ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

金刀比羅宮

【金刀比羅宮】
 金刀比羅宮本宮 主祭神 大物主神 崇徳天皇

 江戸時代。海路、江戸・京・大坂方面からの参詣客は、丸亀福島堪甫で上陸し、象頭山を目指し街道を通り過ぎました。
 中でも丸亀街道は最も賑わい、江戸・浪速の文人・画家(安藤広重・与謝蕪村・十返舎一九・頼山陽・小林一茶等)たちも江戸の歌舞伎役者も通り過ぎたようです。金倉川で身を清め階段を登って行った。
 象頭山松尾寺金光院を左に見て二天門(現賢木門)を潜り闇峠を過ぎ最後の御前四段坂(石段)を上がりきると本宮(本社)に到着。海抜251m、石段785段を登ってきました。
 当時も高台(展望台)からは飯野山・丸亀港・鵜足津(現宇多津)・八栗五剣山・備前児島まで見えていたようです。
 境内には、観音堂(木造十一面観音立像=重要文化財大正八年八月八日指定)・金剛坊・絵馬堂・千体佛・孔雀明王・籠堂などがあったようです。
 下向道(階段)を下り象頭山松尾寺金光院(現旭社)参拝して帰って行ったのでしょう。

本殿 - 1878年再建。桧皮葺・大社関棟造り - 大物主神と崇徳天皇を祭る。
幣殿 - 桧皮葺・大社関棟造り
拝殿 - 桧皮葺・大社関棟造り
神饌殿 - 入母屋造・檜皮葺
 
 文は国指定文化財等データベース&讃岐の街道『金毘羅参詣道』、Wikipedia、現地説明板などから転載しました。
 写真は2012年1月24日撮影
 場所はワイワイマップ『金毘羅街道・金毘羅灯籠map』にスポット投稿します。

 賢木門
イメージ 1

 遙拝所(旧鐘楼跡)
イメージ 2

 闇峠
イメージ 3

 四段坂
イメージ 4

 本宮・本殿
イメージ 5

 神楽殿
イメージ 6

 南渡殿
イメージ 7

 売店
イメージ 8

 絵馬堂の絵
イメージ 9

 絵馬堂の綺麗な彫刻の額縁
イメージ 10

 飯野山(讃岐富士)丸亀平野
イメージ 11

閉じる コメント(2)

顔アイコン

金比羅宮には、GWシーズンに行きました。こちらのお写真とはまたイメージが異なりますが、違う季節もなかなかですね!
ヒンヤリとした空気が伝わる写真って・・素晴らしい。

2012/7/2(月) 午後 8:29 ゴエ 返信する

顔アイコン

ゴエさん、この日は雪がチラチラしている日で汗もかかなくて良かったですよ。
本堂の正面写真が無いからでしょうか。
春の桜シーズンとか秋のモミジのシーズンも良いですよ。

2012/7/4(水) 午前 10:00 [ ビュート ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事