ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【六万寺(安徳天皇行在所)】
 六万寺は香川県高松市牟礼町牟礼にある古刹。寺に6万体の小仏像が安置されていたのが六万寺の名前の由来でしょうか。 宗派は真言宗善通寺派 本尊 阿弥陀如来

 六万寺は東に源氏ケ峰、西に屋島。源平ゆかりの地に囲まれ、五剣山の南麓にたたずむ六万寺は、寿永二年(1183)、三種の神器を奉じて身を寄せた安徳天皇の行在所として知られている。
 寺記などによると、開基は天平年間。全国に伝染病が流行し、多数の死者をだしたので、聖武天皇は、行基菩薩に命じてこの地に一寺を建立し、お祈りさせたところ忽ち伝染病は消滅したという。
 その後有志により六万躯の小仏像を安置して六万寺と称したと伝えられている。また牟礼、大町附近に四十二の支院を持つ広大な寺院だったが、第二次大戦後の農地改革で寺領の田畑を失い、急速に衰退。九十年代の約十年間は無住になり、境内には野犬が住みついたという。

 寿永二年源平合戦の時、安徳天皇の行在所(あんざいしょ)となった由緒ある寺であるといわれています。
 しかし中世兵火のため焼失したがその後復興された。
 現在の建物は、延宝六年再興されたものであるといわれています。寺宝も多数あるようで管理保存に苦労しているようです。

 
 087-845-7233  
 文は高松市報&四国新聞記事&Wikipedia&現地説明板などから転載しました。
 写真は2012年2月27日撮影
 場所はワイワイマップ『源平ゆかりの地map』にスポット投稿します。

 階段の上がった所に山門が有った。
 山門がある写真↓↓↓↓
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kankou/genpei/index.html
イメージ 1

 本堂
イメージ 2

 大師堂(ブルーシートの下は土俵がある。)
イメージ 3

 鐘楼
イメージ 4

 愛宕大権現拝殿(毎年秋分の日にはここで社殿に子供神相撲を奉納する。)
  子供神相撲
 高松市の無形民俗文化財に指定されている「田井の子供神相撲」が毎年秋分の日に行わる。、香川県高松市牟礼町の六万寺境内にある同寺の鎮守・愛宕権現に神相撲の型を奉納します。(少し前までは長男だけが参加できる行事であった。現在は小学生が伝統を保存している。)
イメージ 5

イメージ 6

  六万寺の茶室
 4畳半の茶室と8畳の広間、2畳の水屋を備え、離れて腰掛け待ち合いがある。
 茶室の広さ 4畳半▽客付き 本勝手▽床柱 アテ▽床框(とこがまち) 北山杉太鼓落とし▽床天井 杉の一枚板▽床 うすべり床▽床壁 塗りまわし床▽落とし掛け キリ▽天井 平天井▽出入り口 貴人口、茶道口ほか▽窓 下地窓ほか 
イメージ 8

 離れて腰掛け待ち合い
イメージ 9

 安徳天皇生母徳子(建礼門院)之碑
イメージ 7

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事