ビュートのブログ

香川県と近県を旅しときの風景・四季を記録したブログ。 古い讃岐も

香川の庭園(garden)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

新緑の宝光寺

【新緑の宝光寺】
 緑を求めて三豊市財田町に行ってきました。空が雲に覆われていたので宝光寺を訪問だけで早々で帰ってきました。宝光寺は紅葉が綺麗な庭園です。
 京都・奈良のお寺では普通の風景でしょうが、このような大きな庭園を持っているお寺は、香川では少ないです。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

中津万象園-結

【中津万象園】
 中津万象園は香川県丸亀市中津町の浜街道沿いにある。庭園に食事処と美術館併設されている。※丸亀市指定名勝(昭和50年5月26日指定)
 貞享5年(1688年)9月、丸亀京極二代藩主「備中守高豊」が下金倉村の海浜、中津の地に京極家の別荘を造営して「金倉別館」と名付けまた「中津の別館」とも「中津の御茶所」とも呼ばれていた。
 高松栗林公園に匹敵する名園で564(約1万6千35坪)の広大な青松白砂(白砂殆ど残っていません。)の中に海水を引き入れ(現在は真水)近江八景を象った回遊式庭園の池泉の汀に掛け出しの中二階茶室と母屋が昔のまま残っている。これが中津御茶所である。しかし、廃藩後は一時荒廃していたが、近時所有者が文化財を保全し一般に開放しようとの発想のもとに、自主的に修理修景が行われ面目を一新した。池畔の石組も修復し、新しく朱塗りの遙月橋(ようげつきょう)30数メートルが架けられ、この橋の上よりの眺めは、実に絶景!。
 茶亭母屋の前庭には、県下一と称される「大傘松」直径約15mがあり、その他千本の青松が様々な姿を競っている。
 池泉には、帆(矢橋帰帆) 雁(堅田落雁) 雪(比良暮雪) 雨(唐崎夜雨) 鐘(三井晩鐘) 晴嵐(粟津晴嵐) 月(石山秋月) 夕映(瀬田夕照)と銘した八つの島を配し、その島々を橋で結んでいる。
 池泉の中には、鐘の島があり、弁財天、稲荷神社、石投げ地蔵尊などが安置され三百余年の昔京極高豊候が尊崇された社や地蔵尊が復元されて万象園の名所となった。
 入園料:大人1000円(美術館フリー)
 記事は、現地案内板・パンフレットより転載しました。《万象園写真による記事を4回連載します。》-結 前回の記事↓↓↓↓
 中津万象園-壱 http://blogs.yahoo.co.jp/sanukimesatobuttestyle/7574910.html
 中津万象園-弐 http://blogs.yahoo.co.jp/sanukimesatobuttestyle/7631166.html
 中津万象園-参 http://blogs.yahoo.co.jp/sanukimesatobuttestyle/7683801.html
 写真は、2010年1月26日撮影

 八景池内島から観月橋
イメージ 1

イメージ 2

 八景池内島から右観潮楼左母屋
 『観潮楼=中二階茶亭』は、江戸時代に建てられた茶室で、名前の通りここから潮の満ち引きの見える茶室であった。入母屋造り柱は、掘立で屋根は藁ぶきの草庵式である。

 『母屋(おもや)』は北面を廻って舟で入り込む仕組みになっていて南面の庭には、大きな傘松があり。野村素軒書の「万象園(復元)」の扁額は母屋の南入り口に掛かっている。(丸亀市指定文化財・昭和50年5月26日指定)
イメージ 3

