ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

【下津井漁港・旧下津井港(旧下津井村)】
 下津井は江戸時代に蝦夷地(北海道)のニシン粕を積んだ北前船、参勤交代の西国の大名の船、諸国の
商船などが出入りする大変賑やかな港として、また上方(大坂川口から明石・室津・牛窓・下津井・鞆)から十里港として金毘羅往来の発着港として栄えました。
 現在は瀬戸大橋の直下の美味しい魚が水揚げされる漁港で釣り船としての遊漁船も盛んです。

 下津井港は、岡山県中南部の児島半島南端に位置し、西は水島港と接しています。
 古代・中世から海運・軍事の要衝であり、江戸時代、風待ち潮待ちの港として、また、四国の丸亀と連絡する琴平参詣船の発着港として繁栄してきました。瀬戸内海航路の要港であり、北前船や参勤交代の御座船も寄港し、人や物が集まる港として繁栄は幕末まで続きました。明治期に入ってからは、鉄道等の陸運の発達や汽船の出現によって次第に衰微し、大正以降、漁業を中心とした瀬戸内海有数の漁港としての性格を帯びるようになりました。
 現在の下津井地区は、祇園鼻の西が県管理の下津井港、東が県管理の下津井漁港となっています。

 下津井漁港(第二種漁港)
 下津井漁港は次の3港から成る。江戸時代には北前船の母港でもあった。
 下津井港(旧下津井村)・吹上港(旧吹上村)・田之浦港(旧田ノ浦村)
 岡山県下最大の漁獲量を誇る漁港である下津井は、タコやイカナゴ、鯛やメバル、岡山県の郷土料理として知られるママカリ(サッパ)などの近海魚を扱う。回遊魚ではサワラやマナガツオなど。戦後はハマチ(ブリ)などの養殖も行っている。江戸時代の下津井は北前船の寄港地として廻船問屋が立ち並び遊廓も置かれ、色町の豪華さは岡山の西中島を凌ぐと謳われたほどであった。
 文は岡山県とWikipediaなどより転載しました。
 写真は2011年1月3日撮影


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「漁港」検索→《港(商業港・漁港)と鉄道駅のMAP》を スクロールで選定する。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ビュートさん、こんばんは^^

寒い一日となりましたね。

今では想像もつきませんけど
江戸時代に廻船問屋や遊廓も置かれていた”花街”だった所なんですね。
時代の移り変わりで、その町の雰囲気も大きく変わってしまうものなのですね。☆

2011/1/15(土) 午後 10:01 [ NORI ]

顔アイコン

琴平参詣船から多くの善男善女が下りてくる姿が…
常夜燈から想像することができます。
入り江がいいですね。
ひねもすを釣り糸でもたらして過ごしたい。そんな思いにかられます。

2011/1/16(日) 午前 4:28 [ pok**hino*324 ]

顔アイコン

おはようございます^^

ひねもすの意味がわからなかったので^^調べてみましたよ。

ビュートさんは、少し温かくなった春の入り江で一日中のんびりとした風情を楽しみながら釣りをしたいと思っていらっしゃる
そういう事なんですよね^^

2011/1/16(日) 午前 9:31 [ NORI ]

顔アイコン

NORIさん、寒すぎですね。
昔は下津井湊と呼ばれていたようで船を降りると直ぐに井戸があり飲料水を確保したら潮待ちの時間を潰す所だったのでしょうか。

2011/1/16(日) 午前 10:50 [ ビュート ]

顔アイコン

pokoさん、正月3日がそれに当たる日でした。何人もの人が糸を垂らしていました。
私は海の波を見ていると催眠術にかかってしまいます。(なかなか釣れないですからね。)

2011/1/16(日) 午前 10:58 [ ビュート ]

顔アイコン

NORIさん、帆船は風に弱かったので北西の風が強い冬場は特に風の当たらない山陽道に良港を求めたのです。
下津井の港は南向きの風の当たらない良い所で景色も良く釣でもして一日過ごせる所です。海の道シリーズです。

2011/1/16(日) 午前 11:10 [ ビュート ]

顔アイコン

一番下の写真が
下津井港の町が見えて良いですね。

2013/3/29(金) 午後 1:26 呑み酒士

顔アイコン

呑み酒士さん、祇園の宮方面ですね。

2013/3/30(土) 午後 6:33 [ ビュート ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事