ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

金毘羅宮境内馬場周辺

【金毘羅宮境内馬場周辺】
 金毘羅宮の由緒
 金毘羅宮は、香川県仲多度郡琴平町の琴平山に鎮座し、主たる御祭神は、大物主神ともに崇徳天皇を祀っています。往古には、大物主神を祀り、琴平宮と称しました。中古になると本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)の影響を受け、金毘羅大権現と改称し、永万元年(1165)、相殿に崇徳天皇を合祀しました。明治元年(1868)に神仏混淆が廃止されて元の神社に復り、同年七月に宮号を仰せ出られて、金毘羅宮と改称し現在に至っています。
 文は、讃岐の街道『金毘羅参詣道』より転載しました。

 大門(旧二王門)
 大門(旧二王門)これより内が境内で、二層の入母屋造の建物で、江戸時代の慶安二年(1650)に初代の高松 藩主であった松平讃岐守頼重が寄贈したものだそうです。有栖川宮熾仁親王筆の「琴平山」の額が掲げられる。
 金毘羅参詣名所圖會では二王門 一の坂の上にあり金剛神の両尊と象頭山の額は竹内二品親王御筆。二王門を入ると櫻馬場、左右は石の玉垣数十間続きその内側は奉納の石灯籠、後ろには櫻並樹、右に眞光院・萬福院・尊勝院・神護院、左には桜並木の後ろに竹藪であったようです。
イメージ 1

イメージ 2

  五人百姓
金刀比羅宮の境内は商売が禁止されているが、古くから神社に功績がある五人百姓と呼ばれる5家の商人の み営業を許されている。大門を入ると白い笠の下で売っているのが名物の加美代飴である。砂糖と水飴を煮詰めた手作りのべっこう飴で、ゆずの香りがほんのり漂う素朴な味がする。
イメージ 3

 桜の馬場・右側には松尾寺の境内末寺が建ち並んでいた。
イメージ 4

イメージ 5

  こんぴら狗(いぬ)
 江戸の昔「こんぴら参り」の袋を首に飼い主に代わって犬がこんぴらへ、首に巻いた袋に初穂料と道中の食費を入れて飼い主が旅の人に託した犬。無事代参をすませると再び旅をして家族のもとへ。
 いつの頃からかこんぴら参りの此の犬を「こんぴら狗」と呼ぶようになりました。
イメージ 6

 この門の奥が表書院
イメージ 7

 表書院 重要文化財(建造物)承応3〜万治(1654〜1660) 昭和30年6月22日(1955)指定
 構造及び形式等: 桁行21.7m、梁間16.9m、一重、入母屋造、正面軒唐破風付、檜皮葺
 讃岐の藩主を始めとし、諸大名の中にも参詣する者が少なくなかった。また使者を代参させる者もあり、この表書院は、そのような時に使われた建物即ち客殿であった。この書院の建立は万治年間(1658〜60)といわれておる。正面の中央に唐破風をもった堂々たる建物である
イメージ 8

  四脚門 重要文化財(建造物) 承応3〜万治(1654〜1660) 昭和57年2月16日(1982)指定
 構造及び形式等: 四脚門、切妻造、本瓦葺
 表書院(重要文化財)の前方に建つ門で、表書院と一連の計画になるものと考えられる。形の整った、質の良い四脚門で、折上格天井や透彫彫刻など繊細な意匠に秀れている。
 表書院の南前方(左側)に建つ門で、建立年代は明らかでないが、様式手法からみると、万治二年(1659)建立の表書院と同時期の建立と思われる。
イメージ 9

 文は国指定文化財等データベース&香川県立図書館蔵『町史 ことひら』&Wikipedia&琴平町UP&現地説明板などから転載しました。
 写真は2012年1月24日撮影
 場所はワイワイマップ(こんぴらゆかりの地map)にスポット投稿します。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんぴら狗の物語が心を打ちます。
五人百姓の話も拾えますね。
貴重です。

2012/3/25(日) 午前 11:52 [ pok**hino*324 ]

顔アイコン

pokoさん、金毘羅大権現への代参で有名なのが森石松です。清水次郎長(山本長五郎)の代わりに参拝し、預かった刀を奉納したと伝えられています。
こんぴら狗の銅像は、イラストレーターの湯村輝彦さんのデザインです。
金毘羅参りには逸話が多く残っているようです。

2012/3/25(日) 午後 4:25 [ ビュート ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事