 八景池内島からの眺め
イメージ 4

イメージ 5

 八景池内島から鶺鴒渓(せきれいけい)
イメージ 6

 絵画館出口より遙月橋
イメージ 7

 正門外部からの遙月橋
イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

中津万象園-参

【中津万象園】
 中津万象園は香川県丸亀市中津町の浜街道沿いにある。庭園に食事処と美術館併設されている。※丸亀市指定名勝(昭和50年5月26日指定)
 貞享5年(1688年)9月、丸亀京極二代藩主「備中守高豊」が下金倉村の海浜、中津の地に京極家の別荘を造営して「金倉別館」と名付けまた「中津の別館」とも「中津の御茶所」とも呼ばれていた。
 高松栗林公園に匹敵する名園で564(約1万6千35坪)の広大な青松白砂(白砂殆ど残っていません。)の中に海水を引き入れ(現在は真水)近江八景を象った回遊式庭園の池泉の汀に掛け出しの中二階茶室と母屋が昔のまま残っている。これが中津御茶所である。しかし、廃藩後は一時荒廃していたが、近時所有者が文化財を保全し一般に開放しようとの発想のもとに、自主的に修理修景が行われ面目を一新した。池畔の石組も修復し、新しく朱塗りの遙月橋(ようげつきょう)30数メートルが架けられ、この橋の上よりの眺めは、実に絶景!。
 茶亭母屋の前庭には、県下一と称される「大傘松」直径約15mがあり、その他千本の青松が様々な姿を競っている。
 入園料:大人1000円(美術館フリー)
 記事は、現地案内板・パンフレットより転載しました。《万象園写真による記事を4回連載します。》 Vol
 前回の記事↓↓↓↓
中津万象園-壱 http://blogs.yahoo.co.jp/sanukimesatobuttestyle/7574910.html
中津万象園-弐 http://blogs.yahoo.co.jp/sanukimesatobuttestyle/7631166.html
 写真は、2010年1月26日撮影

 『千代の傘松(おおかさまつ)』は日本の松の緑を守る会によって1983年に「21世紀に引き継ぎたい日本の名松百選」によって選定された。
近江の美し松を300年の年月をかけ傘型に仕立てたもので、その芸術的な雄姿は、限りない生命の象微であろう。樹齢600年直径15mにも達す、刈込に時には、枝の上下に庭師を配し、呼応してそれに対処する。枝葉の刈込には、30人もの手間を要する。
イメージ 1

イメージ 2

 『母屋(おもや)』は北面を廻って舟で入り込む仕組みになっていて南面の庭には、大きな傘松があり。野村素軒書の「万象園(復元)」の扁額は母屋の南入り口に掛かっている。(丸亀市指定文化財・昭和50年5月26日指定)
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

中津万象園-弐

【中津万象園】
中津万象園は香川県丸亀市中津町の浜街道沿いにある。庭園に食事処と美術館併設されている。※丸亀市指定名勝(昭和50年5月26日指定)
貞享5年(1688年)9月、丸亀京極二代藩主「備中守高豊」が下金倉村の海浜、中津の地に京極家の別荘を造営して「金倉別館」と名付けまた「中津の別館」とも「中津の御茶所」とも呼ばれていた。
高松栗林公園に匹敵する名園で564(約1万6千35坪)の広大な青松白砂(白砂殆ど残っていません。)の中に海水を引き入れ(現在は真水)近江八景を象った回遊式庭園の池泉の汀に掛け出しの中二階茶室と母屋が昔のまま残っている。これが中津御茶所である。しかし、廃藩後は一時荒廃していたが、近時所有者が文化財を保全し一般に開放しようとの発想のもとに、自主的に修理修景が行われ面目を一新した。池畔の石組も修復し、新しく朱塗りの遙月橋(ようげつきょう)30数メートルが架けられ、この橋の上よりの眺めは、実に絶景!。
入園料:大人1000円(美術館フリー)
記事は、現地案内板・パンフレットより転載しました。《万象園写真による記事を4回連載します。》Vol
四国新聞社選定さぬき百景『万象園』に指定されています。
写真は、2010年1月26日撮影

 さぬき百景記念石標
イメージ 1

 『三笠宮崇仁殿下御手植え松』
イメージ 2

 遙月橋(ようげつきょう)を望む
イメージ 3

イメージ 4

 飛び石橋
イメージ 5

 池泉
イメージ 6

 『美松(うつくしまつ)』は松の中でも木の根元から末広がりに枝を伸ばしている松を美松(扇型)と呼ばれ、近江の国独特のものである。藩祖の地近江より京極家に献上されたといわれている。
イメージ 7

