ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

吉盛神社

【吉盛神社】
 金毘羅参詣道・高松街道も畑田村を過ぎると陶村に入る。吉盛神社が鎮座しています。この辺りは、十三塚と同じように様々なお店がありました。ここの地区にあるお地蔵さんのお祭りは盆の二十日で、露天商が並び、花火が有名で芝居も行われていた。此の近くに住んでいた、「辻村孫七・豊大」親子は、仕掛け花火では、日本一の花火師といわれ、全国に花火を仕掛けて回った。(花火は親子の死亡で衰退の道を進んで行く。)

 吉盛神社は、「平吉盛(民俗の項では和田吉盛となっています。)」という平家の落人が馬に乗って逃げてきて、ここの井戸の中に隠れたが追手に見つかって首を切られたと伝えられている。(堀に馬のまま落ちて死亡した説もある。)境内には、馬と馬丁(大正時代に建てられた)の墓もある。井戸は、旧国道32号(現県道282号)下に有ったといわれる。現在の井戸は、水脈をたどって境内にある。
 『讃岐名勝絵図』には、「義盛卿墓」「義盛卿は何人なるを知らず 往古は今の地より北に有りて義盛大明神と云う大社有今の荒神の社は戌亥角の荒神と云、往来の傍らに井あり義盛卿御薬水と云 瘡及痛所を此の水を以て洗えば忽しるし有 故に幟を以て賽とす 義盛卿といへば何様三位以上の人てりしなるべし悉しく尋ねるに便なし後の考を待つのみ」という記事がある。目の神様として信仰されています。
 以上の文は、香川県立図書館蔵綾南町誌及び讃岐の街道・金毘羅参詣道より転載しました。
 写真は、2011年6月14日・7月5日撮影
 場所はワイワイマップにスポット投稿します。

 吉盛神社:木の鳥居
イメージ 1

 拝殿
イメージ 2

 本殿
イメージ 3

 馬と馬丁の墓
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 陶小学校東にあった。現在は民家博物館「四国村」旧丸亀藩御用蔵脇に移築
 (四国の道は「遍路道と金毘羅参詣道」によって発達していった。)
イメージ 7

 陶小学校西側の出口の交差点に「辻の岡地蔵堂」がある。
イメージ 8

イメージ 9


ワイワイマップの見方
yahooトップページ→地図→ワイワイマップ→「金毘羅街道」検索→《金毘羅街道・金毘羅灯籠map》を スクロールで選定する。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

馬と馬丁の墓というのが珍しいですね。
吉盛神社のイメージは吉野家の牛丼の大盛。
こんなこと書くと平家の亡霊に囲まれそうです。

2011/7/15(金) 午前 6:33 [ pok**hino*324 ] 返信する

顔アイコン

馬の墓は時々見ますが、馬丁の墓は、初めて見ました。

香川には、源氏の関係する所が多く残っています。

2011/7/15(金) 午前 7:51 [ ビュート ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事