ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

川東の五輪塔

 川東の五輪塔 
 有形文化財 香川県さぬき市大川町富田中(さぬき市歴史民俗資料館歴史の庭)
 川東の五輪塔は、富田中字土居、長福寺跡と呼ばれる西側の雑木林の南面に散乱していた各部材を復元したものである。材質は通称火山石と呼ばれる硬質の凝灰岩で各部材とも揃っている。
 総高183.1cmを測り、六尺塔であることがわかる。基礎は高さ32.7cm、幅は上端、下端とも84.0cmで四面とも素面である。上端はほお水平で、水輪を固定するために 直径53.0cm程度の浅い凹みが穿たれているが不明である。
 塔身は高さ58.5cm、最大径は上端から27.0cmの箇所にあり、直径82.0cmを測り、やや押しつぶされた球形を呈する。屋蓋は高さ56.8cm、軒部の厚さは中央で15.0cmでやや内面に傾斜している。請花は高さ14.8cm、宝珠の高さ19.0cmを測り一石で造られているが、屋蓋のほぞ穴に一致しないことから他の五輪塔の部材の可能性が高い。
 大川町史では屋蓋の軒端が垂直にならずやや内傾すること等の特徴から制作年代は鎌倉時代末期から室町時代初頭と比定しているが、塔身がやや押しつぶされた球形を呈し、 基礎の幅に対する高さの比率が低いことなど五輪塔としては非常に古い特色を示している。
 文は、さぬき市文化財保護協会大川支部HPより転載しました。
 写真は、2013年9月25日撮影
 場所は、スポットノート『石の建造物map』に投稿します。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事