 『松寿関(しょうじゅかん)』は、松林の関を入れば不老不死繁栄の境に入る。神仙思想に基づく作庭様式をとる日本庭園としての門で、別名長生きの門とも呼ばれている。

この記事に

開く コメント(0)

中津万象園-壱

【中津万象園】
 中津万象園は香川県丸亀市中津町の浜街道沿いにある。庭園に食事処と美術館併設されている。※丸亀市指定名勝(昭和50年5月26日指定)
 貞享5年(1688年)9月、丸亀京極二代藩主「備中守高豊」が下金倉村の海浜、中津の地に京極家の別荘を造営して「金倉別館」と名付けまた「中津の別館」とも「中津の御茶所」とも呼ばれていた。
 高松栗林公園に匹敵する名園で564(約1万6千35坪)の広大な青松白砂(白砂殆ど残っていません。)の中に海水を引き入れ(現在は真水)近江八景を象った回遊式庭園の池泉の汀に掛け出しの中二階茶室と母屋が昔のまま残っている。これが中津御茶所である。
 しかし、廃藩後は一時荒廃していたが、近時所有者が文化財を保全し一般に開放しようとの発想のもとに、自主的に修理修景が行われ面目を一新した。池畔の石組も修復し、新しく朱塗りの遙月橋(ようげつきょう)30数メートルが架けられ、この橋の上よりの眺めは、実に絶景!。
 茶亭母屋の前庭には、県下一と称される「大傘松」直径約15mがあり、その他千本の青松が様々な姿を競っている。
 池泉には、帆(矢橋帰帆) 雁(堅田落雁) 雪(比良暮雪) 雨(唐崎夜雨) 鐘(三井晩鐘) 晴嵐(粟津晴嵐) 月(石山秋月) 夕映(瀬田夕照)と銘した八つの島を配し、その島々を橋で結んでいる。
 池泉の中には、鐘の島があり、弁財天、稲荷神社、石投げ地蔵尊などが安置され三百余年の昔京極高豊候が尊崇された社や地蔵尊が復元されて万象園の名所となった。
  『丸亀美術館』
 絵画館(バルビゾン派のコロー・クルーベ・ミレーの絵画を展示している。) ひいな館(室町・江戸時代の雛人形・日本伝統の技が生きている。櫛・簪・化粧道具を展示している。) 陶器館(オリエント地区の際文土器・陶器・印章などが展示されている。)
 入園料:大人1000円(美術館フリー)
 記事は、現地案内板・パンフレットより転載しました。《万象園写真による記事を4回連載します。》
 写真は、2010年1月26日撮影

 万象園正門(出入りは出来ません。)
イメージ 1

 東門(ここから入る。公園には右に進む)
イメージ 2

 『中之水門』は、柿本人麻呂が「玉藻よし 讃岐の国は 国からか 見れども飽かぬ 神(かむ)からか ここだ貴(たふと)き 天面(あめつら) 日月と共に 足り行かむ 神の御面(みだる)と 継ぎ来る 中の湊ゆ 舟浮けて 我が漕ぎ来れば 時つ風」と詠まれた。ここ中津付近(金倉川の河口)から船出して沙弥島に渡って詠んだであろう。
イメージ 3

 『遙月橋(ようげつきょう)』は、月を迎えるという意味があり「仲秋の名月」には、この朱塗りの太鼓橋の上より鶺鴒渓(せきれいけい)上方に浮かぶ見事な月を迎えることが出来る。
イメージ 4

 遙月橋(ようげつきょう)から本館方面
イメージ 5

 遙月橋(ようげつきょう)から絶景ビューポイント
イメージ 6

イメージ 7

 オシドリ:3組?
イメージ 8

この記事に

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事