ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

全体表示

[ リスト ]

生子山(ううこやま)の山姥
住 所:香川県綾歌郡綾川町畑田
所在地 マピオンマップ↓↓↓↓
解説等
 生子山という名は、山姥が子を産んだ山の意であると、世間に受け止められているようだ。又ある人は、大金持ちであった富豪家が、釈迦堂の石を採石するとき、石工がいたずらに足跡のような穴をノミで彫ったのであろうとっもいわれている。その後、一時土砂に埋まっていた大岩を掘り出したそうだ。その大岩が山姥の足跡の岩である。
 生子山 120.9m

伝 説
 生子山の山姥伝説 さぬきの伝説③ 山の巻 北条令子著
 生子山、ううこやまと呼んでいます。この山には、山姥が住んでいました。もちろん、むかしのことです。かつては、木々が茂りあっていました。山姥にとって住みごこち満点だったのでしょう。
 生子山の北側、ふもとの竹やぶのなかに、おおきな黒岩があります。土に埋もれてはいますが、畳二畳敷ほどの大岩です。不思議なことに、岩の真ん中にくぼみがあります。
 さてさて、ある年の春のことです。この年は特別あたたかい春でした。冬将軍も早々と立ち去って、桃の花が咲き始めています。「おーい、お産が始まったぞー」「早く、産湯の用意をしなくちゃ…」山の住人たちは、大騒ぎ。「おぎゃー、おぎゃー」「あっ、生まれたか。男の子か、女の子か」「どっちでもええ。お湯は、沸いたか」
 さてあて、山姥の赤ちゃんは、産湯をつかうことになったのですが、盥(たらい)がありません。盥がないまま、大岩のくぼみにお湯を入れて、ぱちゃぱちゃ。山姥の赤ちゃんは健康優良児、元気に手足を伸ばしていたことでしょう。
 このとき付いたのでしょうか、岩の縁に足跡が残っています。山姥の足跡なのでしょうが、人間の足跡のようにも見えます。でも、地元の人々は「山姥の足跡」と呼んでいます。
 山姥は、可愛い赤ちゃんを大事にそだてます。お乳は、たっぷりの母乳です。あたたかい春日を浴びて、母さんも赤ちゃんも幸せでした。
 赤ちゃんの、お父さんはだれだったのでしょうか。山姥の、旦那さんの顔を見た人はいませんでした。まさか、未婚の母ではなかたでしょうね。ご主人は、山爺だという人もいます。山の神様と山姥が結婚して、生まれたのが赤ちゃんだとも言います。
「もう、山姥の赤ちゃんも大きくなっただろうな…」「ああ、もう、ええ娘さんだ…」「そろそろ、山の神さまと結婚するのかなー」でも、近ごろどうしたことか、山姥のうわさ話を聞かなくなっていました。それに、生子山の形もそうとう変わってしまいました。
撮影日:2017年2月8日
近隣施設:滝宮天満宮、滝宮公園、

ここから左に登っていく
イメージ 1

鐘楼
イメージ 2

親鸞像
イメージ 3

イメージ 4

神武天皇社
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

二十四輩
イメージ 8

イメージ 9

釈迦堂 釈迦如来像
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

山姥の足跡
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

阿波霊神 竜王社
イメージ 18

戦没者慰霊碑 軍人墓地イメージ 19

イメージ 20


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事