ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

【金毘羅参詣道多度津街道「鶴橋」】
 鶴橋は香川県仲多度郡多度津町二丁目 (橋の親柱は先代のだと思います。)
 鶴橋が金毘羅参詣多度津街道の起点と考えられています。ここには弥谷道と金毘羅道に分かれます。現在は灯籠(正面=奉寄進 左=文化十二年亥歳十月吉祥日 台石=周防岩国 川西町 生田平右衛門 針小路町 生田九右衛門 高さ約300cm)が一基あるだけですが、南のはずれに一対の灯籠「天保十一年(1840)芸州広島廻方の鶴亀講寄進」と明神造大鳥居が建っていました。鳥居は寛政六年(1794)雲州松江の信者講の寄進であります。いずれも町内の桃陵公園に移転保存されています。(後日記事にします。)

 鶴橋の道標石(金毘羅・弥谷・船場)
 北面=右いやたに道 東面=古んひら道 南面=右ふなハ 西面=嘉永元戌申六月吉辰日建立 施主 江州・丸亀・金毘羅他数人の名だ刻まれている。 高さ210cm 幅29cm 厚さ29cm

 鶴橋は琴平参宮電鉄(電車)善通寺赤門〜多度津鶴橋 大正13年10月9日開通 起点でもあった。後に多度津鶴橋〜多度津桟橋が大正14年2月26日に開通、昭和38年9月16日全線廃止廃止

 写真は2012年9月25日撮影
 文は讃岐の街道金毘羅参詣道&資料多度津町誌などより参照しました。
 場所はワイワイマップ『金毘羅街道・金毘羅灯籠map』にスポット投稿します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事