時代の敵討ち物戯曲の主人公でだそうですね。
四国の丸亀で親の敵を討ったといわれる。。。でもまだ少年だったとか。。。勉強になりました ☆ポチ

2011/1/13(木) 午後 7:43 [ NORI ]

顔アイコン

京極氏は江戸城築城の際、裏鬼門に当たる虎の門に金毘羅宮を建立しました。
昨年は数回詣でましたよ。

2011/1/14(金) 午前 5:32 [ pok**hino*324 ]

顔アイコン

NORIさん、私もBLOGをはじめてから知りました。国分八幡にも塚が残っています。今もお参りす方がいます。
現代の政治家の銅像が公園に立っていますが興味ありません。マイナーな名前を聞いて調べるのが面白いです。

2011/1/14(金) 午前 11:31 [ ビュート ]

顔アイコン

pikoさん、金毘羅さんは、香川県人だけど何の神様かよく分かりません。通俗的には船・航海の神様だと思っていました。鬼門も守るのですね。

2011/1/14(金) 午前 11:56 [ ビュート ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事